ゾフルーザ

「ヘイト書き込み失業」と「ゾフルーザ禍」「子宮頸がんワクチン問題」から、この国が文化大革命に向かう事を考える。

突然の有料化で驚かれた方もいるかと思います。今後の文章は、特別な場合以外は「公開から一週間から10日で一部を非公開にして150円で買っていただく」と言う風にしてみようと思います。色々と考えた末ですが…本当にすいません。

「インフルエンザの革命的特効薬」が急激に効かなくなり始めた。

 インフルエンザの画期的な薬と言われてる「ゾフルーザ」が、急激に効かなくなってきてて、インフルエンザのウィルスが耐

もっとみる

ゾフルーザを初体験しましたが、確かにこれはめっちゃ効いてる気がします

なんか月曜日の夜から悪寒がするので、今年の花粉症きついのかな?とか思ってたんです。

熱を測っても微熱だし、鼻風邪かなぁと思って、火曜日も普通に出勤しようとしたんですが。
出がけに妻に、今年のインフルは熱上がらないらしいよ、と言われたので、気になって会社出勤の途中にある病院で検査してもらったところ。

出ちゃいました。
インフルエンザA型君。

やはり流行り物には、のらないと気が済まない体質なんで

もっとみる

インフルエンザにかかりにくい部屋づくり?!

感染しやすい生活習慣

「インフルエンザ予防に、こまめに手洗い。マスクもしっかりつけて、身体の中にウイルスを入れないように!」そう心掛けているあなたにも、見落としがちな予防ポイントがあります。それは、「部屋の中」から出来る予防対策。家は、長い時間を過ごす場所ですから、お部屋の環境も予防のためには重要なポインなのです。
では、どのような部屋が、インフルエンザにかかりやすい部屋なのでしょうか?

1.

もっとみる

いつも外来で偉そうに診療している医師が、家で我が子のインフルエンザを看病して初めて知った「病児の親の気持ち」を綴っておきます。

こんにちは、森田です。

ニュースでやってましたが、今年のインフルエンザ、史上最高の感染数みたいですね。

日々の外来診療でも、インフルエンザの患者さんが例年以上にわんさかやってくる印象なのでなんとなく「そうかもな〜」という納得感があります。

ということで、、

普段医者として患者さんや子どもたちを診るときは、こんな記事みたいにエビデンスとか、薬を使うメリットとデメリットとかを説明しながら偉そう

もっとみる

食事でも対策できる!?  インフルエンザの薬と食事

インフルエンザに感染したら

予防を心掛けていても、誰もがかかってしまう可能性のあるインフルエンザ。感染してしまったら、どうしたらよいのでしょうか?

そもそもインフルエンザにかかってしまったのかどうか。見分けるポイントは急な発熱や全身のだるさ。インフルエンザかも、と思ったらまず病院で診察を受けましょう。診断キットを使った診察は、15分程度ですぐ結果が出ます。そのまま薬も処方されるので、医師の指示

もっとみる

早くも耐性で話題の新型ポケモンもとい新薬ゾフルーザゲットだぜ!

必殺エンドヌクレアーゼ阻害でA型インフルエンザウイルスを撃退だ!(まじで早く頼む)

#ゾフルーザ #インフルエンザ

不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
7

ゾフルーザ錠20mgも供給不足?

昨年から新しい抗インフルエンザ薬のゾフルーザが発売されましたが、2019年1月18日現在供給不足となっています。他県の状況は不明ですが、当薬局においてはゾフルーザ錠20mgがすでに入ってこない状況となりそうです。ゾフルーザ錠10mgは随分と前から供給不足となっています。そのゾフルーザ錠10mgでさえ、今だに製薬メーカーから供給不足の正式な文書がでていないのは少し疑問を感じているところです。

イン

もっとみる

17日昼から39度ぶっ通しで耳も痛くて夜も、休んでも休んでも良くならなくてとても辛かった。泣いた。今朝になってやっと落ち着いた。病院にやっと行けた。鼻奥綿棒は屈辱ばかりでインフル判定出たこと無いんだけど、初めて陽性、インフルAだった。初判定で初タミフルかと思ったら話題のゾフルーザ

診察モヤモヤ

マジですか!?

本日、インフルエンザ(A)と診断されました。

週末から咳→悪寒→発熱があり、風邪かなぁと思い診察。インフルじゃないのを確認しに行ったのですが(笑)だからってわけじゃないけど、この診断は本当かなぁ?っていうのがずーーーーっと心にある…

病院の事情…

今朝のオープン時間に合わせて、家から一番近いクリニックへ行ったが、既に25人目Σ(゚д゚lll) いつも2人の医師で回すところ、

もっとみる

今年のトレンド

タイトルにまでしてしまったが、トレンドと呼ばれるモノの中には取り入れなくてよいものも多い。既にお察しの方もいるかとは思われるが、私は年初めからインフルエンザにかかりました。
インフルエンザは歓迎しないが、今年のトレンド、インフルエンザ新薬との出会いは歓迎に値する。今を輝く新薬、その名は「ゾフルーザ」。まるでドラゴンボールのフリーザみたいな名前だが、私にはあっていた。タミフルなどと違い、時短で勝負で

もっとみる