『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ゲスで楽しいいつものタランティーノは、ここでももちろん健在。

くそな奴らに強烈な制裁を食らわすシーンが何と言っても最大の見どころ。(まあ、いつものことなんだが)

ブラッド・ピットもレオナルド・ディカプリオも弱いところも含めて男っぽさが貫かれている。

映画全体は1969年ごろを見事なくらいに再現していて、何か古いドラマ(初期の刑事コロンボみたいな)を見ているような心地をアメリカン・グラフィティ

もっとみる
サンキューで~す♡

【 ピットブル 火炎放射器 LSD 】

クリフの相棒犬ブランディは
「ピットブル」である。

まずこの作品のレビューを書くための冒頭文は絶対にこれだ!と、沸沸とこみ上げる笑いを堪えながらスクリーンに熱中していると、後ろから、その後ろからも笑いを堪えられずにクスっと息が漏れる音が聞こえる。
実際に観た人には、これが何を意味するか
わかるだろう。

茶番狂言に見えて、茶番ではないタランティーノ作品は、劇中何度も予想しては裏切られ、の

もっとみる

【映画】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ここにきて見せつけるブラピの最高峰

ブラピがかっこいい。
何を今さらって感じですが、このブラピはちょっとどうかしてる。年齢的に出る深みとか渋みとかそういうことじゃなく、現役バリバリ、プリプリのセクシー。そこらの爽やかとか、イケメンとか全部ぶっちぎるかっこよさ。まさかの55歳にして史上最高。

舞台は1960年代のハリウッド、やや落ち目の俳優ディカプリオと、彼専属のスタントマンを務めるブラピ。当時のハリウッドでは俳優が自分専属のスタン

もっとみる

[映画]ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオ様✕プラピ!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの共演を、クエンティン・タランティーノ監督が仕切るというワクワク。

1969年のハリウッドが舞台なのですが
これ「シャロン・テート事件」だけは絶対に予習しといた方がいいですよ。
でないと全く意味が分からないと思います。

古き良き時代のハリウッドで
かつてテレビスターだったが落ち目に

もっとみる

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

タランティーノ映画の良さいろいろあると思いますが、やはり一番は、観るととにかく映画が観たくなるってことだと思うんです。時代とか人種とか常識とか、様々なボーダーがレスになっていく正しく創作としての面白さに溢れていて、何でもいいからスクリーンから流れて来る映像と音楽のエネルギーに浸っていたくなるんですよね。もちろん今回も、そういう強烈な中毒性を持った映画になっていました。クエンティン・タランティーノ監

もっとみる
何分かの暇つぶしになったのであれば幸いです!
13

『イングロリアス•バスターズ』

2019年9月3日
Netflixで鑑賞。
詳しくはググってね。

①タランティーノ!

タランティーノ監督作品って
何だかんだ言っても、劇場へ
観に行ってしまう。
いわゆる〝タランティーノ祭り〟
9月1日に、
タランティーノ監督最新作
『ワンスアポンアタイムインハリウッド』
を鑑賞した。
すると、タランティーノ熱が
発症して、Netflixで
『イングロリアス バスターズ』
を鑑賞したわけだ!

もっとみる

フォー・ルームス

〈ルーム301 お客様は魔女:監督 アリソン・アンダース〉

ロサンゼルスのホテル・モンシニョールに風変わりな女性客がと到着した。
ジプシー風の美女アシーナ(ヴァレリア・ゴリノ)、妖艶なエルスペス
(マドンナ)と、どうやら彼女の恋人らしいパンク少女のキヴァ
(アリシア・ウィット)、猫を連れたゴージャスなジゼベル
(サミ・デイヴィス)、箒を持ったインディアン風のレイヴン
(リリ・テイラー)、そして素

もっとみる
(。・_・)♪
17

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド Once upon a time in Hollywood

タランティーノ監督のワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを観てきた(タイトル長い…)。
1969年のハリウッドが舞台という事で、60年代後半のアメリカのカルチャー満載。細かい部分の虚実交えた引用も多いためこの時代の知識があった方がより楽しめる映画なのではないかと思った。パンフレットに引用元など事細かに載っているのでそちらを読めば大半の事が理解できると思うのだけれど、少なくとも観る前に必須と

もっとみる
ありがとうございます!
5

ワンハリの半分は、優しさでできている。

もう観ましたか?

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

非常にタイピングしづらい作品です。

中黒が5つもあります。

なので、巷では『ワンハリ』と略しています。

監督・脚本・プロデューサーはクエンティン・タランティーノ。

舞台は1969年のハリウッド。

彼の大好きが詰まっている作品だという事はこれだけで概ね伝わってきます。彼の幼少期に観たり聴いたり感じたりした夢のような時

もっとみる

映画はこれよ!

昨日私は映画「ワンスアポンアタイムインハリウッド」を観てきました。上映が始まった途端、ワクワクドキドキが溢れ出てきました。いちばん「あーここ!」と思ったシーンは、ディカプリオとブラッドピットが車に乗り込みカメラが後部座席で2人の後ろ姿をとらえる、車の移動と同時に観客は2人が乗る車の後部座席にいて2人と一緒に1969年のハリウッドの街を疾走し始めるのです。そこですかさずクールな音楽がスタート!一気に

もっとみる
やった!ありがとうございます(゚∀゚)
2