アイトーニャ

映画【アイ、トーニャ 史上最強のスキャンダル】タフでクレイジーな人間は最高だ、

タフでクレイジーな女性は最高だ、とても。

【アイ、トーニャ 史上最強のスキャンダル】(2017)

アメリカ人女性初のトリプルアクセルを成功させた伝説のフィギュアスケーター、

トーニャ・ハーディング。

圧倒的な実力と強気で負けず嫌いな性格で
一躍有名になった彼女の波乱万丈すぎる半生を描いた作品。

DC「スーサイド・スクワッド」の
ハーレイ・クイーン役で知られる

マーゴット・ロビーが
主演

もっとみる

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「2018年ベストムービー13 第一夜」」でアイ,トーニャ、シークレット・サンシャイン、シェイプ・オブ・ウォーター、ダンガルのお話をさせていただきました。

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「2018年ベストムービー13 第一夜」」でアイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル、シークレット・サンシャイン、シェイプ・オブ・ウォーター、ダンガル きっと、つよくなる、のお話をさせていただきました。

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルはまさに題材をメインで観るか判断しているわたしからしてみても、よく観に行った!と当時のじぶんを褒めてあげたいくらいおも

もっとみる

2018年映画ランキング

2018年に足下研が観た映画をランキングで発表いたします。

観た映画なので、今年公開じゃないものも含まれます。

※順位は好み。点数は映画自体の出来。
★超良い>☆良い>○まあまあ>△ふーん>×OTZ
(個人的にオススメしたい作品は予告編のリンクを貼りました)

★★★★★★
1.フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 / The Florida Project(92)

2.万引き家族 / Sho

もっとみる

誰よりも不運な女の話なのに、なぜかスカッとする映画。

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

トーニャ・ハーディング。

彼女の名前は記憶の片隅にある。日本ではまだ今のようにフィギュアスケートが流行ってはいなかった頃、私が小中学生の狭間にある頃に世間を賑わせたということだけ覚えていて。

ただ、その記憶には誤りがあって、ライバルのナンシー・ケリガンにケガをさせたのは彼女自身だったと思っていた。そんな私の記憶違いを、その当時の人々へのインタビュー

もっとみる

2018年上半期・映画ベストテンを考えてみました

『スリー・ビルボード』 『君の名前で僕を呼んで』

『パディントン2』 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 

『レディ・バード』 『ブラックパンサー』 『万引き家族』 

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 

『女は二度決断する』

(順不同)

<次点>

●ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
●アベンジャーズ/イン

もっとみる

アイ,トーニャ

世界で2人目にトリプルアクセルを成功させ(ちなみに世界初は伊藤みどり選手です。)、1992年のアルベールビルと1994年のリレハンメルの2度の冬季オリンピックに出場したフィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディング。その夫による、ライバル選手ナンシー・ケリガンへの襲撃事件。オリンピックとか全く興味のなかった僕でも、顔を見たら「ああ、この人か。」ってなるくらい当時センセーショナルに報道されていたんで

もっとみる

〜根性は美しい〜映画「アイ・トーニャ」

実話の威力たるや…。「事実は小説より奇なり」とは、なるほど的を射た表現だなと思わざるを得ない映画であった。

アメリカで初のトリプルアクセルに成功したフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングの実話。このお方、オリンピックの選考会の時期に、元夫とその友人と共謀して、ライバルである自国の選手ナンシー・ケリガンに怪我を負わせたという疑惑が持たれていた選手なんです。ただし、本人は否定。元夫たちが勝手

もっとみる

悲運の被害者か、無知の加害者か『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

きっとこの映画を観なければ、そんな事件があったことを知らぬまま生涯を終えていただろう。「芸術点」という採点の基準が呑み込めず、勝手に好き嫌いで距離を置いていたフィギュアスケート。それを題材にした作品に足を運んだきっかけは、監督の過去作『ラースと、その彼女』がどうしようもなく大好きで、主演があのマーゴット・ロビーだったから。それだけの動機で観に行ったのに、どこか忘れがたい余韻が胸に残り続けている。

もっとみる

映画「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」をアクセス的に見てみる

機内で楽しむ映画は基本、マーベルものが多いのですが・・・
今回は気楽に見れるものを見終わってしまい、ちょっとハーディング事件のことを思い出したので気になってみてみました…

が、辛かった~~~

ファシリテーターとして、彼女がツールを持っていたら乗り越えられるチャンスはたくさんあったのに…と思わずにはいられませんでした。

自分自身のギフトをもっと認めてあげられていたら。
他の人が、誰が何と言おう

もっとみる

映画備忘録 2018年5月中旬

観た映画の備忘録を書いている『後悔と反省の狭間で』の2018年5月中旬分のまとめ。

『オー・ルーシー!』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#オールーシー #OHLUCY #寺島しのぶ #南果歩 #忽那汐里 #役所広司 #平柳敦子 #邦画 #映画

『となりの怪物くん』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#となりの怪物くん #月川翔 #土屋太鳳 #

もっとみる