[G検定]受験時の検索用note

G検定の合格に必要な情報を覚書としてまとめています。
逐次、更新していきます。

■人物
・ジェフリー・ヒントン:Super Vision、AlexNet、ILSVRC2012
・スティーブン・ホーキング:「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」、「AIは必ず人間を超える」
・イーロン・マスク:「ネット上に巨大なAIが存在し、すべてを動かしていたら、私たちには止めようがない」、「AIの優位性を国家

もっとみる

G検定試験対策①人工知能とは何か

はじめに

日本ディープラーニング協会が主催するG検定。

AI(人工知能)のビジネス活用の資格として徐々に認知が広まってきてるように思います。

2019年3月9日の4回目の試験を実施し、受験者が1万人に迫り、合格者も6千人を超えるなど徐々に認知が広まって受験する人も増え続けています。

しかし、まだまだ始まったばかりの試験で合格するための学習環境が整っているとはいえず、合格するためにどのように

もっとみる

あっちゃん(attyan) さんの ★2019年5月★ マガジンを購入した人だけが見られるノートです。

バイアスのあるパーセプトロンと活性化関数
Kerasのニューラルネットワークの中では、基本はw(weight)とb(bias)両方を持っていますね。

執筆している本の前半のゲラの確認が出来て出版社に送ります。
後半が今日届きます。来週それのチェックに集中します。
こんなアナログなやりとりで
本を書いている実感を味わうことができます。

機械学習、深層学習の本のゲラが届いた!

ゲラが届きました!本の執筆の追い込みステージ!笑
これから数週間最終チェック!

最近の人生の半年以上はこれに捧げています!笑
内容ももっとお見せしたいですが、ここでちょっと我慢です。
レイアウトもデザインもされていて、図解、グラフ、写真、画面、フォントも綺麗になって、だいぶ本っぽくなってきました。

機械学習深層学習の初心者向けの内容ですが
微々たる力ですが
機械学習深層学習の初心者に役に立てば

もっとみる

とある場所のイベントの画像ですが
YOLOという(ディープラーニングの)物体検出アルゴリズムで
人、カバン、車などを見つけています。