親族内承継の株式の渡し方

以前、親族内承継の課題の一つに、

資金の準備(引き継ぐ資金を準備できるかどうか?)
→現在は様々な制度が利用できますので、その辺りを調べておくことで準備ができます。

が、あることを書かせてもらいました。

事業承継というのは、社長を引き継ぐだけでなく、株式も引き継がなければいけません。

少し難しいですが、社長を引き継ぐのは代表取締役の’登記’を変更するだけです。
株式の引き継ぎは、親族の場合

もっとみる

M&A仲介会社のビジネスモデルと主要プレーヤーは?

引き続き事業承継のM&Aですが、近年存在感を増してきているのがM&A仲介会社になります。

有名な会社をご紹介すると、
・日本M&Aセンター
・M&Aキャピタルパートナーズ
・ストライク
・山田コンサルティング
・経営承継支援
・名南M&A等があります。

M&A仲介会社が行なっていることはシンプルで、会社を売りたい人と、会社を買いたい人をマッチングすることです。

マッチングが成功すると、株式の

もっとみる

M&Aの注意点と専門家の選び方

前回に引き続き事業承継のM&Aですが、どんな注意点があるでしょうか?

一般的なイメージとしては、
・自社ブランドが無くなってしまう
・株式が安く買い叩かれてしまう
・身売りのイメージがあり世間体が良く無い
・従業員の雇用が守られない
・機械や不動産など資産だけ持って行かれてしまう
・そもそも乗っ取りで好き放題されてしまう

このような印象があるかもしれません。

しかし、これら世間の印象は、全て

もっとみる

第三者承継とは何の事?

第三者承継とは、いわゆるM&Aのことです。最近は新聞などでも目にする機会が増えてきたのではないでしょうか?

これまで見てきた親族内承継、従業員承継に加えて、近年、メジャーな選択肢になりつつあります。

M&Aは、親族でもなく、従業員でもなく、他の会社や個人に会社を譲り渡すことです。
色々な定義がありますが、会社の株式を丸ごと他社に売るということです。

日本では昔からM&Aは「身売り」というイメ

もっとみる

従業員承継の課題

従業員承継とは、例えば創業から一緒にやってきた取締役や、工場長、番頭さん等に会社を引き継ぐことです。
このような会社も多いと思います。
これにはどのような課題があるでしょうか?

・そもそも引き継ぐ適任者がいない。
・適任者が複数いて選べない、他の従業員が納得しない。
・適任者はいるが、リスクを取って引き継ぐ気が無い。
・取締役に引き継ぐ予定だが、能力が足りない。
・取締役に引き継がせて取締役の人

もっとみる

親族内承継の課題

親族内承継とは最も一般的にイメージされる事業承継で、親から子供(そのほか親族)に会社を引き継ぐことです。
ただ、他の承継と同様に引き継ぐ際のハードルもあります。

これにはどのようなものがあるでしょうか?

・そもそも引き継ぐ子供がいない。
・子供はいるが、都会で仕事をしていて、引き継ぐ気が無い。
・子供に引き継ぐ予定だが、能力が足りない。
・子供に引き継がせて良いのか分からない。
・業界の先行き

もっとみる

承継と再生

事業承継とよくセットになる論点に「再生」があります。

平成21年に施行された金融円滑化法(これは中小企業の業績を改善するために、臨時的に融資などの条件を変更すること)の対象となった中小企業は40万社程度です。

当然ですが、後継者からすると、赤字の企業を引き継ぐのは怖いわけです。

中小企業は一般的には銀行からの借り入れがあり、その多くは経営者個人の連帯保証付きです。
つまり会社に何かあったとき

もっとみる

知らないといけない事業承継3パターン

1、 事業承継の3パターン

事業承継は、3つに分けられます。
・親族内承継
・従業員承継
・第三者承継
です。

親族内承継とは、いわゆる、親から子への事業承継です。
私の場合もこれに当たり、2代目経営者として、実の父親から当社の経営を譲り受けました。(正確には、株式が移ることを言いますが、代表取締役を譲り受けることも同じような意味で使われます)。
現在日本では後継者不足で廃業が加速していると言

もっとみる

【日刊ZOE NEWS】Salesforce.comがBIツールベンダTableauを買収/物流から見る店舗の価値のあり方と、グローバルの競争で見た物流戦略の重要性<角井 亮一×山手 剛人>

2019年6月16日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

Salesforce.comがBIツールベンダTableauを買収、「これまでにないほどSalesforceの分析機能は強化される」

日本のデジタルマーケティング目線ですが、この買収はかなりインパクトが大きいです。

「データの可視化」という観点で、Tableauが広く導入されてきているだけに、Tablea

もっとみる

https://jp.techcrunch.com/2019/06/11/2019-06-10-salesforces-tableau-acquisition-is-huge-but-not-the-hugest/
セールスフォースのタブロー買収は大規模だが史上最大ではなかった

巨大企業の買収が分かる記事。最高額はEMC買収の670億ドルで、次がRedHatの340億ドル。これ以上の企業買収も十分起こると思うので、こういった情報も注視したい。

あなたのスキで私の寿命が1時間伸びるくらい嬉しいデス!
1