わたし169cmなんですけど高身長でよかったって思えることのがその逆より少なくて、でも最近YouTubeでビヨンセさんの動画観て初めて高身長女性の本当の魅力がわかった。あの圧倒的なオーラは高身長でないとだせない。

ブラック・ウッドストックとは?50年前のハーレム伝説の音楽イベントについて

【音楽】2019年8月22日
50年前、ウッドストックと同じ週末にハーレムで黒人達による平和の祭典「ブラック・ウッドストック」が開催されていた。その全貌について話しました!スライ&ザ ・ファミリー・ストーンは何を歌ったか / 公民権運動 / ブラックパンサー党 /’16スーパーボウルのビヨンセ衣装の意味など〜

もっとみる

DIGGIN' Beyoncé (ビヨンセ) 『Muro Presents KING OF DIGGIN’』 2019.9.4

MACKA-CHIN:80.0(エイティ・ポイント・ラブ)東京FM MURO Presents KING OF DIGGIN’ パーソナリティのMACKA-CHINです。

MURO:MUROです。

MACKA-CHIN:MUROさん、今晩もよろしくお願いします。

MURO:よろしくお願いします。

Muro Presents KING OF DIGGIN’ とは
MURO(ムロ)の膨大な音源

もっとみる

大好評!!CUTIEPAI・まゆちゃんのラジオ第2回目を早くも配信!!
今回はゲストにミュージシャンのマルさん(HONDALADY/土佐丸高校吹奏楽部/びーすてぃぼーいず/ )をお招きし豪華な内容です!!
CUTIEPAIの新曲についても聞けちゃうかも!?

マルさんのTwitterアカウント: https://twitter.com/pwei

番組タイトルもまだまだ募集中!
感想、質問などもコ

もっとみる

ナショナル・ジオグラフィックかと思った『ライオン・キング』

2019年公開映画120本中10位。

究極のナージベンニャー映画でした。
てか、映像ヤバッ、、、!
引くぐらいヤバかった。
マジでナショナル・ジオグラフィックかと思ったもん。
「あれ、サバンナのドキュメンタリーだっけ」って(笑)

オリジナル版の公開が1994年だから、もう25年も前なんだね。
当時、茨城に住む祖父に会いに行ったついでに、
叔母と映画館に見に行ったことを今でも覚えてます。

『ア

もっとみる

人気ラッパーが大麻産業に参入する件(日本じゃないよ)

▼たまたま山梨日日新聞を読んだら、小さいが面白い記事が載っていた。2019年7月12日付。共同通信配信の記事だ。

〈米人気ラッパー ジェイ・Zさん 大麻産業参入へ〉

〈【ロサンゼルス共同】米人気男性ラッパーで実業家でも知られるジェイ・Zさん(49)が10日までに西部カリフォルニア州の企業と提携し、大麻産業に参入すると明らかにした。米国では同州など11州で嗜好品(しこうひん)としての大麻使用が合

もっとみる

映画「ライオン・キング」感想 「無表情なハクナ・マタタ」に棒読みビヨンセ

どうも。

今日は、この映画の話題をしましょう。

今、全世界的に話題ですね。「ライオン・キング」の実写版。アメリカでも興行、すごい勢いですけどね。

これ、ちょうど今日、子供たちと見に行ってきました。子供は特に感想を言ってないんですけど、僕的には

・・・非常にツラかった(苦笑)。

いやあ、僕、この映画、前々からいい予感はしてなかったんですね。1994年のアニメの方はよくできてると思います。だ

もっとみる

2019年7月2週目のアフリカ最新ニュース:アフリカサッカーAFCON続報からビヨンセとスワヒリ語、中東の肥満、お金だけでない中国関係、曲がったピラミッドまで

2019年7/10-7/に取り上げたアフリカ最新ニュースです。
Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

#アフリカ 206 2019/7/10
【ウガンダは選手に37憶ウガンダ・シリング(1億円)を支給:AFCON】

もっとみる

格言_190716

私はギャンブルが好きではないけれど、

もし1つだけ進んで何かに賭けるとするなら、それは自分自身よ 

ビヨンセ

~Shimamurythm~

女の子の味方、ビヨンセはもはや単なるアーティストを超えた存在よ

女の子たちは皆ビヨンセが好きだ。

ビヨンセはディスティニーチャイルドとしてデビュー後、ソロに転向してからもその人気は衰えることなく今でも多くのファンがいる。

なぜ彼女がそんなにも愛されるのだろうか。

ドレイクが曲名にするほど(Girls love Beyonce)、特に女性からの支持が高い。

私はビヨンセの大ファンで、彼女の魅力を語れと言われたら一言では語りつくせない。

20代前半は毎日

もっとみる