ほうれん草とコーンのお好み焼きとキムチとアボカドの蕎麦焼きそば

ほうれん草とコーンのお好み焼き
キムチとアボカドの蕎麦焼きそば
もやしとレタスのサラダ

インスタの3枚目は何日か前に作ってみて失敗したお好み焼き。4枚目はその際少し残った生地に試しに野菜を追加して焼いてみたら何か良い感じにできたお好み焼き(お好み焼きと言って良いか分からないですが。野菜焼き?)。今回よりこの2回目が一番上手に焼けました、再現できてない(汗)。最初の生地と今回の生地の違いは、最初は

もっとみる

【スタミナ丼】【超簡単レシピ】【ベジタリアン、ヴィーガンについて考える。】半年ぶりに買ったお肉でとびっきりに美味しいお昼ご飯を作ったよ♪

お久しぶりです♡

今年の5月から、ずっと長いこと興味を持っていたヴィーガニズム(菜食主義)を緩めに試し始め、約半年が経ちました。

と言っても、付き合いもあるので、お肉を全く食べていなかったわけではないですし、まだ勉強不足で栄養価を取りきれる気がしなかったので、お魚は週に2回ほど食べていたので、ヴィーガン生活をしていた訳ではないのですが、、、

自分で作るものは、できるだけ菜食中心を心がけていた

もっとみる

上手に巻けなかった巻き寿司とミニ三色丼(四色?)

上手に巻けなかった巻き寿司
寒天と糠漬けのサラダ
お味噌汁
ミニ三色丼(四色?)
野菜スティック

巻き寿司を作ったことが無かったのですが、作ってみたくなって作ってみました。上手に巻けなかったのですが、まぁ、何事にも最初はありますし、海苔も残っているので、また後日挑戦したいと思います!(笑)上手に巻けるようになりたいです。味は美味しかったです。残った具材で三色丼も作ってみました。楽しかったので、ま

もっとみる

草食系の強さが好き

人間は食べ物によって作られる。何を、どんなものを食べるかで、その人の性格も変化するーー。

数年前に、マクロビや野菜メインの料理教室をしていた友人からそんな話を聞いた。ベジ関係の料理教室を開きたいと思う人はたくさんいるけれど、いわゆる"草食系”な彼女たちは利益の追求をあまり求めない。逆に、女性経営者を目指す人々の集まりに行くと、食事会は決まって肉料理になるという。

「"健康にいいから"と言って子

もっとみる

ルビー色の実と自分で焼くワッフルのこと

その男はセックスまでも神経質な男だった。

なんていうか、くせのない、つまらない普通のセックスは、比較的嫌いと言うわけではない。ただ淡白でも暖かみとか、不器用でも優しさとか、そういう人間ぽい営みがわたしは好きだから、普通でよいのだけど、彼の場合は普通というかは、神経質な感じがした。

とりたてて不具合があったとか、何か言われた記憶は全くなくて、酷くノーマルな短いセックスは、気持ちよくも痛くも痒くも

もっとみる

ヴィーガンメニューとアレルギー表示は全ての飲食店にあったらいいなという当事者のボヤキ

タイトルの通りなのですが、まあまあ切実なボヤキです。

最初に整理しておくと、僕は甲殻類アレルギーを持っています。重度ではありませんが、食べると喉が痒くなったり、熱っぽくなったりします。今の所エビだけが問題を引き起こしますが、あえてカニを食べることもしません。

パートナーが肉(四つ足)アレルギーです。食べると腹痛と吐き気を引き起こします。マダニに噛まれることで、発症することがあるそうです。我が家

もっとみる

変な味のお茶

その店で、わたしは韓国人を装っていた。装っていたというか、ふつうに間違えられていた。名札には、Sooと書いてあった。漢字は、洙。

ピンクの長いロング丈のスカートと、セットアップの軽い上着はすごく可愛くて、とても気に入っていた。ちょうど足繁くヨガに通っていた時期で、もっとも食と自分の身体がダイレクトに反応しあっていた気持ちのいい時期だった。足やら腕やらが自由に動くうえに、裸足でずっといられるその格

もっとみる

豆乳蕎麦湯寒天の黒蜜柿寒天

豆乳蕎麦湯寒天の黒蜜柿寒天

黒蜜寒天を作ってみました。蕎麦をよく食べるので、蕎麦湯に寒天を入れて固まらせるようにしていて、今回は豆乳を入れたものも使ってみました。柿も美味しいですね。秋は美味しい果物がたくさんです。

続きを下記に書きました。

もっとみる

春雨豆腐チゲ(?)と蕎麦湯寒天サラダ

春雨豆腐チゲ(?)
蕎麦湯寒天サラダ
モリンガ茶

蕎麦をよく作るので、蕎麦湯に寒天を入れて固めておいたものを使ってみることにしました。普通に蕎麦湯に寒天を入れただけのものと、豆乳を追加したものを作っています。

詳細は下記に書きました。

もっとみる

オーストリアのBIO(オーガニック)ワイン農家さんに1週間滞在し、ワインづくりのお手伝いと体験をさせて頂いたお話

【お仕事・veggy online】
『世界のヴィーガン放浪記』コラム内で、オーストリア・ゾースの、すべて手作業で愛情たっぷり込めてつくっていらっしゃるBIO(オーガニック)ワイン農家さんに1週間滞在し、BIOワインづくりのお手伝いと体験をさせて頂いたお話をご紹介させて頂いております。

前編 
https://veggy.jp/travel/4120/

後編
https://veggy.jp/

もっとみる