見出し画像

「センスのよいマンガ」って何ですか?|「顔がこの世に向いてない。」

 センス!

 「センスがよいね」って言われたい!

 ……で、「センス」って何?



 こんにちは。傑作マンガを分析・研究する「21世紀マンガスタディーズ」のお時間です。

 本日取り上げるのは……こちらの作品!


まの瀬「顔がこの世に向いてない。」

<ジャンプ+>


<Twitter>


登場人物紹介

・清水:マスター・オブ・アニメ。年100作以上のアニメを見続けて20余年。最も好きなマンガは『BREAK-AGE』

・三葉:清水とは中学からの友人。最近、『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』の鈴さんが気になって仕方がない。

------


まずは概要をチェック!


三葉「ではまいりましょう!」

清水「はい」

三葉まずは作品概要です」



三葉「もうね、タイトルがよいですよね!最高!」

清水『顔がこの世に向いてない。』ですか」

三葉「そうそう!要するにドブスのことですが、これを『この世に向いてない』と表現する言語センスね。痺れるわ!」

清水「なるほど」


続いてキャラ紹介!





ざっくりストーリー紹介!




三葉「以上、本作の大雑把なご紹介でした。そしてここからが肝心要!なぜ本作はこれほどまでに面白いのかを考えてまいりましょう!


本作の魅力を一言でいえば……センス★



三葉そう!センス!!

清水「ふむ」

三葉「いかがです?」

清水「確かに猛烈なセンスを感じますね」

三葉「ですよね!」

清水「私、初見時には藤子・F・不二雄氏を想起しました

三葉「ほぉ!」

清水「言わずと知れた『ドラえもん』の作者ですが……本作のセリフ回しやテンポ、ナンセンス気味のギャグなど、藤子・F・不二雄氏に近いものがあるのではないか、と」

三葉「あー!おっしゃる意味はよくわかります!絵の精緻さや物語のスピード感ではなくて、ストーリーやキャラの『深み』で読者を魅了するタイプの作品とでも言うか……」

清水「そうそう!」

三葉「すげぇセンスだ……」

清水「まったくです」

三葉「感動だ!」



三葉『センスがよい』というのは、まぁ考えてみればこれほど抽象的な言葉はないわけで

清水「確かに」

三葉「私たちは普段、様々な要素をアレコレまとめて『センス』と言っているんだと思うんですよね」

清水「ふむ」

三葉「しかも厄介なことに、その意味するところは人によって微妙にズレていたり

清水「なるほど。Aさんはストーリーやセリフに注目している。一方、Bさんはキャラデザやコマ割りに感心している。2人はまったく違うところを見ているのに……どちらも評価は『センスがよい』なんて」

三葉「そう!『センス』という一言が、アレもコレもドレもソレも包含してしまうのです」

清水「また、どこがすごいのかよくわからない時に、一種の思考放棄として『センスがよい★』と言うこともありますよね

三葉「まったくチートな言葉ですよ」

清水「ふむ」

三葉「というわけでね、『センスがよいですね★』→『本当にセンスがよい!』→『センスですねぇ★』→『センスです!』なんて話していても生産性皆無なので……」

清水「ええ。それでは単なるアホですね」

三葉私たちは本作を読んだ時に『センスがよい★』と感じたわけですが、コレは一体何に起因しているのか。どこからそう感じたのか。……これを解き明かしていきたいと思うのです」

清水「承知しました」

三葉「それではまいりましょう!」


【センスがよいポイント①】キャラとキャラ同士の関係が複雑★




※補足:「スクールカースト」については、本記事最下に簡単な解説を載せました。よろしければご参照ください。










三葉「……とね、長くなりましたが……」

清水「ええ、3回くらい寝るかと思いました」

三葉「……」

清水「……」

三葉「……以上が、本作を読んだ人が『センスがよい★』と感じる要因の1つだと思うのです

清水「なるほどねぇ。漫画やアニメを見ていて、『コイツ、主人公を活躍させるためだけに登場した噛ませ犬だな……』とか、『あー、物語を前進させるための解説役か……』とか感じることがありますが……」

三葉「ええ」

清水アレはとても冷めるんですよね

三葉「確かに」

清水「その対称にあるのが本作!」

三葉「そうそう!一筋縄では理解できないところがよいですよね★

清水「……でね……」

三葉「何です?」

清水本作を読んだ人が『センスがよい★』と感じる要因は3つあるとのことでしたが……」

三葉「その通り」

清水まだ1つ目ですよね」

三葉「そうですね」

清水つまり残り2つある、と」

三葉「そうそう」

清水「……長くない?」

三葉「ですよね」

清水「うん……」

三葉「ってことで……次の記事へ続く!

------


【補足】スクールカーストとは?


 鈴木翔氏の『教室内(スクール)カースト』によると、「同学年の児童や生徒の間で共有されている『地位の差』」のこと


 「Aさんはスクールカースト上位、Bさんは下位」という具合に使う。

 この場合、「Aさんは、同学年の生徒の間で『上位』と認識されているグループに属している」という意味になる。

 なお、スクールカーストは、ざっくり3段階で把握するのが実態に即しているとのこと。また、各層の比率は以下の通り



 本作でいえば、北見と安倍は「上」ミヤとルーシーは「下」に属していると思われる。


------

本記事の続きはこちらです★

------

関連

------

最新情報はTwitterで★

------

 最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんの今後の創作・制作のお役に立てば幸いです。

(分析:清水、三葉 / 文、イラスト:三葉)

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サンキュベリーマッチ!!

サンキュー!!!
33

100%ツールズ|創作の技術

ポップカルチャー(マンガ、小説、ラノベ、アニメ、映画、ゲームなど)のクリエイターの方向けに、創作・制作に役立つ情報をお届けします。/運営はヒャクパーセント・エア(東京都)/フォロー大歓迎です☆

21世紀マンガスタディーズ!!

いまこの時代にマンガを描く方に、明日から使えるヒントを。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。