ヨーロッパ人と日本人(アジア人)の猫舌について

ヨーロッパ人の私は、子供の時からとても厳しいテーブルマナーの教育を受けました。

ちゃんと座りなさい!

静かにしなさい!

音を立てちゃダメ!

口の中にものが入ってる限り話さないで!

飲み込んでから話なさい!

などなどと。

保守的なヨーロッパでは、なるべく静かに食事をせざるをえません…会話したいと思えば大きい声を出し話してしまうと怒られるほどです。もちろん、酒の場は話はまた別です笑

まあ、日本にもいろんなルールがありますよね〜

しかし、前回に書いた通り、ヨーロッパと違って日本では音を立てて啜ることも、喋りながら食べるのも大丈夫ですよね。

音を立てて啜る理由について、この記事で↓

日本では

アッツ!!と言いながらみんな美味しそうに食べていますよね〜

むしろ、あつあつの料理を食べられない人は、ちょっとバカにされちゃうくらいです。

そういう人は

お前猫舌か?!

って必ず言われますよね。

・・・

ヨーロッパでは、あつあつの料理を食べないし、出てきても、スプーンなどに乗せたものにフーフーと息を吹きながらちょっと冷ましてから食べます。

日本人からしたら、ヨーロッパ人みんなは猫舌かもしれませんね笑

しかし生まれてから、両親にフーフーして食べさせられた私たちにとっては、それはごく普通のことです。

逆に、日本人で猫舌がいれば「おぼっちゃま」「甘えん坊」などと思われるらしいです。両親の育児が甘すぎたからだと思われるからです。

なぜかというと、子供が火傷しないように気をつけすぎている両親は、子供に関して甘い態度を取ったゆえに、子供が甘えたと思われるからです。

一方

熱さの加減がわからなくなっちゃった両親がいれば熱いままの料理を食べさせて新世代の猫舌を育つのです。

・・・

なお

卵か鶏か、どっちが先だったのか?というような話をしてみます。

猫舌が先にいたか?

あつあつの料理を食べたくてしょうがない人がいて猫舌になったか?

どっち?!笑

まあ、なんでもいいですけど

興味深いです!

冗談はさておき、

最後に

猫舌だから笑われるのはどうかな~と思いますけど。

だって両親の育児によって子供が猫舌になってきたのは仕方がないです!

いい人であればさ、

猫舌でも、猫舌じゃなくても何でもよくないか?

辛いまたは熱い料理を食べるとき

必ず鼻水が出るわたくしが思いますwww

最後にスロバキアの昔ながらのチョコレートのお菓子を紹介したいと思います。

その名は、なんと!

「猫舌」

です!

子供のころの大好物だったので、食べる機会があればぜひ~♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを頂けるとやる気アップに繋がるため、著者を応援したい、または喜ばしたいと思う方々、ぜひよろしくお願いします〜!

私も好き♡
13

veronika

スロバキア出身。様々な国に住み、経験や見てきた世界を語るマルチリンガルです。エッセイ、旅日記、写真などを通して、世界を知ってもらい、みんなでみんなにとっていい未来を目指したいと思うちょっとロマンチックな現実主義者。

コメント1件

スープは熱くて当たり前な日本のレストランで
海外の方に「火傷をした!最初に熱いからとの注意がなかった!」
と慰謝料請求された!なんて話も聞いたことありますが(>▽<;;

「てやんでえ!江戸っ子でえ!」なおじさんが やせ我慢して熱いものを食べ過ぎて 「食道ガン」が多い💦
なんて笑えない話もあるよ(x_x)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。