いま思えば、この『ジャーナリスティック×ギャガーズ』こと「ジャナギャガ」というギャグと考察のネット雑誌も、既に何か月か前には、レモネードスリーパーのnoteの方で「真理を伝えるメディアが少ない」とか「真理を伝えたい。ふざけつつ。」って、つぶやいてるんですよね。人って不思議ですね。

レモネードスリーパーのアカウントの方も、フォローお願いいたします。
6

未来予言について

未来についての予言や預言は、識別の必要なテーマです。予言とは予め前もって与えられた言葉。預言とは神から預かった言葉のことです。
予という漢字には、以前は豫が使われており、ゆとりをもって備えるという意味があります。
ゆとりをもって備えるための予言や神から預けられた預言ということが、識別にも役立つと思います。
調和ということから考えても、未来の情報を言語的な知識で与えることは、デメリットがいっぱいあり

もっとみる

続・未来が見えると?

もう少し続けてみます。(挨拶)

未来が見えたとして、あれこれ考えていましたが、オチ見つけました!

天気の子ではなくて、君の名はでした!

エンディングにかけての展開ですね。

ディアマト彗星ですよ!!

正確には、予知ではないですけど、それに近い状況かと思いまして。

そんな蛇足を思ったりしただけです!

以上!

虫の知らせ「別離」

あれは大学2年生。

夏休みに友達二人と3泊4日のタイ旅行を計画した。
この旅行は女子だけで行こうと話していたため、当時付き合っていた彼には「留守番ね」と伝えた。
同棲していたわけではないが、住んでいたアパートが同じで部屋をよく行き来していたので、もう同棲しているような感覚だった。

出発の日、アパートから最寄り駅まで彼と一緒に行き、彼は駅で見送ってくれた。
タイに着いてからは、タイの文化や食べ物

もっとみる

成功するには

私達は生きていくうえで何事もどのように成功するかが永遠の課題ですよね

話は変わりますが、

私はとにかく人と話すのが好きなことから、

ヒッチハイクを高校生の頃からしてるのですが、

みんな、乗せてくれるのかよ〜って小馬鹿にしたように言ってきますし、

これを読んでるあなたもそう思ったでしょう。

けっこう乗せてくれますよ!!

どんな人が乗せてくれるかというと、共通として、

とにかく余裕があ

もっとみる

虫の知らせ「自転車のざわつき」

大学二年の夏、ある日の夜7時過ぎ。

当時住んでたアパートの自転車置き場が無性に気になりました。
通学に使っていた自分の自転車を見に行かなきゃどうにかなりそうな程の強迫観念に襲われたのです。

「見に行かなきゃ!」と読んでいた本を乱暴に床に落として玄関に向かい、サンダルに足を押し込んでドアノブに手をかけたところで、はたと冷静になりました。

なんでこんなに自転車が気になるの?
脈絡もないし、なんか

もっとみる

未来を予知する能力を持つ男?【斎藤一人】

もし、あなたに未来を予知する特殊能力があったら、その力をどのように活用したいですか?

きっと、事前に未来に起こるリスクを回避し、身近な人のことを助けることができるでしょう。

でも実際は、ほとんどが的中しない嘘の情報ばかりで、詐欺や宗教などの胡散臭い人に振り回されるのがオチですよね。

もし、その人の言っている未来の予言が的中するのであれば、それを証言できる人がいるはず。。

⇒ ひとりさんの予

もっとみる

33.私の不思議体験

33.私の不思議体験

さて、今回は“私の不思議体験”をつづろう。

私の不思議体験は数えるほどしかないが、今回は怪談的なことはやめて、ワクワクな不思議体験をお伝えしよう。

その体験談は
「終わってなかったの?!ワールドカップ!」だ。

高校生の時、友人の家の車に乗せてもらったとき、たまたまカーナビゲーションでテレビを見ていた。それが、ワールドカップだった。

そして、それが準決勝だったのだが私

もっとみる

不思議体験「予知夢」

数年前の春、約1か月間体調を崩していた時がありました。

最初は確か食あたりで38度の発熱と下痢。解熱後さらに39度の発熱が数日。そして解熱後さらに40度近くの発熱。このときはインフルエンザ判定をもらいました。
熱が下がって数日して出社したのですが、その日の夜、何となく喉が痛くなったので鏡で見てみると、扁桃腺あたりが真っ赤に。
ここしばらく免疫が弱ってたから風邪ひいたかなと思い、とりあえず喉の薬を

もっとみる