今日のひと破り

「とにかく書いてみる」

外山滋比古さんの「思考の整理学」をちぎって毎日持ち歩いている。エッセイだと、一日1章くらいのプチ読書だ。本がボロボロになるけど、ページで持ち歩くと信号待ちとか、電車待ちの時にサッと出せて読めるからスマート。パスワードロックもないし、ダウンロードもないから、UIもスマホよりダントツ。
(この読書法はディール・カーネギー著「話し方入門」に書いてあったよ)

それで、最近思

もっとみる

武士道とは死ぬことと見つけたり

「武士道とは死ぬことと見つけたり」とは『葉隠』の有名な言葉です。

もちろん、死ぬことをすすめているわけではありません。死を覚悟すれば、心安らかに生きられるということです。

最悪の事態を想定することで、より良く生きられます。

最近のベストセラーに『死ぬこと以外、かすり傷』(箕輪厚介)というのがあります。そういった心構えが『葉隠』の精神でしょうか。

本書『齋藤孝が読むカーネギー道は開ける』(齋

もっとみる

カーネギーの人を動かすを読んで効果のあったこと❸(人を批判しない)

カーネギーが人を批判してはならないと言っているようです。

相手には相手なりの正義があり、それに攻撃を加えることは、

相手の自尊心を傷つけるだけだと。

自尊心が傷つけられた相手が、以降こちらの話を聞くはずもなく、

ましてや、「あなたのおっしゃる通りですね」と納得するわけがない。 

・・・わかるけど!

言葉としてはわかりますが、実践するのは大変です。

でも実践してみました。 

人を困ら

もっとみる
相手の長所を一つ言うと、思いのほか喜んでもらえるらしい

カーネギーの人を動かすを読んで効果のあったこと②

ピスケです。

私が好きな本の1つにデールカーネギーの『人を動かす』があります。

本の中に、

「釣り針には魚の好物をつけるに限る」というフレーズがあります。

要は、魚釣りをするときに、自分の好物ではなく、魚の好物を餌として使うように、人にもそれを応用すると良い、ということです。

この記事は、自分のではなく、相手の好物を差し出しなさいって内容です。

 

人は自分に一番関心がある

思いの

もっとみる

いつも不平不満をぶつけてくるお客さんの対応って本当に嫌になる。そんな中、カーネギーの「人を動かす」を読んで、すぐ効果があった1つのこと。

仕事で、お客さんから困りごとや不平不満を言われることってよくあると思います。

中には強烈なクレーマーもいるわけで、こちらの話に耳を傾けようともせず、一方的に相手から無理難題を主張されることがあるでしょう。

そういう方と話しているのは時間ばかりかかるし、何よりも精神的に疲弊してしまいます。

クレーマーが全員悪いわけではないですが、こちらも潰れるわけにはいかないです。 

「人を動かす」を読んで

もっとみる
相手の長所を一つ言うと、思いのほか喜んでもらえるらしい
1

あなたの心を平和、勇気、健康、希望で満たそう。

☆★『道は開ける』の原則★☆ 30/14

平和と幸福をもたらす精神状態を養う

1.あなたの心を平和、勇気、
  健康、希望で満たそう。

Dale Carnegie 曰く、「みじめなことを考えれば、みじめになる。恐ろしいことを考えれば、恐ろしくなる」 Norman Vincent Peale 博士曰く、「あなたは、あなたの考えていることそのものである」

※デール・カーネギ

もっとみる

[読書メモ]人を動かす為に必要なのは「戦術」ではなく「戦略」

ここ最近読んだ本たちから共通の教訓が得られるのは、何か自分に説教でもされているのだろうかという気分になる。「戦わずして勝つ」というのを最近よく見かけることが多くなった。今までも見てたけど改めて自分が課題視しているから異常に気になる、ということかもしれないが。

先日の世界史の本と、かの有名なD・カーネギーの「人を動かす」。この2冊からはその「戦わずして勝つ」というのがダイレクトに伝わってきた。真っ

もっとみる

ロックフェラーが自然治療法を破壊し医薬品産業を乗っ取った話

COBRAの2019年8月18日の記事「Grand Cross」で紹介された記事「How Rockefeller Founded Deep State Pharma And Waged War On Natural Cures」を翻訳しました。翻訳料は300円です。

"残念ながらカバールはとても活発で、エボラウイルスを使ってコンゴのボルテックスを攻撃しました。

製薬会社大手の創設者と生物兵器の

もっとみる

自己啓発書について思っていること

自己啓発書っていうと、結構好き嫌いが分かれるジャンルだな〜って感じます。

また、嫌い!というか読まない人から見ると、自己啓発書ばっかり読んでいる人は「病んでる」と思っている人も中にはいるみたいです。

僕自身は一時期よりは読まなくなったけど、好きなジャンルの一つだし、読んでいく中で自分自身が変わっていく過程を経験しているので、とても薦めたいと感じています。

とはいえ、読まず嫌いの場合は読む理由

もっとみる

「言葉にすればシンプル」という暴力

悩みや考えていることを誰かしら近しい友人に話すときによく言われる言葉は「もっとシンプルに考えなよ」という定型句だ。これが僕にはどうしても鼻もちならない、言いようも知れない腹立たしさと傲慢さに、知ったかをするようなインテリぶった全知全能らしき衣を纏ったムカつく野郎とさえ捉えることがある。

それは完全な拒絶でもないという意味においては自分に対しても嫌悪感が生まれる、向こうが言ってることはある程度にお

もっとみる