傲慢と善良

本屋さんのInstagramの29の活用事例とアイデアまとめ_随時更新

本屋さんがSNSに力をいれるときに、選択肢のひとつにInstagramがあがります。現状活用されている本屋さんと読書アカウント、InstagramのEC連携などの情報をまとめたので、ご活用ください。

本屋さん活用事例 店舗数が多い書店さん11の事例

まず、書店数が多いチェーン書店さんを中心にピックアップします。

チェーン書店さんのリストアップは、下記サイトより、店舗数20位内の書店で「店舗名

もっとみる

今日のホン『傲慢と善良』

アエラドットに載っていたこの鳥飼茜さんの書評に惹かれて読む。

さすが鳥飼先生、書評の粋を超え、ひとつの短編を読んでいるようだ。
そのなかでもこの一節、

誰かこの鬱屈から外に連れ出してくれ。
そういう運命だと、誰か私に決めてくれ。それなら、全てを捨ててそこに賭けられるのに。

シクシクと、胸が締め付けられる、身に覚えがありまくるからだ。
アラサーを過ぎた女性ならだれしもが経験したことのあるであろ

もっとみる

読書感想文:辻村深月「傲慢と善良」

読んでいる間、ずっと脳内の自分がのたうちまわっていた。もうやめてくれ。それ以上、言語化しないでくれ。辻村深月の『傲慢と善良』は、目を背けたくなるような”恋愛”小説だった。

「その人が無意識に自分はいくら、何点とつけた点数に見合う相手が来なければ、人は”ピンとこない”と言います。−−−−私の価値はこんなに低くない。もっと高い相手でなければ、私の値段とは釣り合わない」

小説内に出てくる結婚相談所の

もっとみる

<おすすめ最新刊情報>〜3月小説編①〜

個人的なおすすめ小説最新刊をまとめておりますので参考にしていただければと思います。

①「死にがいを求めて生きているの」朝井リョウ (著)

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間に横たわる“歪な真実”とは?毎日の繰り返しに倦んだ看護師、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。交わるはずのない点と点が、智也と雄介

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!励みになります!
4