[ 総まとめ ] オファリングモデルを活かした事業運営(3/5)

■ オファリングモデルの導入にはさまざまなキーワードが存在する

オファリングモデルの導入手順を足早に説明してきたが、これにビジネス上のキーワードを重ね合わせてみよう。小野寺工業の新事業立上げストーリーにはさまざまなキーワードを盛り込んだが、ほかにもキーワードはある。
簡単に説明しておこう。

・ 市場成長率 / 規模
「魅力的な市場」とはどんな市場なのか。それを効果的に評価するには「成長率」と「

もっとみる

史上初?子ども専用のカーカタログ

【ダイレクトマーケティングの成功事例】

ダイレクトマーケティングとは、アメリカのダイレクトマーケティング協会(DMA)の定義によれば「一つまたは複数の広告メディアを使って、測定可能な反応あるいは取引をどんな場所でも達成することのできる双方向のマーケティングシステム」のこと。

ダイレクトマーケティングは企業が小売業や卸売業、広告代理店など、中間業者を通さずに見込み客や顧客と直接コミュニケーション

もっとみる

「まずは絵にしろ」と言われたとき、あなたはどんな絵を描きますか?

「まずは分かりやすい絵にしてくれないか」

これは上司が部下に対してよく口にするセリフです。
ビジネスでスピード感が重視されるに連れ、現場では長い文章は敬遠されるようになり、ひと目でわかる「絵」が求められるようになりました。Microsoft PowerPoint(マイクロソフトが提供するプレゼンテーション用のアプリケーションソフト)の登場が、この状況に拍車を掛けました。

「絵にする」という言葉

もっとみる

レクサス=トヨタは周知の事実でも、隠すことに意味がある

【デ・ブランディングの成功事例】

デ・ブランディングとは、あえてブランド名(あるいは親ブランド)を表に出さずに、ロゴやシンボルマークなどでマーケティングを行う戦略のこと。

企業やブランドの色やイメージを消すことにより、消費者との新しいコミュニケーションを再構築することができる。

トヨタの信頼感を土台に、レクサス独自の高級感を訴求することに成功

1989年に日本製の高級車として北米に登場した

もっとみる

H&Mの縫製が少し粗いワケ

【フォーカス戦略の成功事例】

「やらないことを決める。それが経営だ」

かつてスティーブ・ジョブズがGoogle創業者のラリー・ペイジに対してアドバイスしたこの言葉は、経営者の金言として語り継がれている。

やらないことを決める。その英断は同時に、やるべきことに全神経を集中させることも意味する。

ホースで水を撒くとき、ホースの先を潰して出口を狭めると水は勢いよく出る。

やらないことを定め、や

もっとみる

GUはユニクロを価格競争から救った

【カテゴリーキラーの成功事例】

カテゴリーキラーとは、ある特定の分野において、圧倒的な商品数と低価格化を武器に勝負するブランドのこと。

直訳すると「カテゴリーの殺し屋」である。カテゴリーキラーの出現によって、競合他社の売上高が大きく減少し、同カテゴリーからの撤退や縮小に追い込まれることからこう名付けられた。

カテゴリーキラーはブランドイメージを構築しやすく、業界トップの座を勝ち取れる可能性が

もっとみる

化粧品でも「富士フィルム」の名を生かす理由

コダックが経営破綻したとき、富士フィルムの売上高は伸長していた

2012年、写真フィルム産業の世界的リーダーであるイーストマン・コダックが経営破綻した。

テジタルカメラや携帯電話カメラが台頭し、写真フィルムの需要は急速に減少。「完璧な製品を作ることにこだわって変化を拒んだ」(英エコノミスト誌)ことで、事業転換を図れなかったことが原因とされている。

これには日本が誇る写真フィルム産業の雄、富士

もっとみる

[ 総まとめ ] オファリングモデルを活かした事業運営(2/5)

■ マトリクス型事業運営の悩みをオファリングモデルが解決する

オファリングモデルは事業運営の基礎をなす。
意志薄弱な行動を繰り返してきた事業運営は、オファリングモデルの採用により大きな第一歩を踏み出すこととなる。オファリングモデルという背骨を獲得し、しっかりとした歩行が可能となるのだ。
複雑なマトリックス型の事業運営を行う組織ならなおさらだ。オファリングモデルは、マトリックス型で混乱する事業を救

もっとみる

「スゴい」CEOの3つの特徴とは?-マッキンゼーによる600名超のCEO調査より

マッキンゼー・クォータリーの2017年の人気記事で第二位になっていたこの記事。2004年から2014年の期間に在任した、S&P500企業のCEO600名超をマッキンゼーが調査し、傑出した業績を挙げた「スゴい」CEOの特徴を3つにまとめている。

なお、この調査では「スゴい」CEOを、在任期間中に株主へのリターンを+500%以上に高めたCEO、と定義している。

外部からの登用

1つ目の特徴は「外

もっとみる

[ 総まとめ ] オファリングモデルを活かした事業運営(1/5)

■ オファリングモデルは単なるセット販売ではない

オファリングモデルの説明をすると「うちでも似たようなことはやっています」という反応が返ってくることがある。詳しく聞くと、そこには「オファリングモデル≒セット販売」という勘違いがあった。
はっきりと言っておこう。オファリングモデルは単なるセット販売ではない。

セット販売とは、これまでバラバラで販売していたものをひとまとめのセットにしたに過ぎない。

もっとみる