背部触覚刺激による長期利用を目的とした自発的姿勢矯正システムの構築(その3:関連研究)

姿勢改善を促す研究では不良姿勢を検出しフィードバックを返す手法が多く用いられている.その中から,様々なセンサを用いて姿勢検出を行い,フィードバックを返す研究を紹介する.

美体化装置のこれまでの研究と課題

石松ら [1] は,Microsoft の Kinect センサーで姿勢計測を行い,不良姿勢が一定時間継続 すると背中に触覚刺激を提示し,半強制的に姿勢の改善を促すシステムを

もっとみる

3-1-a.) 「死なない」エレクトラ / 「死んだ」オレスト

インタビューに際し、まず私が明らかにしたかったのはやはり終局の「立ち尽くすエレクトラ」に込められたエーラトの解釈である。

 フロイトは『ヒステリー研究』において

被害者の外傷に対する反応は、そもそもそれが復讐のように十分な反応である場合にのみ、完全な「カタルシス的」作用を持つ _1

と述べ、復讐という行為は「回復」につながるとの見解を示している。

 ということは2012グラーツ『エレクトラ

もっとみる

井筒俊彦、斎藤慶典、アンダーグラウンドミュージック

卒業論文をただ貼っつけただけです。貼付け時の書式の崩れなどもチェックしてません。そもそも論文提出時に推敲すらしてません。出来が悪いです。でもこれが2ヶ月前の自分の限界であることに変わりはないので、まあ仕方がないです。ちょっとでも光る部分があるのなら、それを慰みにします。斎藤慶典氏の『「東洋」哲学の根本問題』に言及している先行研究もなかったので、何かの役には立つかも知れません。

  もう少しきれい

もっとみる

もう一度卒論を書き直したい

社会人6年目になりましたが、いまだに思うのは

卒論を書き直したい

ということです。

そもそも私の学部は卒論は必修。3年生から卒論の準備をしろと、あれほどゼミの教授に口をすっぱくして言われていたのに…。

結局就活が終わるまで卒論が手につかず。しかも就活が終わったのは4年生の10月頭。卒論提出は12月…ピンチ!

取り組みたいテーマを教授に相談していましたが、「いいテーマだけど、あと1年あった

もっとみる

改訂前

第4章 社会への影響(まとめ)
社会的に個人化が進んではいるが、趣味嗜好によって以前とは異なる間接的な集団が形成されてきている。今回取り上げたセラムン世代はシリーズものであるがゆえに相対的に当てはまる人数が多く、似たような感性を持っている集団(ホモフィリー)を創出した。そのため彼女たちが動くと流行が起こり(ソーシャルプルーフが)経済を動かしやすいのである。彼女たちは要望を実現してもらうほどアグレッ

もっとみる

改訂前 3章ー3

3.将来の負担を減らす教育への投資
日本はバブル崩壊から非正規が増加し、就職氷河期に陥った。その影響もあり、高校生の求人が減少し、「大学に進学しなければ、まともな職を得にくい」[31]状況が生まれた。
そんな時期にセラムン世代も生まれてきている。近年は高校の職業科であっても求人が激減している。
日本国憲法26条(教育を受ける権利および義務教育について)では、「1.すべて国民は、法律の定めるところに

もっとみる

3章ー2

2.個人化がもたらした功罪
おひとりさまビジネスは孤立・個別化している人たちが苦しさやわずらわしさを考えずに生活できるようにしてくれている。それに伴いサービスも細々としており、日本のビジネスのクオリティを底上げしているとも言える。かつては集団であった家族も消費が多種多様になり、家族の形態も増えたことにより消費においては個食に代表されるように個人化が進み集合になりつつある。つまり、モノやことを消費す

もっとみる

改訂前 3章ー1

第3章 将来の予測
1.セラムン世代に限らず、女性が無頼化しているとの報告
2章を踏まえると女性たちが無頼化していることが推測できる。「無頼化とは読んで字のごとく、『他に頼むものがなく一人で生きていくことを前提に、あらゆる価値基準を決定するようになること』と定義[27]できる。」セラムン世代は、セーラームーンのように男性に守られるか弱い乙女ではない。
女性たちが無頼化する背景には貧困(低所得)があ

もっとみる

改訂前 2章ー3

3.自分一人で精一杯な労働者
今までは日本型雇用が私費教育やライフステージに沿った生活を支えていた。かつては高卒の求人があり、大卒は一部のエリートが行って得るもので国公立であれば学費はアルバイト代で払える金額であった。低所得の一部を担っている奨学金は海外では学生ローンと呼ばれる借金である。第一種奨学金を借りている人よりも第二種奨学金を借りている人が多いので、『日本の奨学金はこれでいいのか!』という

もっとみる

改訂前 2章ー2

2.母世代と異なりセラムン世代以降は華やかに見えても貧困という影
美少女戦士セーラームーンでは二作目(R)から母娘の物語にシフトしていく。ここにセラムン世代のジレンマが隠されている。あらすじは以下の通り。
未来の地球の女王セーラームーンと王であるタキシード仮面の娘、ちびうさはある日成長が止まり、戦士の力も目覚めない。落ちこぼれと言われる中、敵の襲撃で自分以外が倒れてしまい過去のセーラームーンに助

もっとみる