バスに乗って
いきなり寝落ちして
起きたらセンチネルバース
そしてdaniel caesar

#ん
#また
#けどデジャヴじゃないな

ひらがなエッセイ    #46  【ん】

さて、私の短く長い旅路も本日を持って終わりを迎える事になった。私のエッセイを楽しみにしていてくれた君、ありがとう。君のお陰で、私はエッセイを続ける事が出来た。来週からは有料にして、集めたお金で旅行に行きお酒とお寿司に塗れて暮らそうと思う。こんな私をどついてくれ。まぁ、まだ何も考えちゃいないんだがね。

    ひらがなエッセイを書こうと思い立った頃からこの日が来る事が怖くて仕方なかった。「ん」です

もっとみる

亜。

未完成、不完全。
上位や主たるものに次ぐ。次位の。準ずる。

満月ではない。

心、技、体。

この三つがそれぞれ最高潮に達してもなお、それぞれは真ではない。

亜。

あ。

A。

五十音で一番最初の音。
アルファベットでも一番最初の音。

始まりの音。

ここから出立し「ん」に向かう。

赤子の鳴き声。

あ。

次ぐのは「ん」。

あから始まり「ん」で終わる。

あ。

ん。

亜。

もっとみる

章 「ん」

千章(ちあき)は左向きに眠る。左肩を下にして左耳を枕にぎゅうっと押し付けて、膝を折り曲げてひらがなの「ん」みたいになり、手を脇の間に挟んで眠る。それがベストなのだ。それがベストだということに気づいたのは、千章が高校生の時で、インターハイ予選前日の眠られない夜に、なんとか見つけた眠ることのできる体制だった。それから彼女は毎日その「ん」ポーズで眠ったし、素敵な夢を見ることもあった。例えば、目がさめると

もっとみる

心の飛び火は あの人の部屋までの月明かりである。

考えることをやめたら
そこで終わりになってしまう
当たり前の事だが本当の話

1年もう1年 そして もう1年
ずっと つづく 続いてくハテナの長旅

お腹が空くと 何か食べなきゃと思う

ずっと満たされてたい とかは思わないけど さすがに何か腹に入れねば と
適当に 腹を満たして さぁ次へ と。

何でも良いのです満たされれば
インスタント麺でもパンでも何でも

だらだら食べれないからパパッと

もっとみる