ストレンジャー・シングス,THE BOYS,ゲーム・オブ・スローンズについて

休日、外は暑くて出かけたくないし、遊ぶ予定もない。そんな時はもっぱら海外ドラマを観ている。映画を観るためにNetflixにもAmazonプライムにも入っているけど、観る映画は月に数本で、もったいないと思っていたのもあって、海外ドラマを観はじめることにした。

映画より気軽に観れて、ハマればより長く、深く、楽しめるところがドラマの良いところだと思う。

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」

もっとみる

ゲーム・オブ・スローンズS8ep5-6感想(ジェイミーと二人の女。ネタバレあり)

(ふせったーに書き散らかしてたやつです)

------

最初ブランを塔から突き落としたときに「なんていけ好かない野郎だ!顔もきらい!!!」と超憤慨してたんだ。

当時はジェイミー見た目も若かったし、なんか長髪でスカしてたから……(誰かがデンマークの加勢大周と書いてて大笑いした)しかし彼はそれはそこから大いなる変遷をとげたのであった……。

なんていうかこうー、ジェイミー・ラニスターはあまり己の

もっとみる

ゲーム・オブ・スローンズS8ep6感想(ティリオン、そしてゲームオブスローンズという物語。ネタバレあり)

(ふせったーに書き散らかしてたやつです)

------

貴方は勇敢だった。最後まで勇者だった。
また裁判の時のようなティリオンの演説が聴きたいと思っていたので私はラスト大満足でしたよ。

牢の中に囚われながら、ティリオンはデナーリスの今までの行いを語った。「彼女は奴隷商人を、貴族たちを磔にしてきた。私たちは悪人を倒す彼女に喝采を送った。」(うろ覚え)
あの「私たち」は間違いなく登場人物以外に視

もっとみる

ゲーム・オブ・スローンズS8ep4感想(ブライエニーとかサーセイとか。ネタバレあり)

(ふせったーに書き散らかしてたやつです)

-----

海外ツイッターでみんな何時間もブライエニーとジェイミーの話をしてたというあれ。

ブライエニーかわいそう、ジェイミーどうせ棄てるならセックスすんなや、プラトニックなままの方が良かった、等々の感想を読んだんだけど違う、ちがうんだ!(たぶん)
ブライエニーは全部知っていた、ジェイミーの過去やサーセイの呪いや業の深さを。それでもなお、この人のもっ

もっとみる

海外ドラマで覚えた英語は

海外ドラマを見るときは基本、字幕で見てるんですが、それは英語力を磨くというよりは、役者さんたちの声をちゃんと聞きたいってのがあります。吹き替えだとどうしても、ほんとの声とのギャップに違和感があって、物語に入り込めない…。

でも、字幕は何かしながら(たとえば料理とか掃除とか)ってときに困るんですよね。英語力がないゆえに耳からだけだと展開わからず。特に弁護士ものとかまったくわからん、早口すぎて。よっ

もっとみる

『ゲーム・オブ・スローンズ』

今更ながら『ゲーム・オブ・スローンズ』を第1章から第8章までぶっ通しで見た。見終わるまで実に2ヶ月を要したのだが、凄まじい達成感と満足感だ。

中世イギリスと思しき架空の国を舞台に、王家の間に分裂と戦乱が巻き起こる。様々なキャラクターたちが権謀術数を繰り広げる知的ゲームの側面を持ちながら、愛と葛藤の物語でもあり、バトルもあれば、ドラゴンも出てきて、もう何でもアリなのだが、全てのスケールがケタ違いだ

もっとみる

海外ドラマは「相性」だ

私は、プリズンブレイクはシーズン1、ウォーキングデッドはシーズン3、24はシーズン1でドロップアウトした経験を持っています。しかし、そんな私が、ようやく完走できたのだ。

もとから、海外ドラマを熱心に追いかけているわけではないが、たまーに見たくなる波がやってくる。5月あたりからそのビックウェーブが来たのだ。

その波に乗ったのは「ゲーム・オブ・スローンズ」というHBOのドラマ作品だ。

出会いは、

もっとみる

見どころ満載!第71回エミー賞(2019) ノミネート寸評

「どうも。

いよいよ発表されました。今年のエミー賞のノミネーション。

こんな感じになりました。早速見てみましょう。今回は部門別に見ていきます。まずはドラマ部門から。

作品賞(ドラマ)
ベター・コール・ソウル(ネットフリックス)
Bodyguard(ITV)
ゲーム・オブ・スローンズ(HBO)
キリング・イヴ(BBC)
オザーク(ネットフリックス)
Pose(FX)
Succession(HB

もっとみる

2019 7・8

今日も今日とて眠い。

実は今(23:40)起きた。飯のあとから眠くなり、そのまま少し寝てしまった。2~3時間の仮眠が、これから訪れる不眠への序曲であるのだがまあ仕方ない。人間は自由であるからして、眠る時間、起きる時間、食う時間は個々の裁量に任せるべきである、と僕は思っている。そして寝起きは眠い。

こんな不規則、自堕落、麗しき退廃という名の自由!を僕が享受したのは、偏に昨日見終わったゲームオブス

もっとみる

【#15 冷や汗】恥ずかしながら、

7月になった。2019年も、半分終わった。

そうなると、カルチャーキッズのSNSには「上半期ベスト」という言葉で溢れる。音楽、映画、アニメ、などなど。人々、というかその個人が熱狂した作品たちで、タイムラインが溢れる。

それらに一つ一つ、いいねを送りながら、自分が過ごしてきた上半期を振り返る。面接の前に落ち着かない気持ちで聴いたTHE NOVENBERSの『ANGEL』。令和になり、自分の誕生日

もっとみる