クローズ

ひまつぶ誌 Vol.02

今週の一言

最近沖縄料理屋にいく機会が何回かあったが、直近に行った沖縄料理屋はよく見る沖縄感を剥き出しにした内装ではなく小綺麗でよかった。人を惹きつけるデザインというものは引き算なのだと思ったね。ご馳走もよくしてもらっているのだけれど恩返しは自分が成長することなのかもしれないね。

今週の気になるニュース

【まちの本屋」がどんどん潰れていく2つの理由】

本屋は元来は店に本を置いているだけでお

もっとみる

CHIPが終わっちゃうから、出会った時のことを振り返ります

CHIPと出会ったのは確か、2018年の夏ごろだった。

当時世間ではオンラインサロンの知名度が徐々に高まり、いろんなところでサロンが設立し始めていた。どこかしらのサロンには経験として、この機会に入ってみたいな〜と思っていたところキングコング西野さんのオンラインサロンだった。(ベタですね)

日々西野さんとサロンメンバーが活動する姿を側で見ていて、純粋に楽しくて、上手くいってもいかなくても、活動が

もっとみる

FX:【豪ドル円 2019-5-10 デイトレ】 今日の予想と戦略 【FX】亀1000人 (GW10連休の最後の日、令和元年の初めの月足、平成31年の夏、平成31年の秋、平成31年の冬、令和元年の春)

FX:「前日のチャート分析、今日の指標、チャート予想と戦略、行動力」

おはようございます kame group の 亀1000人 です
2019年5月10日(欧州時間、NY時間クローズまで)の予想と戦略、そして行動力 ( デイトレ ) をお送りします

このサイトは、「FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕(自分)時間」の使命をもって配信しています。

この動画は、後で見てもその日の視
もっとみる

別れの作法

どんなことであれ一度決心して始めたことにケリをつける、クローズさせるのにはそれなりのプロセスを経なければならない。

もちろん、なんとなく自然に終わってしまうということもあるだろうけど、自分ひとりでなく他の人と一緒に始めたものに関してはそのようにはいかないことが多いのではないだろうか。

作法と言うほどのことではないかもしれないが、相手の状況を思いやるということはすごく大切なことのような気がする。

もっとみる

宇野常寛 月島花は坊屋春道を超えられたか――クローズ/WORSTが描いた男性性の臨界点(PLANETSアーカイブス)

今朝のPLANETSアーカイブスは、宇野常寛による髙橋ヒロシ論をお届けします。傑作不良漫画『クローズ』の続編として描かれ、12年の歳月をかけて昨年完結した『WORST』。坊屋春道なきあとの鈴蘭を描いた本作を通じて見えてくる『クローズ』が描いた男性性の臨界点とは。(初出:ダ・ヴィンチ2013年11月号)
※この記事は2015年3月16日に配信された記事の再配信です。

〈「オレはおまえらと同じで/よ

もっとみる

クローズ/オープン/特例 3パターンそれぞれのメリット・デメリット

昨日、「親が障害者手帳取得を認めないお話」を書きました。

そこで「手帳取得は選択肢を広げる」と書きましたが、その詳細を今日はお話します。

(精神・発達障害で手帳申請を検討してる学生から働き方について凄いよく聞かれる且つ「本当に役立った!」と言われることが多いので、誰かの役に立てば、と思い、まとめて記事にすることにしました。)

障害者手帳を取得して「就労」するには、ザッと3つのパターンがありま

もっとみる

好きな服について本気出して考えてみた

どうでもいいけどタイトルだけでピンときた方はすごい。趣味が合うかもしれない。

世の中には2種類の人間が居ると言われている。
石田純一やカイジやジョセフマーフィー(誰?)の言葉だ。
アパレル業に従事していた僕の場合はこうなる。

世の中には2種類の人間がいる。
服が好きな人間とそうでない人間だ。

ばーーん。

さて、あなたはどちら?
言わずもがなだが僕は前者だ。

物事を好きになるのにはなにかき

もっとみる
ありがとうございます!コーヒーを淹れてさしあげます!
7