子育ち

言葉は扱うもの、使うもの

マガジン『ホームスクール、まなびのエッセンス』
9ノート目

Essence:語彙力

 「語彙力が豊富な人」にどのような印象を持つでしょうか。

知的である
教養がある
理解力がある

 極端な話ですが、例えば見た目だけでは国籍や出生地まではわからないものですが、「日本語を話す」ことはそれだけ「日本に近しい」と感じる要素になっています。それはどの国も同じようで、自国の言語を話して挨拶をかわす相手

もっとみる

相手を「見る」ことは

家族と言葉を交わすそれは、ともすれば日常の会話に埋没しがちです。「おはよう」「いただきます」「どうぞ」「いってきます」「おかえりなさい」。「うん」「いらない」「ちがう」「そう」。それらを確認するだけで終わらせてしまえば、ただの作業になってしまうからですね。もちろん、会話のなかにも「丁寧な言葉を使う」ことを意識したり、言葉の意味やニュアンスを大切に伝えるということも、とても重要だと考えています。

もっとみる

完璧になろうとしなくていいんだよ

夏です。毎年、やってきますね。たまには夏が来なくてもいいんじゃないかしら?ずっと春や秋でもいいかしら?
 なんとことをつい思ってしまいましたが、夏は、やはりその夏らしさがいとおしいものです。

「ものすごく夏ーっ!て感じがするねーーーー!!」

 喜び勇んで、ホースから水を吹き飛ばしている少女が我が家にはおります。夏の日差しをあびながら、バケツにはった冷水に両足をつっこんで、まさに夏の涼をたのしん

もっとみる

子どもを通して自分を知る。共同保育のひとこま

今年から参加しているプロジェクトがあります。
【共同保育】をキーワードに、いろんな場に出向いていた頃、出逢いました。

#子育てに第三の選択肢を
#すべてのお母さんが幸せな世界へ

と、プロジェクトの核は変わらず、どんどん変化しています。

子どもたちに心をかき乱された20代

20代で児童養護施設に初めて就職した時、自ら望んでおきながら、心穏やかな時はほとんどなかったと思います(笑)

子育ての

もっとみる
スキありがとうございます!また読んでくれると嬉しいです。
3

不登校の息子達〜どうなってるの、日本の企業

先日参加させてもらった不登校の親の会で、色々と皆さん壮絶な日々を長年過ごしてきて、

結局は、親は親、子は子、母親(父親)も好きなことをして、笑顔でいればうまくいく、うまくいった。

と、話されている方達がいて、他の皆さんもうなずかれていたけれど、うちの子達はまだ小学生。
自ら学習を始めたって、質問してくるし、習い事の練習始めたら、見て!教えてーってなるし、一人がギュウして〜って言ったら、僕も!っ

もっとみる

ヨーロッパ人と日本人(アジア人)の猫舌について

ヨーロッパ人の私は、子供の時からとても厳しいテーブルマナーの教育を受けました。

ちゃんと座りなさい!

静かにしなさい!

音を立てちゃダメ!

口の中にものが入ってる限り話さないで!

飲み込んでから話なさい!

などなどと。

保守的なヨーロッパでは、なるべく静かに食事をせざるをえません…会話したいと思えば大きい声を出し話してしまうと怒られるほどです。もちろん、酒の場は話はまた別です笑

もっとみる

不登校の息子達〜私も不登校

長男の不登校は、本人の気質も関係しているけど、担任が、、という明確な理由が存在していたおかげで、学校側も理解があったので、対学校に関しての私のメンタル的な負担が少なかった。
でも、次男の場合は、明確な理由もなく、周りの目からは分かりにくい気質の部分で行かれなくなっているので、担任からの理解が得られずに、私のメンタル維持がきつい。

熱血タイプの教師で、電話の声も大きく、威圧的に聞こえて怖い。
私の

もっとみる

いい感じに期待を裏切ってくれ

親はこどものことをなんでも知っている、分かってるという幻想は、たぶんきっと親自身も持っていたいし、こどもは無条件に信じているかもしれない。でも、考えてみてほしい。そんなこと本当にあるのかな。

他人を知るなんてすごいアトラクション

 生まれた時からきみを知っている。
 生まれる前からきみがそこにいることを知っている。

 確かにその事実は大きいのだけれど、そして標準的な家庭であれば、産んだ親と子

もっとみる

親のためのキャリア教育

こんにちは。

Mariko Shibataさん主催の『親のためのキャリア教育』に参加してきた。
彼女を見ていると、常に意欲的に活動していて、地域に自分から関わりに行っていてすごいなぁと思うばかり。

ほんの少し前なら、自分だけが世の中で悩んでて、問題にぶつかって、自分以外の人はみんな上手に、ちゃんと子育てしている!私は情けない母親だ!!!!なぁんて落ち込んでいた私。

今の私はというと。講師

もっとみる

こ・と・ば 言葉遣い

いくら冷静に・沈着に対応しようとしても瞬間○○器になってしまうことって....ありますよね?というか、、、、あります。
売り言葉に買い言葉っていうんですか。

そういう時って、どうしていますか?

話をしたいのに、話を真っ向から聞かない体制をとってくる。
ある、小学生のお話です。
反抗期なんだろうけど...

力も少し強いようで、なんだかんだわーわーやるらしく...年上の子からも疎遠にされてしまう

もっとみる