20代の生き方

「今日飲みに行きませんか?」

「今日飲みに行きませんか?」

僕からこのような連絡をするのはいつぶりだろうか。

ただ今日はなんとなく飲みに行きたい気分、

なんとなく話したい気分、

なんとなくその人に会いたくなった気分。

大学時代の先輩だけど、どこか色んなことを話したくなるような人。

最後に会ったのは僕がまだ”色んなこと”を経験する前、4月。

それに気づいたのは僕が連絡をして、LINEを遡っていた時だった。

「そん

もっとみる

SNSと育った僕ら #1

24時間ある1日のうち、あなたは何時間画面と向き合っていただろうか。今日乗っていた電車から見えた景色を思い返せるだろうか。

FacebookやInstagramなどのSNSのアカウントを1つ以上持っているのが普通だろう。最初は鼻で笑っていた「インスタ映え」という言葉も、日常生活で使われることに違和感を感じなくなってきた。

目覚まし時計を止める事から1日をスタートし、新聞やテレビで最新のニュース

もっとみる

自由に生きるために必要なこと

自由大学に行き、自分の肩書きを決めようと
考えた結果、
「人を活かす」を自分のプロフェッショナルにすると決めました。
そこに向けて自分の行動指針を残しておきます。

リクルートキャリアに入社して約2年間。

「好きなことを自由に追求しやすい社会にしたい」
「心の底から仕事を楽しんでいる人を増やしたい」

という理由で転職を扱うリクルートキャリアに入社しましたが、
色々な課題に直面する機会が多か

もっとみる

新旅学のすすめ

今年8月に通い始めた自由大学。
その自由大学をきっかけに、この「note」を始めることにしました。
https://freedom-univ.com/lecture/newtravel.html/

今回最後の課題で
「この講座での学びを他の人に伝えるとしたら?」
というお題があったので、今後の決意表明を含めてここで発信しようと
思います。

今のままで本当に良いのかな?と思っている自分と同世代の

もっとみる

今僕らに必要なエンゲージメント

消費者と新たな関係性を構築したい企業にとって”エンゲージメント”は関心を引く単語だ。企業だけでなく、インフルエンサーにとっても重要な数値だし、SNSアカウントを持つ個人でも気になる人はいるだろう。

しかし、今僕らに最も必要なエンゲージメントはSNSでのイイネやリツイートを表す”エンゲージメント”ではなく、自分自身との繋がりだと思う。

僕はそれをセルフ・エンゲージメントと呼びたい。

* * *

もっとみる

打たれて初めて一人前

「出る杭は打たれる」と言われるが、それに対して僕は「打たれて初めて一人前」と考えるようにしている。

確かに同調圧力の強い日本社会では、周りの人のやっていることと異なることを始めると白い目で見られたり、陰口を叩かれたりするかもしれない。

「みんなと同じが良い」という暗黙の了解の中では、新たな挑戦は歓迎されないし、むしろ敬遠されるだろう。

しかしながら、「出る杭は打たれる」という"文化"について

もっとみる

青いスーツで就活する理由

僕は、青いスーツで就活をした。いや、正確にはゆっくりだが、まだ青いスーツで就活を続けている。

1週間ほど前に合同説明会に参加したら、会場にいる学生の95%が真っ黒なスーツを着ていて驚いた。「服装自由」にもかかわらずだ。もちろんスーツが好きなら構わないが、ネクタイまでしっかり締めていてなんだか苦しそうである。

「みんな真っ黒なスーツで就活する日本変だよなあ」とそう愚痴をこぼす人に限って黒のスーツ

もっとみる