おままごとのように、なった「つもり」で過ごす

ぴよ🐥です!
今日もご覧頂き、ありがとうございます😊

先日、会った素敵ご夫婦の知人に言われたことがあります。「結婚したいなら、相手と一緒に暮らしてるつもりで過ごしたら?」と。ちなみに、知人はスピリチュアルとか全く信用してない、THE論理的人間(笑)

知人は一人暮らしをしているときに、いつ誰と住んでもいいようにクローゼットを半分空けていたり、誰に見られてもいい部屋着を着てたり、いつでも脱げる

もっとみる

幼児業界にもタピオカブームの兆し。

昨日、都内の保育園でタピオカドリンク専門店がオープンした。「前日にお母さんが飲んでいたイチゴミルクのタピオカがおいしくて、自分でも作れないかなとを思ったんです。」と語るのは、お店をはじめたのは自称オーナーの娘(5歳)だ。

まず保育園にある材料を集め、紙を丸め、長さ5センチほどの太めのストローを開発した。タピオカも独自開発で、発泡スチロールを粉砕した、珍しい白タピオカだ。メニュー開発にもこだわった

もっとみる

ちいさな、おかあさん

2歳になったばかりの娘ちゃんは、
お人形遊びに、はまっている。

ぬいぐるみや、人形を、あお向けに並べて、
タオルのおふとんをかける。
「ねんねー、するのー」
自分も、ごろんと添い寝して、
お人形達を、トントンたたいて
寝かしつけている。

「アンパンマン(のぬいぐるみ)、
 ねんねー、したよ!」
「ほんとう?! すごーい!
 ママより寝かしつけ、上手だね!」

今度は、
「この子は、トイレいくの

もっとみる

専業主婦がminneでフェルトのおもちゃを販売しようと決めた時の話。

私の娘は1歳になる前からフェルトのおもちゃで遊んでいました。身軽だったせいか動き出すのが早く、固いおもちゃを持って歩いては転けていました。

その時に辿り着いたのがフェルトのおもちゃ。

まだ無意識に何でも口へ持っていく時期だったので、ボンド・ビーズ・厚紙を使わずに自作していました。

現在、娘は5歳になり元気に幼稚園へ通っています。そして成長して色んな遊びができるようになった娘は、時々思い出した

もっとみる

スミレのおままごとのご紹介です。

素敵なスミレのおままごと陶器のご紹介です。
フランスより連れて帰りました。
実用にも使えますので、お菓子皿にもいいですね。

スーピエールはキャンディーやお砂糖入れにも如何でしょう?

スミレ色繋がりで・・・可愛いコもご紹介しております。

マダム アレクサンダーのMEGさん。
若草物語シリーズです。
スミレ色のチェックのドレスにスミレ色のおリボンが
可愛いですねぇ。
スリープアイのコです。
ご覧

もっとみる

第54弾「ブラボー」

ハーイ!みんな元気?あたしけいご。

54曲目はこれ。ブラボー。最近流行りの『逆与謝野晶子』という感じです。君、死にたまへ。的な。あたし、いつも思うんだけど「ダメでもいい」っていう価値観、これ、最強だと思うの。音楽、とりわけロックンロールの世界って、そういう力が強いと思う。これ、宗教も、似ている。一般社会と真逆の価値観を提示することで、落ちこぼれている人々を救済する。的な。

「ブラボー」 作詞・

もっとみる

こどものそうぞうりょく

(注:就活やらなんやらに苦戦しているため、久しぶりの投稿になってしまいました…すいません…例に漏れず、長いので太字だけ、または適当に読んでいただければ幸いです)

A「ん〜、じゃあ、私はBくんのママね。」

B「え〜、やだよ〜」

A「いいじゃん!何食べたい?私が作ってあげる!」

春がきたのかどうか分からない、生暖かい昼下がりの公園。こどもたちは「おままごと」をしていた。Aちゃんは泥をこねて、特

もっとみる

おままごと男子とか
料理男子とか
いい加減そういう言葉、やめませんか?
大人がそうやって小さい頃から、料理する男子は特別っていう性差別感覚を植え付けてるんですよね。生きてく上でごはんを作るのは男女関係なくあたりまえです。私たちからやめましょう。