サプライズでステーキ肉を仕込んでも喧嘩になる事はある

朝、母と妹は出掛けた。
「じゃあねー、夕方には帰るから」
「はーい。楽しんできて」
どうやら映画を見に行くそうだ。
私はというと、散らかった部屋の掃除。

昔から片付けが苦手な私は、月に一度まとめて部屋掃除をする。
本当は毎日綺麗な状態を保ちたいんだけど、自分の趣味とか仕事上不可能で。
自分の時間が作れる時にまとめて部屋を掃除する。
きょうもゴミは一袋分出た。

一袋分のゴミを溜め込んでた場所で寝

もっとみる

⑫合鍵

当時、貴方が暮らしていたアパートは、可愛らしい名前がついていて、私達はそこをレモンハウスと呼んでいた。なんの変哲もない、普通のアパートだったし、部屋自体はかなり狭かったけど、レモンハウスにはロフトがあった。夏になるとロフトの上はとにかく暑くて、そこで寝起きするのは結構体力を消耗した。
いつも汗だくになって寝ていたこと、とても寝苦しかったこと、懐かしい思い出だ。熱中症になりかけたこともあった。
だけ

もっとみる

今まさに、夫がサプライズされているはず。

いよいよこれを公開できる日が来た。

***

7月のまだ梅雨が明けるか明けないかのジメジメしていた日、布団に寝転がってスマホをいじっていたら、知らない男性から突然Instagramのメッセージが届いた。職場の人間とも、プライベートの友達ともほぼ繋がっていなかったから初めは怪しいと感じた。

リクエストを許可してメッセージを開いてみると、それは夫の職場の部下からだった。(以下Aくんとする)色々試行

もっとみる

好きなものを好きということ

わたしはBTSのオタクです。笑

ただしくは彼らの発信しているメッセージのオタクというか
コンセプトや、歌詞、曲、だけでなく
一人一人の魅力とか
もう存在が大好きです。

そしてBT21もかわいくて大好きです。

BT21のTシャツがユニクロから発売になってましたね。。。
わたしが店舗に行ったのは売り切れた後。。。
でもある人がそのTシャツ着てて
お店にまだあったので買っておきましょうか?
とメッ

もっとみる

抑圧

タイトル固っ(笑)!

もうこうなったら

(笑)を多用して内容を柔らかくするしかない。

そうハンバーグやたこ焼きのように(表面はカリっと、中はジューシーみたいな)

noteを書かれている方は書くときどうやって書いていますか?

私はまちまちですが、今回はタイトルから書きました(笑)←早速(笑)。

・・・うざいな。止めた!

今回書く内容はというと、メンタル系の「抑圧」です。

自分がしたい

もっとみる

28歳になりました🐻

今日7月30日で28になりました。

バイト先の店長から、サプライズでいただきました。

ほんとうにサプライズすぎる。

店長ありがとうございます🐻❤️

嬉しかった🐻

今日はお泊まりやったのでバイト遅くまで残っていました。

帰りに、店長にありがとうございますのライン送ったら、、、、

リラックマのラテアートまで写メで送ってくださって、めちゃ嬉しかった❤️❤️ほんとありがとうございます🐻

もっとみる

「天気の子」、見てきました☺️
小栗旬君が、かなり、いい味、出してる🎶
今の時代、今回の小栗旬君の役は、小栗旬君にしか、出来ないだろうな😅
「君の名は。」ファンも、喜ぶ、プチサプライズも、あったり❗
2020を控えた日本で、よく、新海誠監督は、あんな映画を、出せたなと、感服❗

誕プレは手紙がいいな

「今年の誕プレは手紙がいいな。」

「いいの?せっかくの誕生日なのに。」

誕生日プレゼントは毎度リクエスト制だった。

物欲がないわたしは、何をもらおうか考えあぐねていたけど(せっかくだから笑)

ある光景を見てピン!といいアイデアが思い浮かんだのだ。

手紙!!!

カナダやアメリカの街を歩いていて感じていたのだけれど、ポストカードを売っているお店が本当に多い。

スーパーや薬局にもお祝い別に

もっとみる
やったー!いいねしてくれてありがとうございます(*^^*)!
45

小さい幸せ

家族大好き“まつ”です^_^

娘が昔からサプライズが大好きなんです^_^

きっと人の為に何かする事が自分の幸せに繋がっている事をわかっているんでしょうね^_^

そんな小さい幸せは自分自身にじゃなく人に与える事によって得られる事の方が大きいのを知っていましたか?

自分の欲望の為に何か買う事は買った後では嬉しさが半減します。

ひどい時はしばらくすると飽きてしまう。

手に入れるまでは苦労する

もっとみる

同じ時間を生きられるだけでうれしいなって思ってるよ。

長らくアメリカと日本で遠距離恋愛をしていた。

時差は13時間で、お互いに社会人だったから
1日に連絡を取り合える時間は1時間ちょっとくらい。その24分の1を楽しみに毎日生活していた。

けれども今月からわたしがワーキングホリデーでトロントに来たから、2人の間の時差は0になった。

同じ時間帯を生きられることが当たり前じゃなかった私たちはこれがいまだに新鮮でならない。

だって今でも同じ朝なのに「

もっとみる