少数派に傾いているのは、恥じらいの現れ

SuchmosのGAGAの歌詞。
何曲か知ってるくらいだったけど、ハマスタのライブにたまたまいって完全にノックアウトされました。
かっこいい。恰好から考え方まで真似したいw
特にHSU。武骨で職人という感じステキ。大学の先輩みたいな。ほかのみんなも好き。

今回メモするのは、
Suchmosの曲だけじゃなくて、歌詞もいいってことを発見したというお話。
STAY TUNEをはじめて聴いた時から思って

もっとみる

Suchmosのベースを担当しているHSUさんからInstagramのDMで温かいお言葉、、早く同じ舞台でお仕事できるように頑張らなくちゃと思いました!
少しずつではありますが形になってきているなと実感します。毎日がやりたいことだらけで忙しくて辛いけど、楽しいし!!

Suchmos - The Anymal: シティポップ・リバイバルはリドリー・スコットの夢を見るか?

冒頭を飾る「Water」は各楽器が中期以降のThe Beatles的な音色でもってアンサンブルが繰り広げられる。音色のみでなくフレージングやグルーヴ感にもその影響は見えるだろう。だが何も彼らがビートルズからの強い影響を感じる演奏を披露するのは初めてではない。しかし、本作で鳴らされるそれは前作『The Ashtray』の「One Day In Avenue」で引用した「Hey Jude」、あるいは「

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life season2 全身関節編 14

1990年代、カートコバーンがショットガンで頭を撃ち抜いてから日本でも新しいstyleの音楽が沢山生まれたと思う今日この頃。

歌謡曲、ROCK、渋谷系と言われたシティポップ、HIPHOPを取り入れたバンドも多くなり90年代半ばから2000年初頭にはパンクやエモ、グランジ、オルタナティブ、ミクスチャーロックが日本でも台頭してくる。

俺はこの殺伐とした東京の背景とファッションと音楽がまだ融合してい

もっとみる

Suchmosが怖い

こんばんは。服飾大学で出会った「みっぽ」と「キキ」がサブカル的な態度でコンテンツについて対談形式で語る「サブカル女子って呼ばないで」です。

今回は現代city popの代表格、Suchmosを見たときに私たちが感じた怖さにも近い感覚の正体について考察してみたいと思います。

目次
■Suchmosが怖い
■「和製ジャミロクワイ」の名付け親
■"圧倒的偽物"と"圧倒的本物"
■city pop

もっとみる

私の中の異性

男性の中に女性が、女性の中に男性、体の性別は一つとしても、人は男性性と女性性の両方を持つという。私の体は女で、マインドも基本的に女だが、自分の中には大学生くらいの男子もいると思う。「うわー女の子かわいい!」と思うけっこうチャラくてバカな、でもかわいい奴だ。

具体的な例を挙げよう。Suchmosの『FUNNY GOLD』のミュージックビデオを見るとき、私はけっこう忙しい。このPVではおしゃれな部屋

もっとみる

真夜中が友人じゃないの知ってるよ

外に出ようとしていたのに、雪がちらついていた。寒いから家から出たくないけれど家にはいたくない。ぐずぐずと考えていて、厚着をして外に出ると、案外寒くない。雨よりも、はらはらと落ちる雪の方が冷たさは感じないのが不思議だ。

 繁華街に出る、とはいえ行きたい場所なんてなくて、でも、外に出るのは歩きながら音楽を聞くのは好きなんだ。ipodと一緒になって口ずさむ、スパンクハッピーの夏の天才。息継ぎを、ブレス

もっとみる

「雨」長岡亮介(ペトロールズ)

もともと歌詞やタイトルに
“雨”とあるものが琴線に触れるので
好きな“雨唄”はいっぱいあるけど、
いまのヘヴィロテはコレで、
こゝろに沁みます。。。

最近ではSuchmosがカヴァーしており、
そっちもなかなかええアレンジです♪

何らかの嫌がらせアクションがあった訳でもないのに相手を知りもしないのに想像で悪口言う奴もうグッバイ #サチモス

熊切剛が送る気になった歌シリーズ @ VOLT-AGE   ロシア ワールドカップテーマソング

NHKサッカー中継テーマ音楽は、2010年にSuperfly“タマシイレボリューション”、11から12年にRADWIMPS“君と羊と青”、13年にサカナクション“Aoi”、14から16年に椎名林檎“NIPPON”、17年にONE OK ROCK“We are”が使用されていました。今年はSuchmosが担当。
今回のロシアワールドカップがどうなるか熊切剛も気になっておりますw

作詞/ Lyric

もっとみる