恐怖!あなたも実は潜在的しんたろーたりー!?

「クロワッサンとダージリンティー飲んでそうだよね!」

ウェブラジオ #ろりラジ のパーソナリティしんたろーたりーさん(@yuka121212)から言われた私の印象だ。どうやら、見た目だけはセレブらしい。

クロワッサンもなかなか食べないし、紅茶は全く飲めない。お酒片手にポテチをバリバリ食べるのが普段の自分なのに。

**********

先日、人生初のオフ会に参加した。

ネット上では“真面目

もっとみる

ページ171 常識外れのウイルスたち

インフルエンザ健在

 昨日、当院のスタッフが「インフルエンザB型」に倒れた。いやこういう言い方では語弊があるかもしれない。6月から当院のスタッフたちが次々と「インフルエンザB型」に罹患して発症しているのだ。
 思えば、6月でもB型で来院していた患者さんの数も非常に例年より多かったし、テレビのニュースでも流行が伝えられていたし、ヤクルトの石山はオールスターゲームを辞退する事態になってしまっている。

もっとみる

19627_ジャンクDNAとウイルス

1.ジャンクDNA

①:ジャンクDNAについてウィキペディアより引用です。

ジャンクDNAは、ゲノム解析の結果「既知の遺伝子と相同性が見られない」あるいは「配列類似性が高いにもかかわらず機能するために必須な配列に変異などがあり実際の機能が疑わしい」といった領域が多数発見されたことから、そういった一見してごちゃごちゃしており余分・無駄に見えるような未解明の領域に対して付けられた名称であるが、「無

もっとみる

パスワードを超える認証 【293】

現代ではスマートフォンのロック画面を解除するための方法として指紋認証や顔認証を使われています。この技術は『バイオメトリックス認証』というものでパソコンをウイルスなどから守るセキュリティなどすでに人間の生活に浸透していてあたり前のものとなりつつあります。

そこでここでは多くの人が使っているのにあまり認知されていない『バイオメトリックス認証』について解説していきたいと思います。

**1.『バイオメ

もっとみる

セキュリティホール知らないってやばくね?【335】

みなさんこんにちはKenです。
(っ'ヮ'c)クエエェェェェェエエエエエエ!!!!!コケエッーーーー!!!!!コッコッコッコッコケエェエエエエエエエ!!

今回は、ほとんどの人がコンピューターを使っている今の時代だからこそ注意しておきたいセキュリティホールについて紹介しようと思います。

1.セキュリティホールってなに?

セキュリティホールがなんなのか知っている人はそこまで多くないと思います。

もっとみる

ウイルスについて【250】

ネットが発達した現代社会において、ウイルスに対する対処法を知らないと

もし感染した時に大変ですよね…

と、取り敢えずの勢いで

学校の宿題である記事を書き始めたのですが

「これに関する記事を書いてきて!!」

と、与えられたキーワードは「ウイルス」、「パスワード」

は⁉︎それだけ⁉︎と思いつつも

何を書けばいいのか良く分からないまま

勢いで書き終える予定なので暇があれば見て行って下さい

もっとみる

ゾンビ研究者

私はゾンビ研究の第一人者

ゾンビの生態や習慣から

食べ物の好みまで

全て知り尽くしている

そして

発症のメカニズムも解明した

ゾンビウイルス

噛みつかれたり

ゾンビの血液が傷口などに

付着する事で感染する

また空気中のウイルスを

吸い込む事によって感染する

新種のウイルスの抽出にも成功した

このゾンビウイルスを

1リットルのビンに一つだけ入れると

ウイルスは1秒間で倍

もっとみる

”樋口療法”を受け継ぐ鍼灸師の島田茂伸さん

疾患には原因があります。原因と誘因を間違わず診断し処方することが大切。予備知識を持つ事で、自分の健康を自分で管理が出来るようになると仰る、樋口ポイントで鍼治療をしている島田さんにお話しを伺って来ました。

島田茂伸さんプロフィール
出身地:佐賀県
活動地域:東京(四谷、国立)
経歴:慶應義塾大学 法学部中退
1968年日本郵船入社
1982年鍼灸師免許取得
1983年東洋医学研究所 
樋口療院にて

もっとみる

知らないと危険なセキュリティーホール、脆弱性の危険性と対策!!【永久保存版】【106】

現代、老若男女ほとんどの人がインターネットを利用しています。最近は電車の中でも場合によってはトンネルの中のような場所でもネットワークを利用することができるようになってきました。そして、その裏腹で様々なソフトのセキュリティーホール、脆弱性をついた犯罪が横行し、セキュリティーのことについて知識が、企業の個人情報漏えいやデータ消失、もしくは攻撃されるなどの危険性を防止するために必要となる時代となりました

もっとみる

謎の感染症日記(1)「インフル疑惑」

「私の人生はこれで終わるのか?」

2月末から3月頭にかけて、そんなことを思っていた。

忘れもしない平成31年2月25日(あえて元号で)夕方、PCの前でお仕事をしていた私は、そこはかとない胃の痛みと、節々の痛みを感じていた。
だけどもうすぐ一部分を納品するというところまで来ていたので、耐え難きを耐えながら何とか終わらせた。

その後脇の下に挟んだ体温計は、38度以上を示していた。

「ありゃまー

もっとみる