50ccエンジンの世界最高速に挑みます!

24日からボンネビルで走ります

クライアントである日進工具がメインスポンサーをしているSuper Minimum Challengeという、50ccエンジンの世界最高速度記録に挑むイベントが、この8月24日からソルトレイクシティで行われます。
このプロジェクト自体に私も一年超関わっており、ようやく、トライできるマシンが完成しました。

日米同時にプレスリリースしました

この度、IRコンサルティ

もっとみる

基本合意後に、取引先の離脱があり、企業価値(Valuation)を減算する場合の話

FAの仕事について、今回はクロージングまでです。

デューディリジェンスを行った結果、普通は二次入札が一次入札より金額が上がることは、普通はありません。

デューディリジェンスの結果、実は技術の優位性がなかったとか、大口先との契約が落ち切り(再契約なし)だったりとか、粉飾っぽいとか様々なネガティブ要素が出てくるからです。

仮に二次入札でも複数のバイヤー候補先が参加したら、買収金額含めた二次入札の

もっとみる

アーリー期のスタートアップ投資におけるValuationの実際

皆さんこんにちは。ケップルアカデミー総合プロデューサーの藤原です。今回はValuation(企業価値の算定)のことを書いてみようと思います。

利益も出ていない(下手したらプロダクトもまだない)スタートアップに投資するときの企業価値ってどうやって決めてるんですか?というのはよく聞かれる質問です。業界で成果を上げられているベテランキャピタリストの方々などは「Valuationはアートだから」という、

もっとみる

アサヒ、豪ビール事業買収について

はじめに

先日、アサヒグループホールディングスがビール世界最大手のABインベブから豪州ビール事業の買収が発表された。記事によると買収金額は約1兆2000億円と巨額買収であった。

日本企業による巨額買収がニュースになるたびに、買収金額が高すぎる等の論拠のない批評が飛び交う。確かに、約1兆2000億円という金額は巨額である。しかし、それが理論的に高すぎるかどうかの判断は理論的に可能である。今回は限

もっとみる

かんぽ生命を資本市場の目線で考えると、まだまだ安心するできないと感じた理由

みなさま、こんばんは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」も1万部達成と有難いだけでなく、本で触れている企業不祥事についても沢山のご関心を頂きました。今回は、企業不祥事としても話題のかんぽ生命について記していきます。

*かんぽ生命に何が起きた?

下記の日経新聞の記事にもあるように、職員への郵便過剰ノルマが不正にもつながり、保険料を二重に徴収する

もっとみる

ダウンラウンドトラッカー

NYのスタートアップ専門調査委会社CBInsightsは2015年からどれぐらいのスタートアップがダウンラウンドまたはダウンexitしたかを公開している。

このリストによると2015年以降、少なくとも40を超えるユニコーン企業がダウンラウンドまたはダウンエグジットを実施しているようだ。

もっとみる

中堅B2B企業にブランディングは必要なのか?

B2B企業って何?

まずはおさらいから。B2BはBusiness to Businessの略ですから、個人ではなく企業に対してモノを売る商売のことです。B2B企業と一口に言っても、すべての企業を対象とする、コンサルティング会社や広告代理店のような商売もありますし、部品メーカーのように、ある特定の業界でしか使われない部品を提供するような商売もあります。

今回は、後者のようなB2B企業について考え

もっとみる

「IPレバレッジ」という考え方 ~ 企業価値を増大させる「知財の取り方」

以前、こんなことを書きました。

僕個人の、これに関する課題意識は、米スタートアップの分析を集中的に行い始めた3年ほど前からありました。その後、発明塾でも討議し、一部の企業様とも、意見交換を繰り返してきました。

「知財の取り方次第で、企業価値は、大きく向上させられる」

僕は今、割とはっきりと、関係者の方に そう 言っています。

それを

「IPレバレッジ *」

と、呼ぶことにします。

もっとみる

ワークマン(7564)企業価値分析レポート

こんにちは。第4弾の企業価値分析レポートは、ワークマン(7564)です。

他のレポートと同様に、2018年7月25日付けのショートバージョン(https://note.mu/yukiyagi/n/n0a296dda3f8c)もありますので、定性的なポイントのみの確認には、こちらをどうぞ。

2018年9月に1号店がオープンしたばかりのWorkman PLUSがこれだけスピーディに大きく結果を出し

もっとみる

ブランディング講座6 動画の威力

動画は文字の5000倍の威力

文字と写真では情報量は7倍違うらしく、それが動画ともなると5000倍いらしいです。ほんとかどうかは知りませんが、そういえば何か調べる時、googleでなくyoutubeで調べることが多くなりました。

もう文字読むのも面倒な怠惰な状況です。

特に、車のメンテナンスなんかを調べる時は、確実に動画です。やり方まで絵で見てわかるのは楽ちんです。

料理の時もそうですよね

もっとみる