加速

「YOU」

「YOU」

君への想いだけが 知らぬ間に増えていく
加速していく時代が少し煩わしく思えた

新しい日々も いずれ思い出に変わっていく
確かなものなんてさ 何も手に入れられないけど

小さく手を振る君 いつもと同じ笑顔
その中に僕は生きていく意味を見つけた気がする

生まれたての子供が両手を伸ばすように
まっすぐな愛情を君に届けたい
でもどんなふうにして 君に伝えたらいい
魔法みたいなメロディー

もっとみる

現実化の加速の意味するところ

気が付いている人は
 
気が付いているだろう
 
 

 

現実化の加速度が上がっていることを

  

 

「ふと」思ったことが現実になる
 
「ふと」こうしたいのかな?と思ったことを
 
後押しするような現実がおきる
  

 

 
それって、嬉しいことでもあり
 
ちょっと注意しないといけない気がしている
 
   

深く感がえず

本心の本心に確認せず

 

「したいかもしれない

もっとみる

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

スピードとは
スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。

ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。

加速期と最大スピード期
スピードとは、「ある

もっとみる

お金って誰かのものですか。

お金に持ち主ってあると思いますか?
循環する=通り過ぎる時に、一時的に誰かの物に一瞬なる感じはありますが、お金って誰のものでもなく循環し続けるエネルギーだと私は考えています。ただ巡るお金=エネルギーの大小は人それぞれだと言うことです。

8月に入って、「節目」を体感しています。
8月が始まる前に加速的にお金の巡りにちょっとした変化がありました。以前にも書きましたが、物やお金がかなり激しく巡ってくる

もっとみる

時の加速と時が止まる場所

先日、『ミクロの決死圏』(1966年)という映画を録画して観た。子どもの頃にテレビでやっているのを観て、わくわくしたからであった。ところがである。録画したものを今あらためて観直してみると、あまりのスローテンポにあくびが出そうであった。早送りしたいのをこらえるのに苦労した。

原子力潜水艇を特殊な技術で乗組員ごとマイクロ化し、患者の動脈に送り込む。そして患者の脳血栓を体内からレーザー光線で除去すると

もっとみる

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

サッカー選手の激しい身体活動
サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。

したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。

選手はこれらの激しい

もっとみる

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、サッカーにおける加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性がある)

スプリント能力と最大速度
スプリント能力は、速度の増加率(加速力)と、達成可能な最大速度によって構成されます。
Bangsboらは、サッカー選手が試合中にスプリントする距離は、1.5mからフィールド長に相当する約100mまで多様であるが、スプリント1回あたりの平均走行距離は約17mであることを見出しました。

この結果は、スプリントの96%が30m以下であり、平均持続時間は6秒以下で90秒ごとに発

もっとみる

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

捻りの動作
アスリートの能力により困難なエクササイズは、回旋、加速と減速の運動になります。

他方、これらの動きは、脊椎損傷の原因になることもあり、また大抵のスポーツでみられる特徴でもあります。

これらの理由から、青少年アスリートは、捻りの動作を限定的な負荷と可動域の下で、ニュートラルな姿勢を保持し、ブレーシングを使って脊椎周り引き締めて行うべきとされています。

スポーツ活動における運動パター

もっとみる

加速すること

先日たまたま見たNHKの、「高校講座」という番組。

物理のおはなしをしていて。

ちらりと聴いていただけだけれど、

印象的な話だったです。

一定の同じ力が加わり続けると、速度は加速する、というような内容。

たとえばブランコに乗っていて、同じ力でこぎ続けたとしたら

揺れはどんどん加速する☆

というようなことだと想う、たぶん。

で、で、

それを見て、

いま自分にできることを、同じ力で

もっとみる

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

最大スピードはフィールドスポーツにおいて重要か?
最大スプリントスピードは大多数の競技にとって重要な領域になります。

フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。

これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に

もっとみる