マーゴットロビー

『マーゴット ロビーさん』一流ハリウッドスターエネルギー!(2019)

【Koh ほぼ日刊】 オーストラリア出身。

エナジーカウンセラー 
エナジーコーチ

Koh


です。

本日も、

皆さまからのリクエストに

お応えします。

本日のエナジーチャート(気流図)は

ハリウッドスター

『マーゴット ロビーさん』です
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%83%E3%

もっとみる

【映画】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ここにきて見せつけるブラピの最高峰

ブラピがかっこいい。
何を今さらって感じですが、このブラピはちょっとどうかしてる。年齢的に出る深みとか渋みとかそういうことじゃなく、現役バリバリ、プリプリのセクシー。そこらの爽やかとか、イケメンとか全部ぶっちぎるかっこよさ。まさかの55歳にして史上最高。

舞台は1960年代のハリウッド、やや落ち目の俳優ディカプリオと、彼専属のスタントマンを務めるブラピ。当時のハリウッドでは俳優が自分専属のスタン

もっとみる

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

原題:Once Upon a Time... in Hollywood
監督:クエンティン・タランティーノ
製作国:アメリカ
製作年・上映時間:2019年 161min
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、アル・パチーノ

 テレビスターのリック・ダルトン(ディカプリオ)とスタントダブルのクリス・ブース(ブラッドピット)の衰退と友情の物語、簡単に要約するとこう

もっとみる

[映画]ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオ様✕プラピ!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの共演を、クエンティン・タランティーノ監督が仕切るというワクワク。

1969年のハリウッドが舞台なのですが
これ「シャロン・テート事件」だけは絶対に予習しといた方がいいですよ。
でないと全く意味が分からないと思います。

古き良き時代のハリウッドで
かつてテレビスターだったが落ち目に

もっとみる

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

タランティーノ映画の良さいろいろあると思いますが、やはり一番は、観るととにかく映画が観たくなるってことだと思うんです。時代とか人種とか常識とか、様々なボーダーがレスになっていく正しく創作としての面白さに溢れていて、何でもいいからスクリーンから流れて来る映像と音楽のエネルギーに浸っていたくなるんですよね。もちろん今回も、そういう強烈な中毒性を持った映画になっていました。クエンティン・タランティーノ監

もっとみる
何分かの暇つぶしになったのであれば幸いです!
13
スキ、ありがとーございまーす! (*´∀`*)ノ
28

まさか、タランティーノ映画に号泣する日が来るとは

【『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』/クエンティン・タランティーノ監督】

涙が止まらなかった。

まさか、タランティーノ映画を観て号泣する日が来るとは思ってもいなかった。

映画の可能性、存在意義、使命、その全てが眩い光を放ち続ける鮮烈な159分。

僕は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を、タランティーノ作品の最高傑作であると断言する。

これまでタランティーノ監

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
80

『ワンスアポンアタイムインハリウッド』

2019年9月1日
ファーストデーってことで
劇場で鑑賞。

詳しくはググッてね。
出来るならば、
•シャロンテート
•マンソンファミリー
を知ってて観るのがいいけど、
クェンテイン タランティーノ監督は
〝知らなくて観ても全然OK〟
といったコメントをしている。

マンソンファミリー
最近、Netflixで観た海外ドラマ
『マインド ハンター』シーズン2
で、マンソンファミリー、
チャールズ

もっとみる

ラストがタランティーノらしい『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

2019年公開映画131本中50位。

ラストが衝撃的な映画でした。
キャリアにつまづいた俳優役のレオナルド・ディカプリオと、
そのスタントマン兼付き人であるブラッド・ピットのお話なんだけど、
世間では、彼らの共演ばかりに目が行って、
中身があんまり知られていない気がするんだよなあ。

これ、実話ベースの話なんです。

『戦場のピアニスト』や『オリバー・ツイスト』で有名な
ロマン・ポランスキー監督

もっとみる