“ねつさめ”をもっと楽しむために〜perfectをできない私でも、できること〜

たぶん興味や好奇心は人一倍強い。
何でもかんでもすぐに「やりたい!」と言ってしまう。
言った瞬間は、確かにすっごくやりたかった。完遂できると思ってたんだ。

「全部、やります!やれます!」と宣言して、やりきれてしまえばどんなに格好よかっただろう。
いちばん元気なときにやれる気がしていたタスク量は、ちょっと調子が傾きかけた私には殺人的だった。
無理だ、と認識したときには、全部崩れてた。
予定、計画、

もっとみる
ありがとうございます🌱とっても嬉しいです(*´罒`*)
4

書いてくぞおおおお!

これからは今書いているものを随時アップしていきます。

有料無料ありますが、基準はそんなにありません。

世の中おかしいことがありすぎて書くことが日々増えていくので、それを文章にするのはそう一つ一つの記事は長くありませんが大変です。

がんばるぞい。

べ、別に嬉しくなんかないんだからねっ!

私がいま、頑張ろうとする理由を呟く。

「入って3年目って、意外と大事。この時期に頑張れない、仕事が出来ない、と思われたら、その後に大きな差がつく。回ってくる仕事が変わる。だから、キャパシティを大きく見せないと」

3年目の研修のとき、会社のえらい人がこのような内容を言った。

この言葉には納得できた。
3年目じゃなくても、そうじゃない?とも思ったけど、言いたいことは何となくわかった。

仕事が出来る人、出来ない人のレッテルは、そう簡単

もっとみる
ありがとうございます!
2

書き続けることができるか?

今日は台風で、全く、一切外に出る理由がない日。書き続けるには最高の日だった。
けれど私は自分に負けて、この時間までパソコンすら開かなかった。モンハンしたりアイス食べたり、Amazonで映画見たり。

そういう日がたまにはあってもいいと思う。
でも、今日じゃなかった。

今日は全国の人が家にいて、いつも以上に書けばいつも以上に人に見てもらえる日だったはず。
そういうことができなかった自分が悔しい。

もっとみる

過度に期待された結果

幼少期 少年期 青年期 中年期
全てにおいて私は周りから期待されてきた

勉強、スポーツ、仕事、趣味等、あらゆる分野で、ある程度、そつなくこなせたのだ

友人達にはいつも羨ましがられた
まぁ、悪い気はしない
むしろずっと天狗だった気がする

その結果私は努力しない人間の典型となったのだ
なんなら、「がんばる」という言葉は子供の頃一番嫌いな言葉だったくらいだ

だが、そんな私だがついに努力と根性で頑

もっとみる
ありがとうございます🎵シェアもお願いします‼️
1

がんばる

・歯科矯正する

・30万貯めてディズニーに行く

・半年ぐらい北海道に住む

ずっとずっとこの3つを叶えたくて、紙に書いて壁に張ったりしてるけど、やっぱり一番は行動しなきゃ叶わないということを、改めて実感したので実現するために決意表明みたいな形でnoteの記事に残すことにした。

とにかく働け

とにかく動け

と、自分に言い続けても何回も壁にぶち当たって、谷ありすぎの日々で、なかなか前に進めな

もっとみる

いちご(1)

一度正直に生きてみようと思った。

夜の星空を見ていると、天に吸い込まれそうで、美樹は思わず足を踏みしめた。どんどん掃除機に吸い込まれるように、私も高く高くどこかに飛んで行ってしまいそう。

マフラーを巻いた耳の横で、冷たい風が美樹の前から後ろに流れた。

空なんて飛んだことはないのに、羽が生えたように、夢を見ているように、肩甲骨の辺りが冷たくなって、冷気が背中から足に向かって流れ落ちたような気が

もっとみる
嬉しくて飛び跳ねそうです。
5

運命の2019年下期よ、こんにちは

ある意味、昨日書いた記事の続きです。

というわけで、本日から下期でございます。
私は、この下期、3年目下期〜6年目までの管理職上司配下に戻りました。半年ぶりです。いろいろ仕事を振ってくる上司のため、仕事が忙しくなりそうです。
正確には、内示が出たその日から早速、上期の上司そっちのけで支援の仕事を振られており、既に忙しくなってきております。 下期初日の時点で戻ってきた感満載です。
本務のほうも、7

もっとみる
スキを頂けると励みになりますっ!
3

頑張るって、

頑張るって、何なんだろうか。
頑張れと言われたとき、頑張らなきゃと思ったとき、頑張ると言っている人を見たとき、いつもそう思う。

頑張るって、苦しい。
頑張るって、辛い。
頑張るって、大変だ。

なのに私達の頭にいつからかその言葉や意味や意義は刷り込まれていて、挫けたときや立ち止まったとき、周りの“頑張り“をみたとき、そんなときに
ふっと浮かんでその度に私達を苦しめる。
鼓舞しているような、でもや

もっとみる

スマートフォン

ご無沙汰しております。
なんと月1~2投稿になってしまいました。
せめて週1は投稿していきたいものですね。

***
さて何を書こうかと思うと、手が止まる。
青のシャープペンシルを眺めてみるけど、知らん顔。そっぽを向いている。
机の上のペン立て、というかお菓子の入っていた缶に鉛筆やらハサミやらホッチキスを放り込んでいるもの、を見て戻りたそうにしているような気がする。『どうせこいつ今日も書けねえよ、

もっとみる
スキ、全部見てます!
8