もう恋なんてしない

きみえの読書 #8

夏休み中に、次男の読書感想文のための本を図書館に借りに行った。
早く早くとせかされながら
ジャケ買いならぬジャケ借りした本たちが
どれもこれもラブストーリーなのはなぜなのか。

今回は
#wish
#小手鞠るい

#きみえの読書

恋する女の子の切なさが
胸をえぐるわぁ。

女の子って デートしたあともまたすぐ会いたくなるし、メールも電話もすぐしたくなるの。
約束の確約も欲しい。

もっとみる

【MFL】~my favorite lyrics~ vol.2

第二回「my favorite lyrics」
略してMFL

お気に入りの歌詞について、つぶやこうという趣旨のアレです。早速行きましょう

第二回は
「もう恋なんてしない」by槇原敬之

jPOPほんまスゴイ、歌詞って深いなぁと思った曲

俳句、川柳より長くて短編小説より短いボリュームで映画一本出来るくらいの想像力を与える曲ってありますよね。
てにおは、ですます、過去形現在形ちょっと表現変えるだ

もっとみる

暑中恋愛お見舞い申し上げます

蝉が鳴く前に言い逃した言葉

流れる汗で取れたメイク

棒棒鶏作れそうな蒸した空気

暑苦しいインスタストーリー

川の水面に映る自分の無駄に長くて細い足

地味な日焼け

枕元に置いた電気のリモコンのすぐ取れる蓋

ウナクールの匂いがするテディベア

感光しまくり見た目だけ上等トイカメラ

あの子がベッドに忘れていったピアス

日光避けて開けられないカーテンと薄暗い部屋

趣味の合わない人とのカ

もっとみる

【短編】当たって砕けろ受付嬢! 最終回 黒か白か。彼女の盗んだものは?

お姉さんの頭を撫で…

ることはできず、自分の頭をポリポリと掻きむしりました。

―――――――――――――――――――

嵐山の観光地を抜け、コンクリートの激坂を下り、川辺までやってきました。

お姉さんはいったいどこまで行くつもりなのでしょう。
登りは基本歩きですが、平地は走っているので、かれこれもう、2時間以上も進んでいます。

川辺沿いの石道を進んでいると、お姉さんはぼくに、
「先に走って

もっとみる
ありがとうございます。私の作品が映画化されればあなたに...
22

#1 マッチングアプリで彼女ができるまでの136日間

2017年11月10日、マッチングアプリ「ペアーズ」に登録しました。

仕事柄、毎週のように幸せそうな2人を眺めているので結婚を多少意識していたこと、当時は仕事が忙しくて友人と遊ぶ機会も減り、「あ...寂しい」と感じていたことが登録のきっかけです。

前の彼女と別れてから約1年、もう恋なんてしないと決めてたのに...なんてことを思いながらペアーズの利用登録を進めていきます。半年や1年などの長期プラ

もっとみる

梨恵という人(の、素描)

【あわせて読みたい:これは短篇『大人の領分②晴人』の付録です。なにやら複雑な事情を感じさせるこの人に、さまざまな角度から光をあてるこころみ。もう食べるしかない!みたらし団子パワー、意外に根が暗くて深い人です、本当にセクシーな人たちは性格によって遺伝子を刺激します、お幸せに梨恵、そこだけ陽のあたる場所、大人な梨恵の、こどもの国。ほか】

梨恵は一言で言い表せます。

「みたらし団子」…!

つやっつ

もっとみる

ミモザ

ミモザに憧れていた時期がある。

初めてそのカクテルを認識したのは数年前、なにかの記念日だったのか、両親とホテルで食事をしたときだった。
食前酒としてミモザが出された。
当時わたしはまだ大学生で、消極的にではあるが稀にアルコールを摂取していた。なのでそれほど躊躇することもなく、その爽やかすぎるほど爽やかに煌めく液体を自分の身体に流しこんだ。
すぐに、すごく気持ち悪くなった。食事の途中でお手洗いに駆

もっとみる