日本人って難しい🐉

大げんか中に 言われたこと。

君はよく謝る。そして僕が謝る事も望んでる、、、

彼は日本人の謝る文化に反対しています。

私はいつも何か些細な事でも謝れない彼にイライラが募っていたところだった。

だけど 日本人は とりあえず謝れば済むという感覚がある。
思っていなくても、改善しよう、これからしないようにしよう、と思わずにただ謝る。

それが意味がない!

君はすぐ謝るけど全然改善しない

もっとみる

タトゥー=悪い人?

107回目です。φです。

 ちょっとTwitterでタトゥーのことが書かれてあって、日本でのタトゥーの印象ってなんだろうな、と思いました。

 きっと好印象を与えるものではないんじゃないかな、と私は思います。タトゥーお断り多いし。タトゥーしている人を避ける人を私は見たことがありますし。

 どうでしょう?タトゥーって、悪いものですか?

タトゥーの種類

 実はタトゥーにはたくさんの種類がありま

もっとみる

海外への初めの一歩 ーSUIJIプログラム 2015.8-2017.3

大学1、2年生の時(2015夏から2017年春)には大学のSUIJIプログラムに参加しました。
中学校の時に、シンガポールマレーシア研修があって、これが英語学習のモチベーションになったことには変わりないのですが、
大学に入学してこのプログラムが、私にとって海外への初めの一歩となりました。

今思うと、
研究室選びや、大学院進学、ケニアへの留学もこの時の経験が影響してきていると思います。
初心忘るべ

もっとみる

移民・難民関心ある方必見⭐️ 思いを形にするために必要な考え方とは?

「移民・難民の課題解決をしたい」、
「外国人児童が日本でより教育を受けられるようにしたい」、
最近多文化共生の分野で将来何かをやりたいと思う人が増えてきたなと感じます

ただ、いざ実現しようとなると、その間にはたくさんの壁があり、なかなか進むべき方向性が見えにくいのではないでしょうか?

残念ながら、こう言った社会課題の分野を仕事にする風土はまだ日本では弱く、
キャリアステップや具体的に仕事にする

もっとみる

Eid Al Adha Mubarak 犠牲祭が教えてくれたこと。

Eid al adha Mubarak!!!

イスラム教の大切なお祭り、
犠牲祭です。

Ramaḍānから始まり、いろんな
イスラム教のしきたりを
旦那くんから教えてもらっていますが、
一番衝撃であり、かなりいろんなことを
考えさせられたのが犠牲祭だったので
文字で残しておくことに。

イードアルアドハーとは?

イード・アル=アドハー(عيد الأضحى 、Eid ul-Adha)はイ

もっとみる

「異文化理解」を仕事にするための大事な事3つ

最近異文化理解に関心ある方によくキャリアの相談に乗っています。その中で気がついたのは、異文化理解に関する職業がなかなか見つからない事。確かに思い返せば自分自身も半年前には同じ悩みを持っていました。色んな人に話しを聞いたり、自分で会社を探したりして、分かったことがたくさんあるので、今日はその中でも特に大事なポイントを3つに絞ってみました!異文化に興味ある方、参考にしてみてください✨

①異文化単体で

もっとみる

中国の沖縄への視線

自分を自分で客観視できない

自分のことを自分が一番見えない。これは自我を持つ人間の最大の矛盾の一つです。日本のなかで日本語だけをしゃべり、日本のメディアからのみ情報を摂取していると、もちろん見えてこない世界がある。異文化理解という「意義」を語学に見出すときに、同時に、外から自分を見つめる新たな自己の発見も、付随的に得られる語学の特典といえます。世界から日本がどう見られているのか。日本の文化は世間

もっとみる

現地校での経験を通じて感じた日本と中国の「教育」の違い

最近つくづく思うのが、自分が考える強みと、他人から見る自分の強みは必ずしもイコールではないなと。色んな初対面の人に自己紹介をする時、自分が今までやってきた事、例えばビジコン開催やNGO団体運営などよりも、上海で7年間過ごした事や中国語ができる事のほうが興味を持ってもらる。

今まで自分が帰国子女である事をあまり言わないようにしてきましたが、実際自分の強みはそこなんだなと自覚すると、それを隠してしま

もっとみる

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』感想

あらすじ

大ファンであるブレイディみかこさんの新刊がこのところ立て続けに出た。岩波書店からは『女たちのテロル』。そして本日紹介したい新潮社からの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』である。

内容はブレイディさんの息子さんのセカンダリースクール(11歳から16歳まで通う日本の中学校に該当するもの)でのさまざまな体験を綴ったもの。乳幼児期はブレイディさんが働くいわゆる「底辺託児所」に通い

もっとみる

私はインジェラに罪滅ぼしをしたい。

エチオピアの国民食、インジェラをご存知だろうか。

トップ画でお皿のようにも使われている、クレープのような食べ物である。

上にのっているのはワットと呼ばれるおかずで、くるくる巻かれているインジェラをちぎってそのおかずをくるんで食べる。

ワットには色々ある。トップ画のようなおかずだけのものはバヤアイナット。

肉と唐辛子、玉ねぎ、トマトを炒めたものはティブス↓

お祝い事の時によく食べられる、鶏

もっとみる