聞いたことのないヒット曲

忌野清志郎がこの世を去ってからもう10年が経った。
だからというわけではないけれど、
そういえば「トランジスタ・ラジオ」のなかで
授業をさぼって屋上で聞いていたナンバーって
いったいどんな曲だったんだろう?
ふとそんな疑問が浮かんだ。

RCサクセション「トランジスタ・ラジオ」

1 どんなラジオだったんだろう?

清志郎は実体験を歌詞にしたと言っていたようなので、
たばこを吸っていたと歌っている

もっとみる

サブスク時代のヒットの法則  /  対談 with 梶望 #1

THECOO 株式会社代表の 平良 真人( @TylerMasato ) の対談シリーズ。今回のお相手は、宇多田ヒカルさんなど数々のアーティスト宣伝プロデュースを担当されてきた、梶望さん。

梶 望(かじ・のぞむ)
ソニー・ミュージックレーベルズ 第3レーベルグループ エピックレコードジャパン オフィスRIA制作部 部長  兼 ソニー・ミュージックエンタテインメント SDグループオーディション部

もっとみる

特集・1969年(第2回) 当時の日本の表のポップ・カルチャー(音楽、映画、📺番組)

どうも。

今月は、クエンティン・タランティーノの新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の公開を記念して、映画の時代設定となった1969年について、当ブログでは大特集しています。

一昨日に公開した第1回は、「1969年当時、日本はどういう社会状況だったか」に迫りましたが、、今回は当時の日本での、一般に流行ったタイプの、表向きなポップ・カルチャーについて具体的に迫ってみましょう。

もっとみる

ヒット作りのために必要な串焼き屋のマスター的なセンスとは

連日猛暑が続いています。お盆休みも近く、仕事終わりに仲間と串焼き&ビールを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

私も懇意にしている串焼き屋があって、その店のカウンターに座っていた時、あることを感じた瞬間がありました。

それは「音楽プロデューサーの仕事は、串焼き屋のマスターの仕事に似ているのではないか」ということです。

そこで今回は “ 串焼き屋のマスター的発想 “と “ ヒット曲作

もっとみる

Mark Ronson - Uptown Funk

テンションを上げたい時、この曲をループで聴きながらドライブするのは勿論、家事などをしても、ノリノリで楽しくなりますよヾ(*´∀`*)ノ💗

人は、自分の事しか関心がない!?

一言でいうと

人は自分のことに高い関心を示し、
オンラインになるとさらにその傾向は高まる

活用シーン

マーケティング、広告、自己啓発

内容

2012年ハーバード大学の研究
対面で話す場合、私的会話の約1/3の時間自分自身について話している
オンラインになると、その割合が80%に跳ね上がる。

◆◆◆◆

ソーシャルネットワークのコンテンツ分析をしているニュースウィップ社は、フェイスブック

もっとみる

あゝ無情

今夜はなんなんだ。
気がついたら眠っている。またしてもゆかで。いやゆか寝はいつものこととして、
起きたらお腹がすいている。
いましも起きて、「香燻屋」のソーセージを3本、「咖喱屋カレーのハヤシライスレトルト飯なし」を食べたばかりだ。
新日本プロレスのスイーツ好き、オカダ・カズチカのケーキの写真入りツイートみたいに

「ふとっちゃうー!」。

な心境の深夜。近頃めっきり食欲減退の私にしては

もっとみる

聖火リレーのように伝わっていく曲は今後生まれるか

先日の東京オリンピックのチケットの抽選結果に一喜一憂した人も多いでしょう。

聖火ランナーの一般募集も始まりました。聖火を手にして走るのはどんな気分なのか、一度は味わってみたいものです。

聖火はギリシャのオリンピア遺跡で太陽光を利用して採火され、空輸によって持ち込まれるそうです。

ソチ冬季オリンピックの聖火リレーでは、途中で火が消えてしまって、警備員があわててライターで付け直すという事件もあり

もっとみる