自殺した家族の葬儀で2つの苦労が存在

🔵自殺した家族の葬儀で直面する2つの苦労

⏺️日本では「毎年2万人以上」が自殺している

⏺️もし自分の家族が自殺してしまったら、遺された家族は故人をどのように弔ったらよいのか。

⬛️日本では毎年2万人以上が自殺している。

⏹️考えたくないことだが、もし自分の家族が自殺してしまったら、どう弔えばいいのか

【自殺の場合】

病死や老衰死とは別の負担が生じる。

例、

・病死の場合

入院

もっとみる

10世帯の村

あるところに10世帯家族の住む場所があったとさ。

みんなバラバラで生活をしていたけれど、

いろんなことを助け合えば、問題を早く解決できるからと

この10世帯で村を作ったとさ。

まずは、まとめ役がいないと、みんなで決めることが決まらないから

村のリーダー役を決めたとさ。

リーダーが一人じゃ大変だから、リーダーのサポート役もできたとさ。

続いて、何がいいか悪いかを見張る役もできたとさ。

もっとみる

自分がどんな欲求を求めているのか実はわからない人が多い

食欲

性欲

睡眠欲

生物の3大欲求です。
この欲求に従うのみなら人間は特に不幸と感じる事はなく死ぬまで幸せになれることでしょう。
しかしそのようには進化しませんでした。
マズローの5欲求のような最終的には現物ではない欲求を持つように人間は進化してしまったのです。

これにより欲求の具体性が失われ「何となく不幸」というような現象に襲われる事となります。
つまり生きるための欲求が十二分に満たされ

もっとみる

好きコン「Dear Evan Hansen」

好きなコンテンツについての話「Dear Evan Hansen」の巻。

さて、私はミュージカルとか映画とか、海外ドラマとか、音楽とか、漫画とか本とかゲームとか、好きなコンテンツがたくさんあるのですが、それをちょこちょこまとめていこうかと思います。

今回は、「Dear Evan Hansen」。水色の横縞シャツと、ギプスがトレードマークの17歳、エヴァン・ハンセンが主人公のミュージカルです。

もっとみる

幻の光

宮本輝の小説で 映画化された作品。
本はあまり読まないが これは映画観てから
小説も読んだ。
「 なぜ自殺したのか? 」 というテーマの物語。

世の人は関心無いだろうが
人間には心があり
私は今
それを解く試みをしている。

これは
とってもとっても~難しい。

更には
天才でも解らないレベルを
中学生でも解るよう
どう表現するか?
というオマケ付き。

文法とかよく知らない私には
ほんとにホン

もっとみる
りんかい先生もあなたがスキですよ!感謝感激雨アラレ( ´ ▽ ` )ノ
20

エッセイ『二十歳までの断片』

死のうと思ったのは十八歳の夏だった。どうしても自分の人生というものが立ち行かなくなって、さまざまな義務を放擲した挙句、私は最後の《逃亡》に手を染めようとしていた。これで楽になるのだ。これで自分の肉体はきれいさっぱり焼き払われ、自分の骨は海に撒かれて、後にはなにも残らない。驟雨が去った真夏の路上のように、むせ返るような匂いを少しばかり放射して、それで何もかもが終わり。

もっとみる

7回目の献血

今回も成分献血を行った。

普通の献血は、次回献血が出来る日まで、結構時間がかかる。

カラダの中で、血液を生成するまで、待つ必要がある。

血が出来ていない状態で、献血したら、こちらがやばいやん。

けど成分献血だと、血液はまた体内に戻すから、早い時期に次回の献血を行える。

ただ、抜いた血液をカラダに戻すので、献血を行っている時間が長い。

献血が終わるのに1時間ぐらいかかる。

誰かの役に立

もっとみる

相談委員長の考えごと 第3回~ききかた、とは~

私たちは、NPO法人京都自死・自殺相談センター Sottoです。
京都で「死にたいくらいつらい気持ちを持つ方の心の居場所づくり」をミッションとして掲げ活動しています。
HP: http://www.kyoto-jsc.jp/

Sottoが行っている活動は幅広く、根幹となる電話・メールによる相談受付に加え、対面の場での居場所づくり活動、広報・発信活動などがあります。
各活動は委員会ごとに別れ、日々

もっとみる

足が疲れたなら、肩で歩けばいい

比叡山延暦寺には山中や京都市内を、7年かけて計1,000日間 約40,000キロ(1日30~84km)歩く「千日回峰行」という荒行があります。

修行の700日が終われば「堂入り」と言われる9日間の「断食、断水、不眠、不臥の行(食べ物も水も断ち、眠らず、横にもならず経を唱え続ける)」に入り、この行を修めないと次の行に進むことは許されません。

通常、人間が断食・断水状態で生きられる生理的限界は3日

もっとみる

嘱望の馬鹿

昨日いくつかのニュースが上がったけれど。
厚生労働省が平成30年度の自殺についての統計を発表した。
リンク先の一番下に平成30年度の統計PDFへのリンクがある。
それぞれの年代別の理由などもある。

時々この統計を出すと、自殺と認定されていない変死がこのデータ以外に数万件あると言いだす人がいるけれど、それは実はとても良い事なんだぜって自分は思っていたりする。変死とは原因のわからない死のことで、警察

もっとみる