【遊】夜の公園でカブトムシ探し

公園の下見をした僕。
翌日の夜、カブトムシを探しに行ってきました。

下見では樹液の出ている木がなかったけれど、落ち葉がたくさんあり、ふかふかの腐葉土があったので、そこを中心に探してみた。

夜の公園はちょっとこわい。
暗いし、ウシガエル?の鳴き声がするし
どこからか人の足音?も聞こえる。

歩いていると…蝉の羽化

きれー
透き通っている

途中、小さなヘビにであったり
クモの巣も綺麗だった

もっとみる

ヘビが出た!

昨夜庭にヤマカガシが出ました。「出ました」というのは大げさですね。おとなしい性格のヘビですが、毒を持っています。オレンジのまだら模様を見せながら、クネクネと逃げて行きました。

僕は、「ヘビぐらいいるさ」と思うのですが、家族は大騒ぎ。 外に出ようとはしません。「ヘビが来るということは何かあるんだよね?」ともう大事件扱いです。

自然の中で遊ぶことは、色々なリスクがあります。怪我や、こういった危険な

もっとみる

オーストラリア・ケアンズでコアラ抱っこしよう! ユニークすぎる動物園!!

今回はオーストラリアのケアンズの旅行記です!

 

では、さっそく一番初めに行った場所からご紹介します!

 

 

●海岸線(ラグーンプール) 

初めに行ったのは、ズバリ海です!!

 

空港からタクシーで20分ほどで海沿いまで行けます。

 

そして着いてみてびっくり!

 

なんと海から小道を挟んでプールがありました!

 

その名もラグーンプール!

 

ケアンズの海はビー

もっとみる

「出会い」はどう作るか?

今、朝の8時30分だが、今日は既にいろいろな出会いがあった。

写真はうまく鮮明にとれなかったが、親ガモが10匹ぐらいの小ガモを連れて道を道を歩いていた。私は犬を連れていたので、親ガモは身構えた(親カモさんすいません)。

同じ緑地の近くを歩いていると、今度は小川のそばで、カラスがなんと蛇を咥えている。私が犬と近づくと、蛇を加えたまま木の上に飛んでいって枝の上で蛇を戯れている(食べようとしている?

もっとみる

発想の転換!苦境を楽しむコツ

春から夏へと変化していく、この季節。徐々に装いも夏向きになってきました。私は、今年に入り生活習慣病の糖尿病を患い体重が約10キロ減となり着るものも大幅に変化していきそうです。

糖尿病の治療では主に食事療法と運動療法があります。一日の総カロリーが以前に比べると圧倒的に低くなりました。美味しい物は糖と脂で出来ているので、一つ一つの食事には工夫するようになりカロリー制限の中でいかにおいしい物が作れるか

もっとみる

軽くはない

先日、蛇の解体をした。

捕ってきたシマヘビを2匹解体して、夕食のおかずとして食べたのだ。

こいつが

こうなった。

味付けは、甘だれの唐揚げである。骨がけっこう硬かったが、味はよかった。

蛇の解体は今回で2回目だったが、前回と違い、ちゃんとした手順を教えてもらってから解体することができた。

でもやはり、簡単なものではない。なにかの命を殺めることは、決して軽い気持ちではできないと改めて感じ

もっとみる