ポップカルチャー

女性声優・雨宮夕夏に売れて欲しいと思います。雨宮夕夏を分析すると、「雨宮」は「芸名」で(6月生まれとか?)「夕夏」は『イリヤの空、UFOの夏。』という作品のモジりの「芸名」だと感じます。それか「雨宮」は「特撮監督」の「雨宮」という人のモジり「芸名」かもしれません。とにかく売れて!

レモネードスリーパーのアカウントの方も、フォローお願いいたします。
6

好きなものを好きと言いたい

突然ですが、あなたは趣味を聞かれたら何と答えますか?

例えば初対面の人との話題として、はたまた小学生の時によく書いたプロフィール帳の中の質問で。生きていると意外に趣味について言及される場面が多いものです。

私の一番の趣味とよべるものは、好きなアニメ・ゲームなどのコンテンツや声優さんなど(ざっくり言うと推し)を愛でて心を豊かにすることなのですが、これは残念ながら、初対面の相手や、そういう事柄に理

もっとみる

でんぱ組.incの古川未鈴が結婚したけれど、結婚式に向けて、もう、でんぱ組.incの周辺のスタッフたちは「ウェディング電波ソング」の楽曲制作に入っていると思う。いや、あの例の曲が、もう既に「ウェディング電波ソング」なのかもしれない。「ウェディング電波ソング」は「超能力系」~!?

【コスプレイヤーを世界のアイドルに!】~ビジネスモデル考察Vol.47~

■背景
アニメやゲームはビジネス化されているが、コスプレは個人の趣味の領域を超えられていない
⇒コスプレもビジネスに出来るのではないか

■ターゲット
コスプレイヤー、観客

■ビジネス詳細
・日本発祥のコスプレを、国内外のポップカルチャーとして普及、活性化
⇒kawaiiを世界へ発信
・コスプレの楽しさの発見、応援ができるオーディエンス参加型アプリ「COSPO」の開発
⇒コスプレイヤーがコスプレ

もっとみる

Hello icon 3!

前回、モンローとウォーホルの名を挙げたのは、世界的な超有名人だから、という理由だけではありません。
ふたりが「最もわかりやすいポップアイコンの象徴だから」です。

「ポップアイコン」はもとは美術用語で、特に現代美術、ポップアートとの関連で使用されます。

ウォーホルの作品はその代表的な例であり、そこで再三にわたって取り上げられたのが、マリリン・モンローです。

ウォーホルが描き始めたとき、彼女はす

もっとみる

【「レモネードスリーパー!!」復活!!~チェンジングなお知らせ!~】

・『レモネードスリーパー!!』ギャグライター・考察ライター・電波ソングライターなど、としてリニューアル・アップグレードして、復活させました。チェンジ!!(ペンネームと肩書きをオバマ大統領ばりに!)ヨロシコ!!

『ジャーナリスティック×ギャガーズ』の方も、スキお願いいたします。
6

縄文はポップカルチャーだ

縄文時代に発掘されるものは、そのわけのわからないものを含め、すべてが僕らと同じ庶民の文化。庶民の文化だからこそ身近に感じることができるし、その手触りに想像力が膨らむのだと僕は思っています。

ハニワって土偶でしょ、と、よく混同される古墳時代とはその点ではっきりと違う。古墳がどうのというわけではないけど(権力者の墓が肥大化している点で象徴的だけど)、日本の歴史は弥生の終わりから権力者の歴史が主になっ

もっとみる

ブロック・オリジナルソング・ライティング!!!!volume.1『雷波ソングを歌え!!!!』

題名『雷波ソングを歌え!!!!』

(※オリジナルソングのブロック・パートです!)

雷波ソング!!!!歌うよ 雷波ソング!!!!語るよ

雷なんて頭上に落ちるよねっ! サンダーボルトで電波喫茶

貼り紙貼られてビラ配り ビラを配ってエクスタシー!!

アブノーマルで危険な香り アブストラクトでラクトアイス

スイカバー咥え 雷波ソング~~~~~~歌えっ!!!!

『ジャーナリスティック×ギャガーズ』の方も、スキお願いいたします。
6

【レモネードスリーパー( )の真理note!!】

(1)

マッコイ斎藤さんの演出するテレビ番組は、深夜番組みたいに「30分」という枠で放送して、その構造の中で遊んだ方が、面白いと感じる。「1時間~2時間」とかの枠だと内容に少し飽きが出る。深夜番組的な枠の番組がニーズだと思う。

ポップ・カルチャーの楽しみ方。そして映画の文化的効率がいいって話。

こんばんは、CDをジャケ買いしたら同じCDが家にあった方のろくたろうゾンビです。

みなさん映画見てます?
見てないなら見たほうがいいですよって話、グダグダします。

映画、ていうか「ポップ・カルチャー」って?

 突然ですが僕は「ポップ・カルチャー」が大好きです。
ポップ・カルチャーとは映画、アニメ、漫画、音楽など「大衆的な娯楽文化」のことです。因みに、一部の文学、音楽、ゴリゴリのクラシックなど

もっとみる