時事

47
ノート

ZOZO前澤友作氏の辞任

2019年9月12日、ZOZOTOWNを運営するZOZOの前澤友作社長が、代表取締役ならびに取締役の辞任をTwitterで発表しました。ZOZOはYahoo!による株式公開買い付け(TOB)に応じる形で、資本業務提携となったようです。

私は以前から前澤さんの天中殺クセについて、指摘させていただいておりました。

この記事では、女優の剛力彩芽さんとの関係で、細かな時期は不明であっても、両者いずれか

もっとみる

土用

現在は土用期間(8月7日まで)に入っております。

本日7月27日は丑の日ですので「土用の丑の日」ということで、土用というと「うなぎを食べる日」と勘違いしていらっしゃる方が多いように思いますが、土用の本来の意味は、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のことを指しており、その前の季節の濁りが溜まる期間のことでして、年間18日×4=72日間あります。

うなぎを食べる習慣を作ったのは平賀源内ですが、本

もっとみる

麻生太郎副総理兼財務大臣の発言について

麻生太郎副総理兼財務大臣の発言で、国会が大きく揺れているようです。

麻生太郎 1940年9月20日
     本命星:六白金星
     天中殺:戌亥天中殺

事の発端は、財務省が3月に発表していた、老後の生活資金について、金融庁が今回作成の資料に表記したら、「政府の意向と違う」と受け取りを拒否した事です。

この文書は、麻生太郎氏が作成を命じたもので、内容については、すでに国民も把握しており、

もっとみる

山里亮太・蒼井優 結婚

6月5日、南海キャンディーズの山里亮太さんと、女優の蒼井優さんの入籍が発表されました。

入籍は6月3日だったようです。
世間では「美女と野獣」などと言われておりますが、これはかなりの嫉妬があるのだと思います。

しかし占い的に観ますと、この結婚はなんら不思議なことはありません。
細かい解説をすると授業になってしまいますから、ここでは要点だけをお伝えします。

元々、南海キャンディーズのしずちゃん

もっとみる

元官僚の長男殺害事件

6月1日午後、元農水省政務次官の熊澤英昭さんが、練馬区の自宅で長男の英一郎氏を刺して殺害するというショッキングな事件が起きました。

元エリート官僚の事件だけに、マスコミがこぞって報道しておりましたが、占い的な見地から、この事件を観察してみたいと思います。

なお、この内容は勉強のためであり、決して興味本位のためではありません。その点に異論のある方は、これ以降は読まないでください。

父親 熊澤英

もっとみる

5月に多く読まれたコラムTOP3

5月度もたくさんの方に武蔵野算命塾のコラムをお読みいただき、ご連絡やお問い合わせもたくさんいただきました。

5月に多く読まれたコラムの第3位はこちらです。

ちょっと前のコラムなのですが、あまり聞かない話でしょうし(私は私以外でこの話をしている記事を見たことはありません)、そういったところがこのタイミングで上位に上がってきた理由でしょうか。

5月に多く読まれたコラムの第2位はこちらです。

7

もっとみる

「川崎市登戸事件」その後

先日の「川崎市登戸事件」の記事について、かなりの反響をいただいております。

かなりショッキングな事件だっただけに、多くのの方が関心を持たれ、「うちは大丈夫か?」という恐怖感を持たれたようです。
結論を言いますと、この時点まででご連絡をいただいた方は、全員大丈夫でした。

こういう記事を書いたり、武蔵野算命塾の会員の皆さまにメール配信をした時に、いつも思うことなのですが、同じような危険性がある方か

もっとみる

川崎市登戸 死傷事件

昨日(5月28日)、神奈川県川崎市登戸で痛ましい事件が起こりました。

引率の大人を含む小学生の殺傷事件で、19人(2人死亡)が刺されるというショッキングな事件になりました。

犯人は岩崎隆一(51歳)で、現場から15分くらいのところに住む、職業不明の男だったようです。
犯人が自殺してしまい、動機等の発表はされていませんが、家庭環境を含め、子供時代の断片的な事実も少しずつわかってきたようです。

もっとみる

お部屋を快適に

5月下旬になり、真夏日がやってきました。まだ梅雨前だというのに、こんなに暑くていいのでしょうか。。

熱中症に注意しなければいけない暑さになりますし、これからの梅雨時期は湿度でかなり不快になります。せめてお家は快適な環境にしておきたいところですね。

その快適な環境にために、武蔵野算命塾では「炭」を推奨しております。これまでに何度か、noteにも炭に関する記事は書かせていただきました。

炭は非常

もっとみる

高齢ドライバーの事故

昨日も東京で、老人が車で人をはねてしまうという事故が起きたようです。
北海道では、国道を老人(53歳は算命学では老人です)の運転する軽自動車が、1時間も逆走するという事件も起きました。
つい先日も、交差点の歩道で信号を待っている幼児に、直進車と右折車が衝突を起こして突っ込み、十数人が怪我をし園児2名が亡くなる痛ましい事故があり、東京・池袋の87歳の老人が暴走、母親と女の子が亡くなるという大事故もあ

もっとみる