児童発達支援事業所

領域連携で地域のリハビリテーションは確実にレベルアップする

発達障害の子供さんへのかかわり方は、大人の高次脳機能障害や認知症の関わり方へのヒントが多い。

小児領域のグループでの関わりは高齢者の集団の関わりのヒントになる。

障害者福祉領域の報酬改定と介護報酬の改定はリンクしているので、それぞれのノウハウを共有すべき

まあ、多領域のノウハウの共有の例を挙げればきりはない。

だけどリハビリテーション専門職といわれている、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

もっとみる