映画【ジョーカー】みてきた!

少し、自分見ているようで恐怖を覚えた!!
外部と自分を感じつつ、今の環境や人に感謝を持たないとな!と思った映画だった。

素直と純粋さは大切だなぁ。

映画 ジョーカー

やっぱり精神科に未練があるのか
ストーリーとかなにも知らず、
ただの怖いお話だと感じていたけど。
精神科にまつわるお話だと伺い、観ることにした

レイトショーで観た直後
日付も変わり、車通りが少なくなった寒空にて
小躍りでもしたくなった
もしくはブランコに乗りたかった。立ち漕ぎで。
でも良い感じの、人通りが少なく、薄暗く、
そして古ぼけたスポットライトのような電灯がなかったから諦めた
…いや、本当

もっとみる

一ヶ月前に観たジョーカーの感想

時期が経って世間の熱も冷めてきて、僕の記憶もほどよくおぼろげになってきて良い頃合いなので感想を書きます。

はじめに言ってしまうと僕は普段そこまで頻繁に映画を観る方じゃない上にバットマンの知識も皆無なので、あくまでこの作品単体で受け取ったイメージを綴ったものになります。ご了承をば。

ついでに言うとこれから観るつもりだって人も、前情報を頭に入れないで観るのがベストだと思います。
友達と一緒にポップ

もっとみる

JOKER(ジョーカー) ネタバレ考察

先週のレディースデーでやっとこさ「Joker」を観てきたものの、あれから一週間毎日映画の内容について考えて眠れない日々を過ごした。

DCシリーズはバットマン ビギンズを開始15分でやめてしまった人間なのでDC作品について何か語る資格は無いのだが、とりあえずジョーカーだけは122分ちゃんと観たので語らせてほしい。

所感

前評判が良かったので何の予備知識も無くとりあえず観ておこうと思ったのがきっ

もっとみる

ジョーカーを見た話

『ジョーカー』を見てからずっと体調を崩している。季節の変わり目でもあり乾燥してきたこともあって、別に特別変わった体調不良でもなんでもない。けれど、体調不良の一端には知恵熱のような症状があると思う。知恵熱を起こしたのは「一体、なんで『ジョーカー』なんて映画が私を惹きつけたのだろう」という問いに一端がある。そんな気がしている。

体調不良の中、今のところ思い当たった『ジョーカー』の秀でてるところをメモ

もっとみる

ジョーカーがコメディアンで一発逆転狙わなくてもいい社会に生きたかったよな

もはやネット上の考察ツイートだけで半分観た気になっていたジョーカーをやっと観てきた。
事前の評判を見るに、生きづらい人間に肩入れしてしまいがちな人間は気持ちが沈むだろうな、、と予想していたのだが、思ったより引いた視点で見ることができたというか、変な表現だがなんとなく爽快な気分すらした。
「無敵の人」、「キモくてカネのないおっさん」などのワードで形容されている作品であるが、私が観終わった後の最初の感

もっとみる
ありがとうございます!!
9

ジョーカー

明るくなった映画館を去る人々の顔が、空気感が、重い。

公開前から話題になっていた「ジョーカー」を観に行った。

社会情勢、世間の嘲笑、暴力、偏見、理不尽、信頼していた者からの裏切り。純粋に「笑い」を届けたいという志を持って生きてきた男が世間から笑い者にされ、見捨てられ、最終的にたどり着いてしまった末路。

おそらく男は、自分の存在を理解し、認めてもらいたかっただけなのだろう。

心の病を持つ者に

もっとみる

神話、政治、仮象-『ジョーカー』感想 素案

・ウェイン家との仮初の血の繋がり→王の器の付与(運命づけられた王位を巡る争い→ダークナイトへ)
・オリジン・ジョーカー説(バットマンとの時代のズレ、複製されるジョーカー、伝染する狂気)
・アーサーがジョーカーに至るまでの神話性(人間性の消失、崇められる対象、キリストのモチーフ)
・母という呪縛(エディプスコンプレックス、虐待の後遺症による精神障害、養子という真実の隠蔽)
・『ツァラトゥストラ』との

もっとみる