ルーベンス

名画をゆっくり鑑賞 マウリッツハイス美術館 【オランダ・ハーグ】

オランダにはアムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、エッシャー美術館、ボイマンス美術館(ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館)など様々な著名で格式のある美術館が存在します。

オランダ第3の都市ハーグ(デン・ハーグ、Den Haag)にあるマウリッツハイス美術館(Mauritshuis Museum)もその例に漏れず、レンブラントの『テュルプ博士の解剖学講義』、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女

もっとみる

僕の芸術の見方〜フィリップスコレクションとルーベンス展〜

芸術はお笑いに似てるところがあると思います。

全く芸術に触れて来なかった僕ですが、今年に入ってちょっと触れる機会が多くなり、展示会に行ってちゃんと見ていたら、なんかそう思ってしまいました。

少し前になりますが、僕が初めて自分のお金で行った展示会がこれ。

フィリップスコレクション。

こちらのバージョンもあるのです。

まず簡単に説明から。

フィリップスコレクションとは、アメリカにある初の近

もっとみる

憧れのマティスを見て、僕なんだか眠いや・・・シューデル美術館 フランクフルト旅行記3

こんにちは。yuya工房です。

3日目になりましたフランクフルト旅行記。

次の大型連休は8月。お盆休みをうまく絡めると9連休という人もいるかもしれませんね。

次の遠出に思いを馳せるための参考資料として是非是非最後までご覧いただければ嬉しいです。

====

1日目、2日目はこちらから↓↓

物乞い少女と欧州一の金融街 フランクフルト旅行記1

懺悔室と関西弁。僕はひょうきん族を知らない フ

もっとみる

バロックとかいう最高峰の芸術期

前回は、ルネサンスの偉大なる巨匠5人を紹介していきました。

今回は、その5人の時代を経て、始まるバロック時代について分かりやすく説明させていただきます。

まずは、バロック期の美術を説明するにあたり、言葉ではなく、実際の絵で説明した方が早いと思いますので以下をご覧ください。
また、その際に、ぜひ思いつく限り、「違い」を挙げてみてください。

いかがでしょうか?
違いを挙げられましたか?

分かり

もっとみる

【アートのミカタ15】ルーベンス Peter Paul Rubens

【人物】超王道インテリ

17世紀で最も国際的な名声を得たバロックの画家、ルーベンス。
貴族画家として肖像画や神話画などを描いていただけでなく、建築家・外交官など、彼の才能は多岐にわたり発揮されたと言います。
絵に描いたようなインテリ人生を歩み、絵に描いたように貴族に賞賛され、他の画家とは一線を画した人物です。

「フランダースの犬」のラストシーンでおなじみの画家といえば、多くの方に伝わるでしょう

もっとみる

ルーベンス展で学んだこと

ルーベンス展に行ってきました。
フェルメール展にも行きたかったんですが、ルーベンス展と常設展をちらっと見ただけで3時間か4時間くらいかかってしまい疲れたのでフェルメールはまた今度に😂

ルーベンス展のお土産コーナーはとても充実していたと思います😄スタイリッシュで、普段使いしたいと思えるものもしっかりありました。
とくにフランダースの犬のリップやミントタブレットは人気のようでした。

やっぱりグ

もっとみる

念願のルーベンス展へ❤

今日は久々のオフにして国立西洋美術館のルーベンス展に行ってきます。
Youtubeで絵の解説をしてるので、これも勉強のうちだけど😍

ほんとに幸せな時代に生まれたな〜

フランダースの犬のネロが死ぬ間際まで見たがった作品はルーベンスの描いたもので、それくらい人の心を掴んで離さない魅力を持っている画家ですよね。

思いっきり楽しんできます!

もっとみる

ルーベンス展を観てきた-PART1★蓮の花 デザイン&アート 多摩市 | LOTUS Flower Design & Art-163

上野の国立西洋美術館で開催中のルーベンス展を観覧、その感想を中心にお話ししています。
カラバッジョとともに好きなバロックの画家ルーベンス、大作も展示されていて楽しく観てきました。動画では語ってませんが群像の絵画はフジタの戦争画を彷彿とさせられました。

https://youtu.be/NUNXkZffjko

(part2に続く。)

展覧会サイト
http://www.tbs.co.jp/ru

もっとみる