19716_ウィンストン・チャーチル

1.チャーチル見ました

①:私は、世界史に全く興味がありませんでした。ですので、高校のときに行われた世界史の授業なんて全く面白味を感じませんでした。ですが、何かの体験を通じて、【この人は本当に凄かった】という情報を聴いたときに、それに興味を示すことは有ります。ある機会で聞いたのが、ウィンストン・チャーチルという人物でした。え?そんな凄いって言うなら、その人の映画を見てみよう!となり、先日、見た次

もっとみる

悪いやつは誰だ?ドイツの授業に学ぶ

ドイツの学校ではナチス誕生からヒトラー独裁政権(ファシズム)、第二次世界大戦の終わりまでを最低2年間は時間を使うそうです。

『どういった状況でナチス政権とヒトラーを生み出してしまったか』を授業でみんなで考えるのだそうです。

そして授業の最後に先生が子供達に質問します。

「悪いのは誰ですか?」

子供達は口をそろえてこう答えるそうです。

「国民です」と。

僕はこのニュースを見てひっかかって

もっとみる

誰でもオンラインで観れるようにした、これが素晴らしい。1919年から1933年まで14年間のバウハウスの作品32,000点。ナチスが閉鎖したらしい。

RT.

『…バウハウスは本当に消滅したわけではない。この有名なドイツの美術学校が実際に存在したのは、1919〜1933年までのわずか14年間だが、その遺産は多くの方法で生き続けている。…』※1

『…ハーヴァード大学の膨大なオンラインアーカイヴだ。同大学では、絵画や素描、写真、彫刻などをはじめとした3万2,000点を超える作品をデジタル化して、誰もが閲覧できるように公開した…』※2

『…建築

もっとみる

東京オリンピック2020に、ベルリンフィル。独ナチスを讃えたヒトラー御用達のベルリンフィル。(;゜゜)

RT.

『なにか、東京オリンピックはお金使い放題なんか?安倍や森や関係者が金を出すんか?

「東京五輪・パラリンピック公式文化プログラムにベルリンフィル」

違うやろ?国民の税金やろ?
ギャラはいくら払った? 』※1

Sourse:※1

https://twitter.com/pecko178/status/1147464196218658816?s=09

『フルトヴェングラーがベルリン

もっとみる

“スイスの千畝”に着想を得た、少年たちの友情(園部哲)

「園部哲のイギリス通信」第8回
"THE GUSTAV SONATA"(グスタフ・ソナタ)
by Rose Tremain(ローズ・トレメイン)2016年出版

著者は1943年生まれの英国人でイースト・アングリア大学の現総長。余談ながら同大学はカズオ・イシグロやイアン・マキューアンなどの作家を輩出していることで有名だ。
さて、トレメイン。彼女は1976年以降14冊の小説を刊行しているが、邦訳は1

もっとみる
「翻訳書ときどき洋書」をご愛読くださり、ありがとうございます!
15

〈エッセイ〉〜アンネフランクはいつ殺されたのか 「アンネの日記」最大の功績〜

1、第二次世界大戦時とアンネフランク

1939年からヴェルサイユ体制が原因となって第二次世界大戦(以下WW2)が始まる。その中心となったドイツはイタリア、日本とともに枢軸国陣営としてイギリス、アメリカ、ソ連をはじめとした連合国陣営と戦争をすることになる。この戦争は1945年までの6年間続き、人類史上最大の戦争となった。当時のドイツはアドルフ・ヒトラーが牽引する国家社会主義ドイツ労働者党(以下ナチ

もっとみる

知られざるナチスの収容所

6月末、修論関係で人生2度目のポーランドに行ってきました。

ポーランドと言ったら、何を思い浮かべるでしょうか?

ショパンは有名ですね。ワルシャワの旧市街も素敵です。それとも、アウシュヴィッツを思い浮かべるでしょうか?

私は今回、時間の都合でワルシャワとグダンスクという街にしか行けませんでした。本当はルブリンという街に行きたかったのですが、それは次にとっておきます。ルブリンにはマイダネクという

もっとみる

感想文:政治神学(1)

1922年に当時34歳のカール・シュミットによって書かれた本である。本文は以下のようにはじまる。

主権者とは、例外状況にかんして決定をくだす者をいう。

 その後も、極限領域の概念を意味する限界概念。例外状況、国家論の一般概念として理解すべきものなど、聞きなれい単語や初見で理解するのが困難な文章が1Pには散りばめられている。彼は何に危惧し、何を希求したのか?

 一般的規範では、絶対的例外を把握

もっとみる

㉑参考資料の感想(ドキュメンタリー編)Auschwitz-Birkenau編14

見られるドキュメンタリーは、いくつかみたのだが、
自分的に興味深かったものだけいくつかピックアップ。
何年に、どこの国で制作か、というのもまた、みる時に一応参考にした。

『ヒトラーチルドレン/Hitler's Children』(2011年/ドイツ・イスラエル製作)

戦犯となり死刑になったナチスの最重要幹部、ゲーリング、ヒムラー、アーモン・ゲート、ルドルフ・ヘス(アウシュヴィッツ所長)、ハン

もっとみる