髪が生えた

「唐辛子」で胃ガン世界一! 韓国

いつもイライラしてキレるストレス過多の人が多い韓国。
なんと、韓国の不名誉な「胃がん世界一」達成に貢献したのが、ストレスと唐辛子(カプサイシン)。

 キムチやコチジャン(唐辛子味噌)など、唐辛子(カプサイシン)たっぷりの激辛食材テンコ盛りの韓国料理。

 大規模調査の結果から
①適量の唐辛子(カプサイシン)摂取には問題ナシ
②激辛料理などの大量の唐辛子(カプサイシン)摂取で「ガン多発」
 カプサ

もっとみる

「お金持ちは髪がフサフサ」の時代到来

頭皮の毛髪の毛根を包み込む「毛包」。健全な毛包の数が髪の本数に直結。
 つまり、薄毛(ハゲ)の程度は「毛包」で決まります。

 老化や生活習慣の乱れによる「血行不良や栄養不足、酸化」により、「毛包」が退化して冬眠化し、抜け毛が急速に進行。

 この薄毛(ハゲ)を一挙に解決する方法が開発されました。
それは
①自分の毛包をクローン技術で大量培養
②毛包を支える地肌を3Dプリンターで生産
③毛包を支え

もっとみる

育毛日誌(10年分まとめ)

私は現在35歳。10年弱の渡るハゲしい薄毛との戦いをまとめました。
薄毛に悩む20〜30代の男性に読んで欲しいです。

今のところ特に副作用は(恐らく)ありませんが、
ここに書かれているのはあくまで個人的な体験や主観を元にした内容ですのでご注意ください。

リンクに関しては個人的に効果があったと感じた商品のみ貼っておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

20代半ば〜30歳頃

20

もっとみる

"空腹"で髪がボーボー生える

サーチュインという長寿遺伝子があり、空腹時に活発に働く性質があります。つまり、プチ断食でサーチュイン長寿遺伝子が活発化し、老化を防止して寿命を延長してくれます。
 さらに、発毛・育毛効果もあるというのです。

 また、マウスの実験ですが、食事量を40%減らしたマウスは、痩せただけでなく、毛がボーボー生えたとか(汗)

 人間の場合ですが、
「空腹感を感じるほど、発毛が促進される」ことが判明。
 空

もっとみる

カブトガニ化する地球人(雌)

どうも皆さん、もしもし、ウヨホです。

最近知ったのですが、人間は髪型をやけに気にする生き物のようです。

とくに女性は自己表現の手段として、常により可愛い、あるいは美しい、あるいはカッコいい髪型を模索してきました。

現在までに生み出された女性の髪型の種類はちょうど星の数と同じだそうです。そして、近年大流行している謎の髪型こそが、通称「カブトガニヘア」と呼ばれるアレであります。

名画: 「カブ

もっとみる

薄毛(ハゲ)脱出には「三つの食材」

薄毛(ハゲ)の大きな要因は
①血行不良
②栄養不足
③ストレス
④AGA(男性型脱毛症)
⑤アトピー性皮膚炎
⑥頭皮の洗いすぎ、整髪剤の刺激
 と言われています。

 特に食材での「①血行不良、②栄養不足、③ストレス、⑤アトピー性皮膚炎」への対処が薄毛(ハゲ)脱出に大きな効果を発揮します。

 薄毛(ハゲ)脱出の三大食材といえば
①大豆食品(豆腐、納豆)
②唐辛子
③ココア

 IGF-1が増える

もっとみる

薄毛(ハゲ)とストレス解消に「ラフマ茶」

毛包幹細胞(毛髪の素)を維持するのに重要な役割を果たしているのが17型コラーゲン(タンパク質)。
 この17型コラーゲンは加齢とともに減ってゆき、毛が細く本数も減少して薄毛⇒ハゲ(白髪も) と進行してゆきます。

 「17型コラーゲン」は、現時点では化学合成は難しいようです。
ただし、「17型コラーゲン」を活性化できるものとしては「Y27632とアポシニン」が特定されています。
アポシニンはラフマ

もっとみる

"ブロッコリースプラウト"でハゲ(薄毛)脱出!!

"ブロッコリースプラウト"に多く含まれている「スルフォラファン」の育毛効果が注目されています。

 "ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)"の健康効果の素は「スルフォラファン」。

「スルフォラファン」の効果としては
①化学物質の解毒
②抗酸化力
③がんを予防
④腸内フローラを改善(整腸快便)
⑤ベージュ脂肪を増加(褐色脂肪の同類)
 「ベージュ脂肪」は、"白色脂肪"が変化したもので"褐色

もっとみる

"髪ボーボー"を阻止した「ガス料金」

血行不良や血液ドロドロ(酸性)の放置から、動脈硬化(心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤破裂など)やガン、認知症、アレルギー疾患を発症し、生活に支障をきたしたり、要介護になる人が続出。

 この血行不良や血液ドロドロ(酸性)の放置は、実は頭皮の栄養補給を途絶させ、脱毛からハゲ(薄毛)に進展する重要原因です。

 血行不良や血液ドロドロ(酸性)の主な改善対策は
①適切な運動
 ⇒ ■IQ180の楽勝! 運動ダイ

もっとみる

ハゲ(薄毛)対策から9カ月経過

10年ほど前からM字ハゲが進行し、ここ数年は中央部の激しい脱毛で「バーコードハゲ」(汗)

 "肥満(メタボ)も糖尿病や高脂血症も、プチ脳梗塞"も自分で治療(病院では数値チェックだけ)して数年で無事脱出した元・開発技術者(IQ180)の私ですから

 高価な養毛剤(一生必要)や成長ホルモン注射(ガン誘発)などに頼らず自力で、お金をかけずに
「67歳(高齢者)でも髪が生えるのか? そしてダイエットも

もっとみる