原 真人

面白法人KAYACでVRを作っております。しかしこのブログはノンジャンルです

最近のバーチャル事象概念図

builderscon tokyo 2018の発表まとめ、その2である。

2018年はVRやバーチャルにまつわる流行が大激変し、ここ数年とは全く違う活況を見せている。しかし、それを外側から見ている人達には何がどうなっているかわからない、という様子が観測されたため、初心者向けとしてそれぞれの概念がどう関係しているかを図を交えて説明してみる。

題して、「最近のバーチャル事象概念図」。

最近、VR

もっとみる

人類バーチャル化とは

bulilderscon tokyo 2018 前夜祭発表内容、その1である。スライド解説とtwitterで頂いたコメントの組み合わせで構成してみた。

人類バーチャル化とは?

人類バーチャル化を説明する前に、まず「バーチャルリアリティ」の概念を理解しておきたい。wikipediaの解説によると、このようにある。

この概念を図で表現すると、こうなる。馬ではない何かを装置に通すと、さも本物の馬が

もっとみる

builderscon tokyo 2018前夜祭「人類バーチャル化のすすめ」発表内容について

先日、ギーク達のお祭りイベントとして有名なbuilderscon tokyo 2018の前夜祭で「人類バーチャル化のすすめ」という内容で登壇させていただいた。

発表テーマ的にも、最近のスタンス的にも当然ながらバーチャルアバターでの登壇である。

発表内容は最近の活動や自分なりのバーチャル概念の分析を形にしたものになっており、これから順次本ブログで公開していく。
以下にリンクをしていくので、ぜひチ

もっとみる

バーチャルアバターナイトVol.2開催/登壇者の見どころを解説してみる

登壇者が全員バーチャルキャラクターで出演する、バーチャルアバターナイトの第2回の実施が迫ってきた。(8/9実施)

登壇者は、いずれもクリエイターとしてバーチャル/リアルで活躍している手練ばかり。彼らの魅力を紹介させていただこうと思う。

目次
動く城のフィオ 〜VRChatの最先端〜
おきゅたんbot 〜VRを推し続けるバーチャルキャラクター〜
somtd 〜面白ガジェットから大企業のインタラク

もっとみる

自分のアバターが完成した

目次
アバターの完成
しかも、バーチャルネームと新規のアカウントも用意した
さらに、こんなリアルイベントを企画した

アバターの完成

さあ、みなさんお待ちかねの、おじさんバーチャルアバター化黙示録である。

ということで、かれこれ半年もかかってしまったがアバターが完成した。

どうですか?

まあ完成したというか、最低限公開できる範囲に仕上げたと言ったほうが正しい。アクセサリーは間に合わず、服は

もっとみる

自分のアバターが完成しない

自分のアバターデザインを決めた投稿から1ヶ月半ほど経過したけれど、未だにモデルが完成しない・・

最近のVTuberでよくある流れは、
まずは2DイラストをもとにLive2Dキャラクターを起こしてそれでVTuberをやる
→Live2Dの状態で人気を獲得しながら、並行して3Dモデルを作成
→最終的に3Dモデルデビュー

というもの。
そりゃ、こんな大変だったら3Dモデルは一旦後回しにするし、発注し

もっとみる