シティボーイ

映画をファッション的な動機で観ることを許さない映画プロパーな人たち。

ファッション雑誌のPOPEYEが映画特集してるんですよ今月号で。それにケチつける映画ファンをTwitterで見かけたんですね、「ファッション的に映画を消費しやがって軽薄だ」とかなんとか。過去にもPOPEYE が音楽特集をした時にも同様にあったな、音楽ファンがやはり。「映画や音楽のファッション的な消費は悪」という価値観。

ぶっちゃけ映画なんて好きな人間がいる訳ないんですよ。とりあえず手っ取り早

もっとみる

ミレニアム世代がやりたい100のこと 3.恋愛観を探っておく

あなたはいま好きな人がいますか?
あなたにはつきあっている人はいますか?

もしいないのならいますぐに恋をすることをおすすめします。

どうやってするのかわからない。どこに出会いがあるの?

そんなの今も10年後も変わりません。なんなら、恋愛市場はどんどん縮小していくと思った方がいいかもしれません。
だからいますぐ外にでてみましょう。

べつに30までに結婚しろとか、子供ははやいうちにとかは1mm

もっとみる

ミレニアム世代がやりたい100のこと 2.一人で旅に出る

百万回ほど言われていることだと思いますが、それでもいいます。

若者は旅にでよう!

だって、このご時世遠く離れたアメリカやヨーロッパへだって10数時間で行けちゃうんですよ?
お金だって時期を選べば20万以下で行けます。

いまは海外旅行は身近な時代なんです。

よく、写真で見たから行った気になるとか、あの食べ物は日本でも食べられるとか、グーグルアースで見ればいいだとか、お金も時間もないだとか、行

もっとみる

ミレニアム世代がやりたい100のこと 1. いい椅子を買う

記念すべき1回目は椅子の話しです。

みなさん、インテリアは好きですか?
私はお家が大好きで一人暮らしを始めてから狭い部屋なりにもいろいろな工夫をしてインテリアを楽しんでいました。

いま思えばちょっぴり背伸びした感じのインテリアだったのかなと思います。

現在はついに家を買い、最終形態へとレベルアップしましたが、そんな私が思うこと。

それは、家具は飽きるし捨てるのが大変!!!!!

インテリア

もっとみる

ミレニアム世代がやりたい100 のこと〜はじめに〜

あと1カ月で元号が変わります。このタイミングに立ち会えたことを記念に、私が年上の女性に教えてもらったことや失敗の経験から学んだ、新しい世代に知っておいて欲しいこと、こんなことしたら楽しいよなどなど、100のことを書き連ねてみようと思います。

#ミレニアム #ミレニアム世代がやりたい100
#シティボーイ #シティガール #インテリア #ファッション #ビューティ #ライフスタイル #おしゃれ #

もっとみる

言葉が思考性に与える影響について

お疲れ様です! マー君です。

また時間が経っちゃいました。それでも、細々とは続けていきたいと思っています。あと、タイトル変えちゃいました。

マーケティングに的にはタイトルや小見出しは絶対に重要

一応、ネット業界にいる人間として、過去三回のタイトルの付け方は、「マーケティング的」にはよくなかったなと。

マー君、こじらせちゃってるし、書いた文章には、別に深い共感を得たいわけでやってるのでもない

もっとみる

27歳まで親に携帯代を払わせて、29歳まで実家ぐらし、好きな本は「 鬱屈精神科医、占いにすがる(著:春日武彦)」。こんなこじらせな僕でも、渋谷IT系ベンチャーのジェネラリストとして、なんとか体裁を保ち、世界大会にも出場できたいくつかの理由 (第三回)

こんにちは、マー君です。

前回の執筆から随分と時が経ってしまいましたが、頭の中はずーっと、「どんなこと次書こうかな?」と、思いを巡らせていました。

ところで、冒頭にある写真、実は、マー君そのものだって気づいてたかな?
恥ずかしいからやっぱりお顔は全部出せないけど、少しでもこのnoteを読んでくださった読者のみなさんに、マー君自身がどんな風貌なのか妄想してもらえれば嬉しいなと思って、リアル写

もっとみる

27歳まで親に携帯代を払わせて、29歳まで実家ぐらし、好きな本は「途方に暮れて、人生論(著:保坂和志氏)」。こんなこじらせな僕でも、渋谷IT系ベンチャーのジェネラリストとして、なんとか体裁を保ち、世界大会にも出場できたいくつかの理由 (第二回回)

こんにちは、かるわざマー君です。
前回のnote投稿では、初投稿にも関わらず、結構な感じで、ネットを騒がせられたんじゃないかなって思っています。

なんせ、知らない人から「スキ」を3つももらったわけですから。
人生で告られた回数を一晩で超えるってなかなかじゃないかなって。

さて、一部の方からは、第一回の投稿について、「本文の内容が、題名の核心に全く突いていない」という厳しい指摘をいただきました。

もっとみる

詩「シティボーイにサヨナラ」

グッバイ シティボーイ
飾らずに生きていこう

下北沢 歩いてると
ニット×シャツのハンサムボーイ
出逢った瞬間 キュンキュンキュン
恥ずかしくて 思わず目をつぶった

トレンドなんか気にしない
人の目なんか気にしない
絵に描いたようなヤツだから

シティボーイはキライさ
気取ったメガネのアイツヘ
ガツンと大きな一撃 喰らわせてみせろよ

代官山 歩いてると
グローバーオールのシティボーイ
出逢っ

もっとみる