包摂

QOLと経済開発(2016)

QOLと経済開発
Saven Satow
Oct. 25, 2016

「心足るすなわち富なり」。
白居易

 バブル経済崩壊後、政府は景気刺激策として財政出動を繰り返している。しかし、効果が上がらない。ケインズ主義政策は有効需要の創出を目的に短期的成果を狙って実施される。それは量が重視されるので、結果が出ない場合、規模が小さいためと判断され、追加の政策がとられる。

 しかし、効果が現われないの

もっとみる

マイペース

私はマイペースだ。
常に自分の世界観で動く。
周りが焦ってても焦らない。
やから良くは思われへんやろな。
それでも私は私のタイミングで動きたい。
というわけで監視されるのは嫌い。
行動を管理されたくないのね。

自分のペースで物事を進めたい。
強制されることがとても嫌だ。
途中で邪魔をされたくない。
集中してるときに話しかけられるのは論外だ。
集中してたらそもそも気づかないしね。

まぁ今の仕事は

もっとみる

つつみ込むように ― tsumiki証券のファイナンシャル・インクルージョン!

tsumiki証券について色々と調べました。

何度かWebサイトを見ているのですが、tsumiki証券のWebサイトには書かれていない?

でも、親会社の丸井グループのIR資料には、tsumiki証券を語る際、

「ファイナンシャル・インクルージョン」

という言葉が何度も出て来ます。

丸井グループはファイナンシャル・インクルージョンを通じて、既存のエポスカード会員のお客さまを起点に所得格差を

もっとみる

なんでもありなのが往復書簡だからきっと

特にテーマもなくバトンされてきたわけだけど、往復書簡というのはそういうものだよな、なんということもなくつらつらとやりとりすれば良い。なので、人生論をそのままお返しするもよし、話題が逸れるも良しで進めてみたい。

お互いの会話のキャッチボールで、打ちやすいコースでなく投げたいコースというのは、自分もいぬ氏に対して、昔なにかに違う表現で示した記憶がある。どこかなと思ったらここにあった。

http:/

もっとみる

名づけることは社会的に位置づけることであり、社会的に位置づけることが社会的排除となる。--社会の学校化について[16]--『脱学校的人間』第四章

上野千鶴子は次のようなことを言っている。
「…社会的には、オウム的なものにリクルートされて、マジメに反社会的な行為をやられるよりも、だめ連的なものにつどってくれるほうが、ソーシャルコストは安くてすみます。ハッキリ言って、だめ連の人たちは無害ですから。
「引きこもり」の人たちが一説に百万人と言われたことがあって、それが社会のお荷物になる、とまたぞろ社会防衛的な言説が流されましたが、引きこもっている人

もっとみる