前方後円墳

お盆休みは

昨日地元から戻ってきて、今日はいろいろなタスクをこなす為に外出したはいいけれど、そんなに長時間外出しているわけでもないのに、暑い、だるい、しんどい、頭が痛い。

ほんとはもっと張り切って、ブログを書こうと思っていたのだけれど、頭が痛すぎて、それどころではない。

こんな「しんどい」「だるい」と言っている日記、いったい誰が読みたいんだ、って感じだけれども仕方がない。冷房の部屋がどれだけ快適だったかを

もっとみる

【百舌鳥古墳群が世界遺産に!】

最高のニュースが飛び込んできました!

ついに!
我が地元、

百舌鳥が世界遺産に登録されました!

ここには、10年前にもフレンドリーなタヌキの親子が現れたり、

トトロを見たって人もいたり、

最高に美しい日本庭園があったり、

フレンドリーな人々や、

バスや電車ですぐに行ける堺区役所展望台からは古墳群を一望できたり。

歴史と人情が溢れ、懐かしい気分にさせてくれる空間がある。

地元がこれ

もっとみる

論なくば立たず。働かなくていい。

仁徳天皇陵を前方後円墳と無理矢理書かせているが、前方後円墳と書かせることで私的所有権を放棄しているわけだから、所謂、公務員には私的所有権は生じない。仁徳天皇陵ネタで私的所有権が生じることが憲法違反。歴史にIdeology(体系知)はある。

真っ当に学び、真っ当に働き、真っ当に生きろ。先ずは、日本国憲法の三代義務を全うしてもらう。何故、「国民に」憲法遵守義務がないのに、憲法に義務を課されるのか。立

もっとみる

東アジアの紀元前後の歴史ー日本1

さて、ここから日本の話です。

どうして日本だけ、「日本史」「世界史」ってなっているのかと言うと、戦後の教育だとかGHQだとか色んな話が出てきます。が、ここでは世界も日本も関係なく、東アジアっていうことで日本も書いてます。

卑弥呼のところで終わってましたよね。弥生時代になってから、戦争が始まった、治安のために、特別な力で祈れる人が必要だった。そして、卑弥呼が選ばれた。そんな話を書きました。卑弥呼

もっとみる

第88回あなたにとって価値があるものは?

1、価値を生み出すとは

落合陽一氏のインタビュー記事より

戦国時代のことを考えてみましょうと。千宗易(千利休)とかはむちゃくちゃなことをしているわけですよ。勝手に「わび茶がいい」ということを戦国大名にインストールしまくって。

落合陽一氏は時の人ですが
著書『日本再興戦略』にも
歴史からの着想が随所に見られました。

今日はこの価値を生み出すという観点から歴史を考えてみようと思います。

もっとみる

イワトヤマンのうた

岩戸山古墳@福岡県八女市に、山本正之師匠ふうのヒーローソングがあれば…
前提から意味不明ですが、そんな歌。
岩戸山古墳とはなんぞや、と言えば6世紀前半につくられた、
筑紫野君磐井が眠る前方後円墳。突き出た別区がカワイイのです!