#144 のあそびっこプロジェクトをしている私は、「ドラム缶風呂?焼き芋?森の中で大人も子どもも関係なく、みんなで自由に遊びたい!!」

あなたの「好き」「得意」なこと、
ほっちのロッヂャーでやってみたことは何ですかインタビュー。

ほっちのロッヂャーになって頂いた方の中で、
お手紙で回答頂いた方をご紹介していきます。



(できるだけみなさんの手書きの文字、人となりの雰囲気をお伝えしたいと思い、記入頂いたものをそのまま掲載しています。郵便の関係で、多少文字が読みづらくなっていることもあります。ご承知ください。)

1.お名前

もっとみる

就活生へ! │土日休みに友人達とスノボに行けて楽しい!│先輩社員の休日休暇ホンネトーク-3

今回も不動産会社の池袋本社の若い先輩営業社員が休日休暇の過ごし方について語っています。
今回は土日休みを利用し、スノボに行ってる社員さん二人目のお話しです。
不動産関連の会社で土日休みは珍しく、友人たちと休みも合うので、二日間目いっぱいオフを楽しむことが、平日の仕事にも大いにプラスになっているようです。

弊社の採用サイト。こちらもご覧ください。
https://www.azest-gr.co.j

もっとみる

就活生へ!│週末はほぼスノボに行っています。│先輩社員の休日休暇ホンネトーク-1

今回は不動産会社の池袋本社の若い先輩営業社員が休日休暇の過ごし方について語っています。
今回は土日休みを利用し、ほぼ毎週末友人たちとスノボに行ってる社員さんのお話しです。
不動産関連の会社で土日休みは珍しく、友人たちと休みも合うのでリフレッシュにとても良いとか。平日の仕事にも大いにプラスになっているようです。

弊社の採用サイト。こちらもご覧ください。
https://www.azest-gr.c

もっとみる

HKK入院日記 1日目その3

担当医「ドクターヘリで札幌の病院に行きます」

そう告げられました。ドクターヘリ????もう驚きです。診察室に妻🐼も呼ばれます。PC画面にはバキバキになった骨の画像が表示されていました。

「うわ、この人すごい折れてるのよく分かるなあ、これ」

と思いながら自分のはどうなってるんだろう?と待っていると担当医が

「これ、koni氏さんのです」

「!!!!!!!!!!」「これわしのなん?????

もっとみる

HKK入院日記 1日目その2

2019年2月27日11:30頃に事故発生→スキー場駐在の山岳レスキューによって下山。待機所に運ばれる。

「ああ、やっと揺れが終わった」とホッとしているとカバーは開けられ、暖かい部屋の天井が見えました。体はガチガチに固定されています。

また別の隊員が声をかけて来ます。状況確認や症状を何度も確認されます。これはこの後病院でもずっと確認され続けます。「引き継がれないの?」とも思いましたが、伝達漏れ

もっとみる

HKK入院日記 1日目その1

2019年2月27日11:30頃
北海道ニセコアンヌプリスキー場にて事故発生

2泊3日のスキーツアーに4人で参加中の出来事でした。
毎年恒例北海道のパウダースノウと美味しいものを堪能する旅行。
今年は2年ぶり。

初日は移動日でニセコのホテルに宿泊しその翌日朝から滑る日程でした。
何本か滑った時点で2年ぶりの滑走のためか足にはすでに疲労が感じられていました。

妻🐼とゲレンデ中腹にある休憩どこ

もっとみる

遊び過ぎてポンコツに

白馬でいつものメンバーと遊ぶ様子をまとめた動画。

色んな人とシーズン中は遊ぶけれど、こんなに笑うメンツはこのグループしかなく、いつも帰る頃には喉が痛くなり、次の日はポンコツ。

年に2回くらいなので、ま、ポンコツでも良いだろう。

#スノーボード #冬 #ゲレンデ #雪山 #スノボ #スノボー #長野

もっとみる

聴き過ぎない。

どうもー!今季最後のスノボを楽しんで参りました海です。今年は5回くらい滑りに行けて大満足。1シーズンでわりと上手くなったかなーって思ってます。

さて、そんなスノボ帰りの電車がまさかの踏切内安全確認で止まっておりますが綴りたいと思います。みなさんって一個の物事を習得するのにどれくらいの回数だったり月日を要しますか?物にもよるし人にもよると思います。自分はスノボでまともに?スキー中級ちょい上くらいの

もっとみる

すべてのことに全力で。

オッケー。

今年に入ってから、noteだけは毎日更新するって決めた。

雨ニモマケズ風ニモマケズ

ただ黙々と更新してきた。

風邪でぶっ倒れていた日もあった。

予定パンパンで目が回りそうな日もあった。

疲れ果てて寝てしまいたい日もあった。

でも、僕は更新を欠かさなかった。

それが、僕の、僕なりのケジメだから。

僕自身との約束だから。

たとえ世界の最後の一人になっても、僕は僕のことを

もっとみる