Youtubeが作る僕の趣味感は"正しい"か

AIに趣味が作られる時代

僕は音楽が大好きだ。中でも邦楽ロックが好きで、よくライブハウスに足を運んでいる。駆け出しでまだそこまでお客さんが多くないような、でも素晴らしい音楽を奏でているアーティストを見つけると、心の底から嬉しくなってくる。

ここ数年で、僕のアーティスト探しのメインツールはYoutubeになっている。ミュージックビデオを作成するアーティストが増えたというのもあるが、それよりも何よ

もっとみる

運命を刈り取る、人格と習慣の総体。

「これから」あなたが、本気で人生を変えていくためには、

あなたの内側にアクセスして、

あなたの【規格】を、

変えてしまう必要があります。

この世界には、こんな格言があります。

思いの種を蒔き、
「行動」を刈り取る。

「行動」の種を蒔き、
『習慣』を刈り取る。

『習慣』の種を蒔き、
【人格】を刈り取る。

【人格】の種を蒔き、
運命を刈り取る。

これは、

あなたの「思い」が出発点と

もっとみる

コロコロか、ボンボンか、それが問題だ

生まれ育った我が家には、ひとつの呪いのようなものがありました。
各家庭にビデオデッキが普及した頃、家電好きだった父がいち早く購入したのは、後にスタンダードとなる「VHS」ではなく「ベータ※1」でした。ファミコンが一世風靡すると、なぜか我が家にやって来たのは見たこともない「SG-1000II(セガ) ※2」でした。同級生がマリオの話題で盛り上がる中、誰とも共有できない「ハッスルチューミー」のスコアが

もっとみる

シュピリ/罪と罰㊦

シュピリ/罪と罰㊤からの続きです。

私はキリスト教に詳しくないが、奈ザレ(=ナザレのイエス)の想いはソコソコ感じて知っている積もりです。それで私はキリスト教を躾(しつけ)の思想と捉えているし、奈ザレを人格形成の思想家と捉える。躾の思想に染まると人は教養を重視するようだ。そして人格形成の思想に染まって人は対話を重視する。私はキリスト教と奈ザレに特定して述べているのでなく、教養と人格形成の比較の一例

もっとみる

家族というもの、を振り返ってみる(3

大概の生き物は、生殖行為によって生まれる。

人間もまたしかり。

しかし人間だけは、生まれたときからしばらくは、とても弱い存在で単独では生きていけない。

育てる事が必要になって、育てる場を家庭というのだろう。

母について振り返ってみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回までに書いたように、良くも悪くも、うちの家庭は父を中心に動いていたといえる。

その影で、母は苦労し

もっとみる

シュピリ/罪と罰㊤

(罰したい心)悪心を書きながら松永美穂氏の「100分de名著アルプスの少女ハイジ」の名講義に心を馳せていた。当然ですが私はハイジの心をあなたに強いるものではありません。親の背を見て育つ子‥であればハイジはシュピリを体現するしかないでしょうが、誰であれ私たちにはソレゾレの想いが保障されて当然です。仮にです‥この記事は目障りだから誰の目にも触れないようにしたいとあなたが想うのは保障されるべき基本的人権

もっとみる

【気まぐれエッセイ】2種類の長女

兄弟構成によって、性格って多少変わると私は思っているのだけど、皆さまはどうだろうか。

同じ家庭で同じような教育を受け、両親がなるべく平等に育ててくれたとしても、兄弟構成って人格形成に影響を及ぼすと思うのだ。もちろん、持って生まれた性質や、家庭の外での人間関係などによっても変わるのだろうけど。

私がこう思っているのは、4人姉妹の1番上である祖母から、年の離れた弟や妹の面倒を見た少女時代の話をよく

もっとみる
「スキ」ありがとうございます╰(*´︶`*)╯また遊びに来てね!
4

転校人生と「よそ者」の処世術

スクラップ&ビルドで学んだ楽な人間関係へのヒント

人口10万人ほどの地方都市で、転勤族の親のもとに生まれ、小学校、中学校、高校ともに途中で転校することになったため、いわゆる「地元」や「故郷」という意識を持てる場所がないまま育ちました。

誰かと仲良くなっても、その土地の何かに思い入れを持っても、どうせしばらくしたら離れ離れになってしまう、という意識が常に頭のどこかにある状態で多感な時期を過ごした

もっとみる