三渓園 中秋の名月 観月会 19.09.12 18:00

三渓園で恒例の観月会が始まった。
つまり中秋の名月に向けて月を愛でようという企画。
中秋の名月自体は明日の夜なのだけれども、どうも明日は曇天の予報。
なので、中秋の名月イブを楽しむことにした。

月を愛でる。なんとも良い響き。
夜は街灯に照らされた明かりの絶えない街で暮らしているから、あまり月に思いを馳せるっていうことは少ない。
でもそんな生活ができるようになったのも、太平洋戦争が終わり、高度経済

もっとみる

秋の味覚

昨晩は、『前回に引き続き、パンダ塾の話を書こうかな。あ、そういえば9月が終わるから、9月の和菓子のことを書かなきゃ!』と思っていたのに、なぜか真夜中に家の片付けを始め、そのまま疲れて寝てしまった。

どうして真夜中に銀磨きを始めたんだ? どういうテンションだったんだ?
やれやれ、真夜中は怖い。



さて、そんなわけでちょっと季節はずれになってしまったけれど、初秋の和菓子のご紹介。



もっとみる
ありがとうございます! 気に入ってもらえて嬉しいです😆
19

狼が欲しかった月(中秋の名月)

とある昔、美しい月がどうしても欲しかった狼が池に移った月を夜空の月と間違え、捕まえようとして池に落ちました。

手に入らない美しさにみいられました。
手に届くからこそ深く、みいられました。

狼は知りませんでした。

月のように丸い黄色い実があるのです。

器や盆に水を張ると小さな池になり、鏡にもなるのです。
その器の上に実を乗せれば、空から落ちてきた月になるのです。

小さな黄色い実と器を知らな

もっとみる
ありがとうございます!また書いたら、覗いてみてくださいね。
1

月が見えないのは曇り空のせいじゃない

中秋の名月、皆さんの地域では見ることができました?

 東京は予報では曇りでどうかなぁと思ったのですけれど、宵の頃にはいい感じにお月様を拝むことができました。

 僕は月に愛されているって自覚があります。

 うぬぼれではなく、見上げれはそこにいつも月があるからなんです。

 僕の名前は太陽と書いてふとしと読むんですけどね
 これは父がほぼ勝手につけた名前で、母はそのことについては納得はしていなか

もっとみる

空について

9/14、今日が中秋の名月だということを、googleのロゴマークがウサギ仕様になっているのを見て知った。

非常に現代的だ。

今や、空を見る機会もめっきり減ってしまった。

そう気づいたことで逆に、意識的に空を見ることが最近少し増えた。

最近入道雲を見て、雲の中で1番面白いのは入道雲なのではないかと思った。

こんなにも面白く白い塊が、自分が閉鎖的な部屋にいるときにもぷかりと空に浮かんでいる

もっとみる

娘と 二人三脚 (5e)

今宵は快晴では無かった。
中秋の名月を「観察」するのには不向きかもしれないが、古来からの風習を「愛でる」のには適していた。薄い雲が拡がる後ろ側をぼんやりと灯っていた時もあれば、雲の合間からひょっこりと顔を出すこともあった。月が一番映えるのはやはり朧月だろう、薄い雲が月に纏ったように霞を帯びている姿は何故か心を打つものがある。

妻とアユミが朧月夜を歌いながら、ムツミの両端であやしていた。母娘だけあ

もっとみる