バットマンのロゴを勘違いしてた。

いつのときも思い込みってある。

小学校低学年の頃、同じクラスの少しやんちゃな男の子が着ているTシャツがずっと気になっていた。黄色と黒の不思議な絵が描かれている。

『なんで口?不気味』

黄色の部分が目立って、こっち見て笑ってる感じで怖くて。男の子が学校に着てくる日はなんだか嫌だった。

その後、バットマンのロゴの黒いコウモリに気づいたのは、高学年になった頃だったろうか『あっ、そうか』と軽いアハ

もっとみる

バットマンがぬけさく先生にしか見えない

子供のころ、バットマンのマークがなんで幼児の口みたいなんだろうと思っていた。

 映画はめちゃくちゃカッコいいのに、マークがこんなにもダサいなんて、なにか深い意味でもあるんだろうかと、ずっと首をひねっていた。

 

 たぶん、子供の頃に放送していた「ついでにとんちんかん」のせいだと思う。

 ぬけさく先生の口元を、30秒ほど見つめてください。

 

 そしてバットマン。

 大人になったいまで

もっとみる

【海外マンガ事情】というわけでアメコミ『クライシス』で夏休み読書感想文を仕上げてみました

前回の記事でご紹介したアメコミの大作『クライシス』について、有言実行、夏休みの読書感想文として以下にまとめてみました!

なつやすみは、おじいちゃんとおばあちゃんのおうちで、クライシス オン インフィニット アースズを よみました

スーパーマンがふたりも でてきたり グリーンランタンが たくさんいたりして おもしろいです

でも いくつものれきしがひとつになったとき かたほうのスーパーマンがきえ

もっとみる

【海外マンガ事情】夏休みの読書感想文にオススメ!究極のアメコミこと『クライシス』!

夏ですね。私もあと少しで仕事に区切りをつけて子供らと夏季休暇を取ろうとしています。

夏休みならば、普段はとても読まないような厚い本を、しっかりと読み込む時期にしてみたいですよね?というわけで、お子様の読書感想文の題材にもピッタリな、壮大な大河物語を紹介しましょう!

『CRISIS on Infinite Earths』です!

「アメコミじゃないか!」と怒るなかれ。これこそ20世紀のアメコミを

もっとみる

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の感想

ワンダーウーマンの登場シーンが一番興奮したという映画。バッドマンとスーパーマンの立場はどうなのよ。

DCエクステンデッド・ユニバースの2作目。ダイアナちゃんの登場でちょっと暗さが薄らいだけれど、やっぱり暗い。

もっとみる

レゴ互換のアイアンマンやスパイダーマンなどのアベンジャーズスーパーヒーロー達

皆さんは、子供の頃にヒーローもののテレビ番組を見て、自分も強くなれた気分にならなかったでしょうか。

おそらく、大多数の人たちにとって、ヒーローやなんとか戦隊と名前の付いたものは子供の頃憧れの的だったはずです。

最近、見つけた、大人になってからでも懐かしい気持ちになれるミニフィグがあります。

いかにも子供が好きそうなデザインです。

両手にこのフィギュアを持って、体を目いっぱいに使って幸せそう

もっとみる

沈黙が僕たちの武器なら……「僕たちは希望という名の列車に乗った」と「沈黙する教室」で、自由について考える

1956年、東ドイツ。「ベルリンの壁」建設の5年前、まだ人々に東西の往来が許されていた頃。高校生のテオとクルトは何かと理由をつけては列車に乗り、西ドイツに遊びに出かけていた。ある日、二人は映画館で見たニュース映像に衝撃を受ける。ハンガリーで起きた民主化運動が暴動に発展し、彼らと変わらない年齢の若者たちが武器を手に戦っていたのだ(1956年10月、ハンガリー動乱)。いてもたってもいられなくなった二人

もっとみる

『ニンジャバットマン』

2019年4月28日、夜
Netflixで鑑賞。
詳しくはググってね。

①パラレル、転生、召喚
DCもマーベルも日本アニメも
そういったジャンルがウケている。
理論的に、科学的に合わないこと
でも、多くの人たちがハマるのは、
現実逃避とか、そういうことでは
なく、(それもあるかもしれないが)
パラレル、転生、召喚、
そういった世界が科学的に
現実的になってきてる感を
肌感で感じ始め出している

もっとみる