1000冊くらい本を読むより、たぶん、ちゃんと学問を学んだ方がいいんじゃないかという仮説

どうもあらけんです。友達も少ないし、仕事と読書しかしてなかったから、ここ数年でおそらく1000冊くらいは本を読んだと思う。ただ、結論大半が、ビジネス的には無駄になったような気がしている。無駄の種類は3つある。

行為の無駄
 本を読んでも実践が難しい。問題意識ないと身につかない。

忘却の無駄
 結局知識も忘れるし、もっかい読むことになる。

理解の無駄
 無理に難しい本読むと理解に時間かかりすぎ

もっとみる

今の僕が考えるマーケティングとは

ども、ただの社会人です。
今回は僕がプランナーとしてどのようにプランニングを行っているのかをアウトプットしようかと思います。

noteを見ているとこんなことをふと、思いました。
『マーケティングに関して、顧客分析・戦略など1点を記入している記事は多くあるけど、結局マーケティングは顧客分析・戦略など一気通貫で考えられないと意味ないよな。』
なので、自分で一度作ってみようかと思います!

1.現状分

もっとみる

5forces(ファイブフォース)とは?ビジネスの外部環境を分析するフレームワーク

ビジネスにおける外部環境からの脅威を分かりやすく解説したのが「5forces(ファイブフォース)」です。

ハーバードビジネススクールの教授に史上最年少で就任したマイケル・ポーターが提唱した理論であり、登場から30年以上が経過した現在でも、ビジネス書などで解説されています。今回はそんな「5forces」についての概要、また発展型の6forces(シックスフォース)についても、触れたうえで、現代版と

もっとみる

コンセプトダイアグラムがわかりにくい理由の1つ

これは何

先週、一部で話題になったコンセプトダイアグラム。書き方に関する言及が多かったのですが、自分もちょっと思うことがあったので書きました。該当の記事に関する言及ではなく、タイトルにあるように、個人的に「わかりにくいだろうな」という理由を考えています。

細かいところは端折りました。不明点はどこかであったら聞いてください。

コンセプトダイアグラムとは

コンセプトダイアグラムは、清水誠さんが

もっとみる

例のコンセプトダイアグラムを10分くらいで描いてみた

そもそも何でこの話をするか

コンセプトダイアグラムというフレームワークがありまして、

コンセプトダイアグラムとは、顧客の心理変容と企業の施策を図解し、顧客の理解と施策の評価を行うメソッドです。
https://concept-diagram.com/note/about-concept-diagram/

それについて最近イベントでのセッション記事が、Web担さんに上がったわけです。

こちら

もっとみる

シンプルな問題解決フレームワーク。5つのステップで問題を解決する

今回は、問題解決についてです。

・仕事での問題をどう解決していいかわからない…
・問題解決力をもっと高めたい
・5つのステップで問題解決をする方法

こんな疑問に答える内容を書きました。

この記事でわかること

この記事で書いているのは、問題を解決するためのフレームワークです。

ビジネスなどの問題解決をするために、5つのステップで問題の理解とアクションを決める方法を、具体例を使って解説します

もっとみる

重要な意思決定をする時に使えるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)の後悔最小化フレームワークとは

ジェフ・ベゾスがアマゾンを始めるときに考え出した、後悔を最小化するためのフレームワークをご紹介します。

「上司にアマゾンを始めると相談しました。本を売るビジネスをやりたいと。」

「上司は、これはとてもいいアイディアのようだが、良い仕事につけてない人にとってもっといいアイデアだと思うと言い、48時間考えるように言いました。」

「大きな意思決定をする上で、何かフレームワークが欲しいと思いました。

もっとみる

『人生の指針レーダーチャート』

企業や事業は「使命(ミッション)」「信条(クレド)」「行動指針」が全てであり、それらが無いのであれば、その事業を辞めたほうが良いと思っているタチです。

経験上、使命・信条・行動指針に照らせば、迷いは9割は無くなり、無駄な会議や面談や付き合いや作業はバッサリなくなります。

はて、これを個人の人生にも応用できないか?
と考えました。

個人の人生は悩みや選択、分岐点の連続であり、体調と心の調子が弱

もっとみる

フレームワーク 〜 磨き その先へ 〜

TL;DR

フレームワークはコンサルタントにとっての武器の1つである。武器の習熟度をあげることも、状況により武器を使い分けることも大切である。

ただ、これからのコンサルタントにはフレームワークを活用した分析結果を提示するだけの仕事はなくなっていき、お客様と協働する頼れるバディ的な能力が必要になる。

自己紹介

こんにちは、いずもです。SIer、コンサルティングファーム、事業会社でキャリアを積

もっとみる