古民家ゲストハウス

7/26(金) 新世界への修学旅行 協力者募集説明会をやります!

※今回の説明会から本格的に協力者を募集します※

「新世界への修学旅行」 については下記公式HPよりご確認ください
http://newworld-journey.org/

◆イベント概要◆
<日時>
7月26日(金)19:30-22:00

<場所>
HUMANS by Next Commons Lab
東京都渋谷区神宮前6丁目27-4 東武第二ビル2F
地図はこちら>> https://go

もっとみる

ひとつの屋根の下で初対面の2組

ゲストハウスをはじめて、初めての繁忙期。ありがたいことに毎日お客さんに来ていただいております。

ただ、そこで気がついてしまったのです。自分たちの不甲斐なさに。

うちは古民家ゲストハウス。共有スペースと部屋が2部屋。ひと部屋は ドミトリー扱いにしているのですが、この時期は両方ともグループでの予約になります。

淡路島は関西も近くて観光地ということもあり、ファミリー層が多いのです。

その結果、ど

もっとみる

初のGWという繁忙期を迎える

2月末からスタートしつつ、整備しながら、慣れていきながらということもあり、緩やかにやっていて、早いもので約2か月。

そして、WEBサイトもできていなかったのであまり告知もせずFacebookとインスタ、あとは友人の紹介というカタチのみを取っていたこれまで。

3月4月のお客さんの数はじつはかなり少ないw

そして、GWは書き入れ時なのに、このままではお客さんが来ないのでは・・・。と、少し焦りが出

もっとみる

地域おこし協力隊卒業後にゲストハウスという選択肢

最近、地域おこし協力隊の卒業後として、ゲストハウスや宿というカタチが広がっているように感じる。特に、データなどを取っているわけではないけども、兵庫、徳島など知り合った協力隊が宿を始めようとしているという話を聞く。そして、県の研修に行っても、必ず何人かはゲストハウスをするという話を聞く。

地方に移住して暮らしていく中で、多かれ少なかれお金を稼ぐということが必要になる。地域おこし協力隊という仕事は、

もっとみる

2.22オープニングイベント

みつばち屋の宿「草地家」のオープニングイベントを開催。

ここの改修やお手伝いに関わっていただいたみなさんに声を掛けて、こじんまりと。

場所を知ってもらうために、そして宣伝のために、Facebookページなどで、いろんな人に声をかけて盛大に開催するっていうのもありなのですが、ちょっと気が引けたのでやめました。

きっとこれからいろいろな人が行き来する場になり、常に人に気を使うことになるため、最初

もっとみる

蝋梅

今私たちが住んでいる神山町の一番奥の方に位置する中津集落。

山々に囲まれた中山間地域ですが、この集落の景色が好きなことも私たち夫婦が住んでいる理由の一つです。

冬の山は色づきが少なく、落葉しているか杉の木の緑が目立ちあまり特色がない印象になりがちですが・・・

その中でも1月中旬から咲く花「蝋梅」は、私たちが暮らしている場所にとっても一際大きな存在感を放っています。

蝋梅の魅力はまず何と言っ

もっとみる

開業までもう少し

2月6日は緊張の検査日でした。

なんか、中学生の試験前の時のドキドキ感といいますか。何も悪いことしてないのに、警察官に止められたときのドキドキ感といいますか。この緊張感は苦手です。

と、ドキドキしましたが無事に検査終了。数日したら許可証をいただけるそうな。

やっと走れる。

宿をはじめるというのは、助走期間長いもので、はじめるまでに疲れてしまう。

で、今日は宿泊料金や売上の試算、必要経費や

もっとみる

京都のゲストハウスは英語の教材になる

こんにちは、ヤスダです。
1ヶ月前から英語の勉強を始めました。
そして一昨日京都のゲストハウスに泊まって外国人と話して来ました。写真の彼はカナダのケベックから来られたOliverさんです。オリバーではなくオリビエです。ケベックはフランス語圏らしいです。お仕事は考古学者をされていました。

そもそも英語の勉強を始めたきっかけは友人が英会話教室に通い始めたことです。
「毎週木曜日に英会話行って、帰りは

もっとみる

【ツアー募集開始!】「新世界への修学旅行」プロジェクト説明会を開催しました

こんにちは、チームいばしょだらけ・ライターの真崎です。

『新世界の修学旅行』プロジェクトを発表してから、「同行スタッフは募集していますか?」「うちのゲストハウスでもぜひ!」「なんでもいいからお手伝いしたい!」など、とても前向きでうれしい反応をたくさんいただきました。本当にありがとうございます。嬉しいな。善善善意。

そんなわけで、興味を持ってくださった皆さんに向けて、改めて「なぜこのプロジェクト

もっとみる

瓦屋根、谷の雨漏り補修3.5(庇-ひさし-)

錆びついて、穴が開いて、ほとんど機能していなかった庇。

屋根を解体するときに、こっちも直してもらうことに。

ということで、気が付いたらいつの間にか解体されていて。

そして、大工さんの技で、瞬く間に新しくなっていきました。

こちらも、野地板を貼って、防水シートを貼って完成。

あっ完成した写真を撮り忘れた。

もっとみる