企業業績

日本電気硝子の2019年Q2決算を読み解く~5Gでグラスファイバ需要増えるか?

今回は日本電気硝子の決算をみていきます。

日本電気硝子は特殊ガラス製品の製造、販売を行っているメーカーです。

具体的には、ディスプレイ用ガラス、ガラス基板、カバーガラス、ファイバーガラス、フィルム状ガラスなどなどです。

使用用途としては、液晶ディスプレイやスマホ筐体、各種電子部品、光部品医療機器などですが、とりあえず用途が多様すぎてすべてを解説しきることはできません。

今回は重要なものにつ

もっとみる

住友金属鉱山の2019年Q1決算を読み解く~ニッケル粉が車載バッテリー向けに需要拡大~

今回は住友金属鉱山の決算についてみていきます。

住友金属鉱山は日本を代表する資源・鉱山・精錬銘柄です。

同社は特に、銅・ニッケル・金などの採掘と精錬に強みを持っています。

近年、ニッケルは自動車向けに三元系リチウムイオンバッテリー用の正極材としての需要が急増。

同社の精錬事業にとっても追い風となっています。

まずはいつものように、同社の直近決算からみていきましょう。

住友金属鉱山 20

もっとみる

ステラケミファの2019年Q1決算を読み解く~半導体処理用フッ素化合物の世界シェア1位~

今回はステラケミファの決算をみていきます。

ステラケミファは半導体製造用の化学製品を製造している企業です。

同社は特にフッ素化合物に強みを持っており、12N(99.9999999999%)以上の高純度精製化に成功。

エッチング剤や洗浄剤などでは世界シェア6割超を誇る他、ステッパー用レンズの添加剤、リチウムイオンバッテリー用の添加剤なども供給しています。

今回は半導体業界向け化学メーカー、ス

もっとみる

日本製鋼所の2019年Q1決算を読み解く

今回は日本製鋼所の決算をみていきます。

日本製鋼所は、知る人ぞ知る企業でしょう。

原発の炉や真空装置、産業用圧力釜など各種プラント用設備を鍛造で作るほか、鋳造技術でも有力。

近年では、M&Aによって樹脂製造・加工機械分野でも非常に意欲的な製品を多数開発している企業です。

まずは直近決算の解説をする前に、日本製鋼所の事業内容などを軽く説明しておきます。

日本製鋼所の事業内容

もっとみる

エリクソンの2019年Q2決算を読み解く~5G通信機器の大本命~

今回はエリクソンの決算をみていきます。

エリクソンはスウェーデンの通信機器メーカーです。

特にモバイル通信向けの設備で非常に有力であり、5G通信機器ではファーウェイ、ノキアとともに3強の一角を占めています。

米政府は5Gを安全保障の要としてみており、中国の覇権を防ぐためにファーウェイを排除する方針です。

これにより、ノキアとエリクソンの2強による寡占になるのではないか、と予想されています。

もっとみる

フェローテックの2019年Q1決算を読み解く~半導体製造用真空シール、サーモモジュール世界シェア1位~

今回はフェローテックの決算を見ていきます。

フェローテックは半導体関連事業を幅広く行う企業です。

特に磁性流体を利用した真空シールでは世界シェア7割超でトップ企業となっているほか、ペルチェ素子を利用したサーモモジュールなどでも有力な企業のひとつです。

同社は研究開発型の企業であり、半導体のコア事業を中心に横に事業展開を行っているユニークな経営をしています。

今回はそんな同社の事業内容の解説

もっとみる

MCJ(マウスコンピュータ)の2019年Q1決算を読み解く

今回はMCJ(マウスコンピュータ)の決算をみていきます。

MCJは乃木坂46のCMで知られるパソコン販売中堅マウスコンピュータの親会社(持ち株会社)です。

ただ、MCJはマウスコンピュータの事業だけを行っているわけではありません。

むしろ、それ以外の事業の方がウェイトが大きかったりします。

今回はそのあたりの事情などを含めて、同社の決算を見ていきたいと思います。

まずは直近決算からざっく

もっとみる

三井不動産の2019年Q1決算を読み解く

今回は三井不動産の決算をみていきます。

三井不動産はいわずと知れた日本を代表する不動産会社です。

主に日本橋~東京駅八重洲口方面のオフィスビルを多く扱っているほか

郊外では三井アウトレットパーク、ららぽーとなどの商業用不動産も多数展開。

また、対消費者向けとしては、パークコート、パークタワーなどのブランドでマンション分譲事業も行っています。

さらには傘下のREITなどのプロパティマネジメ

もっとみる

SCREEN(スクリーン)の2019年Q1決算を読み解く~シリコンウエハ洗浄機世界1位~

今回はSCREEN(スクリーン)の決算をみていきます。

SCREENは半導体製造および印刷機器の大手メーカーです。

とくに枚葉式のウエハ洗浄装置やフラットパネルディスプレイ用のコーターデベロッパ、オフセット印刷用CTP装置で世界シェア1位となっている他、

プリント配線基板用直接描画装置シェアでも世界有数の企業となっています。

今回は同社の決算を通しながら、半導体製造装置業界全体の動向につい

もっとみる

ピーエス三菱の2019年Q1決算を読み解く~プレストレストコンクリート床版工事・橋梁修繕を背景に高水準の受注残高~

今回はピーエス三菱の決算をみていきます。

ピーエス三菱はプレキャスト・プレストレストコンクリート工法を主体にした建設会社です。

同社は土木、建築どちらも行っていますが、とくに高速道路や鉄道・新幹線などの高架橋の建設、長大なコンクリート橋梁などで定評があり、この業界の国内トップ企業となっています。

近年、国内インフラの老朽化の影響もあり、橋梁の架け替えなどが急務となってきています。

また、高

もっとみる